『World of Tanks Blitz』アナログゲーム界の巨人“GAMES WORKSHOP”とのコラボを発表【TGS2017】

2017年9月21日~9月24日に開催中の東京ゲームショウ 2017。21日にはWargaming Japanブースで『World of Tanks Blitz』の最新情報が公開。意外なコラボの真相が明かされた、ステージの模様をお伝えする。

 2017年9月21日(木)~9月24日(日)まで、千葉県・幕張メッセにて開催されている東京ゲームショウ 2017(21日・22日はビジネスデイ)。21日、Wargamingブースで『World of Tanks Blitz』(以下、WoTB)の新情報が発表された。

パブリッシングプロダクトディレクターのAndrey Ryabovol氏がステージ上で新情報を発表。

 『WoTB』の概要解説からステージ発表がスタート。5つのプラットフォームでクロスプレイが可能なこと、全世界で9000万人以上がプレイしていることなどに加え、昨年加わった日本ツリーの解説、独自のコラボの解説と続いた。

ゲームの概要に加え、『戦場のヴァルキュリア』とのコラボ戦車や、大河原邦男氏デザインの戦車O-47など、日本独自のコラボレーションを改めて紹介。

 さらに、Andrey Ryabovol氏はeスポーツに関しても言及。『WoTB』はeスポーツと非常に相性がいいタイトルだという。

 昨今は世界規模でeスポーツへの関心が高まっており、アジアでは日本チームの活躍も目立ってきたと解説。今後は大会をさらに増やし、その中にはユニークな大会も含めていきたいと、今後の意気込みを語った。

直近の大会はラスベガスで開催された"MOBILE MASTTERS”。氏からは11月の第2回となる公式大会Twister CUPでも、ぜひ日本のチームにも頑張ってほしいと激励の言葉が飛んだ。

アナログゲームとの共演! GAMES WORKSHOPとのコラボ詳細を発表

 概要に続いて、新たなコラボの発表が行なわれた。『WoTB』の新たなパートナーは、GAMES WORKSHOP。アナログのミニチュアを用いたウォー・シミュレーションゲームのシェアでは、世界のトップを行く一大企業だ。

ここでGAMES WORKSHOPのライセンス本部長であり、30年以上勤務する大ベテランのJohn Gillard氏が登壇。

 John Gillard氏は自身もGAMES WORKSHOPも、Wargamingに負けないほどの戦車愛を有していると熱弁を振るう。そして『WoTB』と日本に注力している事例として、『WARHAMMER 40,000』シリーズの“スペースマリーンヒーローズ”をはじめとする日本限定のミニチュアシリーズ展開について説明してくれた。

戦車の実車を所有するほど、GAMES WORKSHOPの戦車愛は深い!

実際に手に取って動かせるアナログゲームならではの立体フィギュアを、同社はいまなお年間1億体以上も生産している。ちなみに、こちらが日本でのみ展開している“スペースマリーンヒーローズ”だ。

 熱い戦車愛を語ったところで、Andrey Ryabovol氏は改めて『WoTB』にGAMES WORKSHOPとのコラボマップ“MACRAGGE'S THUNDER”が実装されることを発表した。実装の時期は10月中となり、イベントで2両のコラボ戦車を手に入れるチャンスが用意されているという。そのひとつは先ほど紹介した“スペースマリーンヒーローズ”の車輛となるが、もうひとつについてはまだ秘密とのことだ。

コラボマップ“MACRAGGE'S THUNDER”の内容やいかに? そしてもう1両のコラボ戦車の正体は? 続報に注目してほしい。

 各種大会の盛り上がり、さらにまったく内容の予想がつかない新コラボと、注目の種がまだまだ尽きない『WoTB』。東京ゲームショウ2017以降も目が離せない。