PS4『北斗が如く』世紀末覇者「拳王」ラオウのビジュアルを公開!

2018年発売予定のPS4専用ソフト『北斗が如く』。新発表の登場人物として、ラオウ、リハク、ライラ、タルーガを公開!

 人気漫画『北斗の拳』(原作・武論尊、漫画・原哲夫)と、龍が如くスタジオとのコラボレーションタイトル、『北斗が如く』。本作は、2018年発売予定のPS4専用タイトルだが、原作に登場した人気キャラクターのほか、本作オリジナルのキャラクターも登場する。今回は、そんな登場人物たちの中から、ラオウ、リハク、ライラ、タルーガを紹介。

 声を担当するのは、『龍が如く』シリーズでもおなじみの声優陣だが、とくに人気の高いラオウの声役は、『龍が如く』シリーズの人気キャラクター・郷田龍司役である岩崎征実氏だ!

世紀末覇者「拳王」
ラオウ(CV:岩崎征実)

 世紀末覇者「拳王」にして、北斗四兄弟の長兄。 北斗神拳を己の覇道のために使い、暴力で乱世を 統一しようとしている。

エデンに住む医者
リハク(CV:山路和弘)

 エデンの治療院にいる街で数少ない医者。 拳法やエデン外の情勢などにも詳しく、 ただの医者とは思えない程の博識な男が……。

エデンの「夜」を仕切る女
ライラ(CV:久川 綾)

 ナイトクラブやコロセウムでの闘いの賭けなど、エデンの夜の世界を仕切る妖艶な女。男勝りの性格だが賢明で冷静な判断力をもち、街の女たちからの人望も厚い。エデンの統治者であるキサナも全幅の信頼を置いている。

凶王軍 No.2
タルーガ(CV:中村悠一)

 凶王に次ぐ凶王軍No.2の地位にある男。軽い口調とは裏腹に、冷酷非道な性格の持ち主。この時代には貴重である拳銃を使いこなし、並の拳士では歯が立たない体術をも習得している。



©SEGA ©武論尊・原哲夫/NSP 1983 版権許諾証GA-217