Telltale Gamesと開発会社Mojangは、『マインクラフト:ストーリーモード-シーズン2 日本語版』をプレイステーション4で配信することを明らかに。

 アメリカ・カリフォルニアに本社を構えるTelltale Gamesと『Minecraft』の開発会社として知られるMojangは、『マインクラフト:ストーリーモード-シーズン2 日本語版』をプレイステーション4向けに2017年10月から配信することを明らかに。合わせて、2017年9月28日より事前予約をスタートする。本作は、海外では2015年にリリースされたアドベンチャーゲーム『マインクラフト:ストーリーモード』の続編で、前作の日本語版はリリースされておらず、本作がシリーズ初の日本語化となる。

 価格は『エピソード1』が580円[税込]で、『エピソード1』から『エピソード5』までのシーズンパスが2480円[税込]となる。9月28日からの事前予約では、シーズンパスが25%OFFとなる。

以下は、メーカーリリースを引用して掲載

マインクラフトの世界観で繰り広げられるアドベンチャーゲームシリーズが、5つの全く新しいエピソードとして登場!

 「マインクラフト:ストーリーモード – シーズン2」は、TelltaleとMojang、マインクラフトのコミュニティのコラボレーションによって開発され、エピソード1からエピソード5まで予定されています。
 シーズン2ではTelltaleが開発した「Crowd Play」というユニークなマルチプレイが楽しめます。「Crowd Play」を使うと友人や家族がオンラインでゲームに参加し、冒険の方向を一緒に決めたりすることができます。
 ジェシーと仲間達はウィザーストームを征服して世界を救い、今や有名なスパーヒーローになりましたが、生活は少し複雑になりました。より多くの責任と冒険のための時間が少なくなり古くからの友情が消え始めた時、ジェシーは古代の水中の神殿にある不気味な拳銃を手にします。
 ジェシーは古い仲間や新しい仲間と一緒に、厳しく楽しい時間に満ちた新しい冒険に、1頭の気立ての良いラマを連れて旅立ちます。
 日本語版では主人公ジェシーのボイスアクターとして「最上嗣生さん」(男性)、「斎藤絵里さん」(女性)を起用しています。

 「マインクラフト:ストーリーモード」のシーズン1は、批評家の称賛を受浴びました。 Polygonはこのシリーズを「マインクラフトの宇宙の壮大な冒険」と宣言し、Wired UKは「マインクラフトの新たな素晴らしいチャンネルだ」と述べた。 イギリスのKotakuはそれを「勝利」と呼びました。 Guardianは、シリーズが「マインクラフトのベテランユーザーを喜ばしくしてくれる」と語り、GameSpotはそれを「マインクラフトのファンと初心者にとって魅力的で勝利の冒険」と評しました。

ジェシーの謎と危険に満ちた新たなる冒険の第2章が始まる!

 シーズン2は、ジェシーとその仲間が故郷に戻り、他の町の手伝いをしたり、それぞれの冒険に旅立って行くために別れ別れになるところから始まります。
 仲間と新たな使命のために奔走するジェシー。奇妙な海晶ガントレットを発見したことで我らがヒーローは謎と危険に満ちた新たな世界の扉を開きます!
 ゲームプレイは、「インタラクティブで油断のならない会話」、「情報を得るための周囲の調査」、自分のキャラクターと仲間が倒されないようにするための「アクションシーケンス」から構成されています。
 ゲームはプレイヤーの選択によって内容が変化していきます。プレイヤーの選択による変化を他のプレイヤーと話し合いながら、他の選択肢を試すなど、ゲームを何度もプレイしたくなるアドベンチャーゲームとなっています。

Features
■プレイヤーは「ジェシー」となってプレイします。男女が選べます。
■オープニングでは、会話や戦闘、クラフト、自由移動などを体験できます。(チュートリアルの要素を含んでいます)
■難易度の設定はありません。稀にプレイヤーが倒されるケースはありますが自動セーブされますので同じコンテンツをプレイし直す事はありません。
■本作ではゲーム中プレイヤーが様々な選択を行い、それによってストーリーが変化していきます。ただし、マルチエンディングではありません。
■会話での選択肢は最大4つです。既定の時間内に選択しない場合は常に「無視(・・・・・・・・・・)が自動的に選択されます。
■友人や家族とオンラインでつなげて楽しむことが可能です(選択場面において)。
■ジェシーの日本語ボイスアクターは、「最上嗣生さん(男性)」、「斉藤恵理さん(女性)」を起用しています。

キャラクター紹介

主人公:ジェシー(男/女)

人種:プレイヤーが選択可能
役割:プレイヤーキャラクター(メインキャラ)
故郷:ビーコンタウン

新・石の騎士団のリーダーであり、プレイヤーキャラクター
ジェシーの性格は自由で、プレイヤーによって形作られます。
しかし、根底にある気質は楽観的で、仲間を気にかけ、正義を貫き、おちゃらけたユーモアのセンスを持っています。
また時に考えずに行動を起こして、トラブルに巻き込まれることもあります。
おそらくこれは、自分は素晴らしく、どんな状況からでも脱出できると思っているうぬぼれがあるからです。
ジェシーは理想主義者で、皆が仲良くし世界がいい場所になればいいと思っています。

ルーカス
ジェシーの友だちで「仲間」の一員
シーズン1の一連のポータル物語で日記をつけ始め、最終的に本格的な本となった。
この本はジェシーと新・石の騎士団の冒険の完全な年代記となる。
ビーコンタウンで長い間最高の建築家とみなされており、建築チーム「オセロッツ」のリーダーであった。

オリビア
ジェシーの二人の親友のうちの一人
ビーコンタウンのジェシーの親友の一人であり石の騎士団のメンバーで素晴らしいレッドストーンのエンジニアでもある。
シーズン1の後、エンジニアの都市であるレッドストーニアの管理をすることとなった。

アクセル
ジェシーの二人の親友のうちの一人
ジェシーの一番古い友だちの一人であり、石の騎士団のメンバーで、グリーファー(いたずら好き)。
シーズン1の後グリーファー(マインクラフトのいたずら好き)が集う街ブームタウンに移り、そこを管理している。

ペトラ
ジェシーの友だちであり、新・石の騎士団のメンバー
新・石の騎士団のメンバーで最も優れた戦士。
ジェシーの仲間になる前はネザーのような危ない地に常に一人で冒険に出かけていた。

レーダー
アシスタント/何でも屋
レーダーはまだライバルタウンが小さく、人々によって統治されていた時にやって来たが、リーダーシップが変わると町も変わり始めた。そして、新しくできた厳しい階層社会に自分の才能を生かせる場所がないことに気付く。
名を上げるためにビーコンタウンにやって来たレーダーは、自らの注意力と絶妙なタイミングで絶妙な場所に自分を置く能力を使ってジェシーのアシスタントの仕事を獲得した。
ジェシーはビーコンタウンをスムーズに管理するのに欠かせないスタッフとしてレーダーを頼っている。

ステラ
チャンピオンシティのリーダー
ステラがチャンピオンシティにやって来たのは、まだそれがつまらない小さな田舎町だった時だ。
彼女は町に将来性があることを見いだしたのである。
生まれつきの野心家であるステラは、町を素晴らしい場所にすることに全身全霊をささげる。
この一心不乱なところが問題を引き起こすこともあるが、自分のビジョンを成し遂げる彼女の意志は固い。
ステラは目的のためには手段をも選ばないのである。

ボイスアクター

■最上嗣治(モガミツグオ)
  賢プロダクション所属

代表作
【吹替え】