2017年9月21日(木)から9月24日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2017(21日・22日はビジネスデイ)。21日のカプコンブースでは、『マーベル VS. カプコン:インフィニット』の完成披露会が開催された。その模様をリポートする。

ゲームトークに花が咲いた前半戦!

 2017年9月21日(木)から9月24日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2017(21日・22日はビジネスデイ)。9月21日のカプコンブースでは、くしくもその日発売となった『マーベル VS. カプコン:インフィニット』の完成披露会が開催された。その模様をリポートする。

 完成披露会では冒頭、MCの紹介で、『マーベル VS. カプコン:インフィニット』のプロデューサーである綾野智章氏が登場し、「本日が発売日です! TGSは3連休に開催するのが通常ですが、今年はそうでなく9月21日スタートなのは、本作のためにしてくださったことと、ポジティブに捉えています」とあいさつ。 
 続いては、この披露会のために作成したという特別PVが放映され、ゲームの概要が紹介された。

ゲーム内容を紹介してくれた綾野プロデューサー。
まずはPVで、ゲームの魅力がアピールされた。

 そして早くも、スペシャルゲストの面々が登壇。まずはアイドルグループ、仮面女子の立花あんなが、春麗のコスチュームで颯爽と登場。続いて下手からはキャプテンアメリカとアイアンマンが、上手からはバイきんぐの小峠英二と西村瑞樹がステージに姿を表した。

 ここではまず、結婚を発表したばかりの西村さんにその話題が振られたのち、ゲストを交えてのトークコーナーに。
 ゲームとの関わりについて、立花さんは「スーパーファミコン時代から『ストリートファイター』が大好きで、当時から使っていた春麗になれてうれしいです!」とコメント。またバイきんぐのふたりは、「子どものころ、『魔界村』をずっとやっていました。いまは『魔界村』のザコキャラみたいな頭ですけどね」(小峠)、「ふだんからヒマなので、ゲームばっかりやっています。今日は盛り上げていきたいと思います」(西村)と語り、会場を沸かした。

春麗になりきって登場した立花さん。
マーベルヒーローも、実物そのもののリアル感。
登壇ゲストのラストはバイきんぐ。左は小峠さん、右は西村さん。

 ちなみに今回のイベントによばれたいきさつについては、立花さんは過去に『ストリートファイターIV』を用いた芸能人のゲーム大会で優秀な成績を収めた実績から。また小峠さんは、ゲームとは直接関係ないものの、過去にイベントでアイアンマンのスーツを着たことがあるとのことだ。

 トークコーナーは最後に、立花さん、そしてキャプテンアメリカとアイアンマンでポージング。格闘アクションらしい決めポーズを披露した。

立花さんとマーベルヒーローが決めポーズ。

スペシャルマッチの勝負の行方は?

 続いては、プロデューサーの綾野智章氏が自ら、『マーベル VS. カプコン:インフィニット』の内容をさらに詳しく紹介。ここでは登場キャラクター、モード、システム、DLCなどがフリップで説明された。

ゲームの魅力が綾野プロデューサーによりアピールされた。

 そして本日公開の目玉情報として明かされたのが、追加ダウンロードキャラクターの“モンスターハンター”。初公開のPVも流され、おなじみのハンターが、おなじみのアクションで格闘をくり広げるシーンがアピールされた。
 「いつ公開しようかとプランを組んでいたんですが、ここで紹介したらすごく盛り上がるのではと思いまして。女ハンターで、大剣、双剣、弓を使えます。格闘ゲームならこう動かしてみたいよね、というアクションを再現していますよ」(綾野氏)。
 なおこの“モンスターハンター”が入っているキャラクターパスを購入すれば、期間限定でエクストラコスチュームが付いてくるとのこと。詳細は公式サイトなどでチェックしてほしい。

『モンスターハンター』シリーズファンなら、要チェックのキャラクターだ。

 では実際に、ハンターはどんな使い勝手なのか? ということで、ここからは体験プレイコーナーに突入。綾野氏VS立花さん、綾野氏VS西村さんという、計2戦のスペシャルマッチが行われた。
 第1戦の綾野氏VS立花さんでは、綾野氏がハンター、立花さんが春麗を選択。サポートパートナーを含めての2on2で、実際にはハンター&アイアンマンと、春麗&キャプテンマーベルの対戦だ。勝負は一進一退だったが、最後はアイアンマンの大技が炸裂して、綾野氏が勝利を収めた。

立花さんが善戦するも、一歩及ばす。

 第2戦の綾野氏VS西村さんでは、西村さんがそれほど格闘ゲームが得意でないということで、綾野氏がハンターの使用権を西村さんに譲ったうえに、「最初の10秒は何も行動しません」というハンデを提案。こちらも熱戦となったが、さすがに序盤のダメージ差が響いたか、ギリギリの差で西村さんが勝利を収め、戦利品としてゲームソフトをゲットした。

第2戦では、西村さんがハンターを使用して押し切った。
勝利した西村さんは、見事に本作のソフトをゲット。

 体験プレイコーナーの締めくくりとして、立花さんは、負けた罰ゲームとしてその場で考えた必殺技“仮面脚”を実演。また西村さんも、ハンデ戦なので実質は負けということで、究極奥義“土下座”を披露した。

 披露会はこれにて無事に終了。最後はTGS会期内に開催される『ストリートファイターV』大会の告知がなされたのち、フォトセッションが行われて幕となった。なおフィナーレでの、各登壇者のコメントは以下のとおりだ。

立花さん マーベルとカプコンのキャラクター、最強のコラボレーションを目の当たりにできて、楽しい時間を過ごせました。対戦は負けちゃったので、リベンジしたいですね。

西村さん 勝負の末にソフトをいただいたので、やり込みたいと思います。一見難しそうに見えても、操作はすごく簡単なので、ぜひ皆さんも体験してもらえればと思います。

小峠さん グラフィックもアクションも、すごいゲームだと思います。まさかこのゲームを、この綾野さんが作ったとはとうてい思えないですね(笑)。

綾野氏 いよいよ本日発売となりました。DLCも多く配信していきますし、ゲーム大会も開催していきたいと思っています。ぜひみなさん、注目してもらえればと思います。