『ゼノブレイド2』発売日が2017年12月1日に決定、限定版やオリジナルデザインのPROコントローラーも【Nintendo Direct】

 2017年9月14日、任天堂がWebプレゼンテーション番組“Nintendo Direct 2017.9.14”を放送。その中で、Nintendo Switch用ソフト『ゼノブレイド2』の発売日が2017年12月1日に決定したことが明らかになった。

 2017年9月14日、任天堂がWebプレゼンテーション番組“Nintendo Direct 2017.9.14”を放送。その中で、Nintendo Switch用ソフト『ゼノブレイド2』の発売日が2017年12月1日に決定したことが明らかになった。

 公開された動画では、『ゼノブレイド2』に関するさまざまな情報が明らかになった。

 物語の舞台は、雲海に覆われた世界アルスト。雲海には“巨神獣(アルス)と呼ばれる巨大生物が生息し、人々は巨神獣に国を築いて生活している。巨神獣によって環境や景色が大きく変わるという。

 2017年6月に実施された“Nintendo Spotlight: E3 2017”では、“イーラ”のキャラクターのデザインをスクウェア・エニックスの野村哲也氏が手掛けていることが明かされたが、この“イーラ”は、アルストに存在する勢力のひとつであることも、映像にて明らかに。ある目的のために雲海に潜み、暗躍している勢力のようだ。

『ゼノブレイド2』の“イーラ”キャラクターデザインに野村哲也氏【E3 2017】

2017年6月14日(現地時間13日)、アメリカ・ロサンゼルスで開催される世界最大級のゲーム見本市“E3(エレクトロニック・エンターテインメント・エキスポ)2017”。その開幕直前に行われた“Nintendo Spotlight: E3 2017”にて、Nintendo Switch用ソフト『ゼノブレイド2』の最新情報を公開。“イーラ”と呼ばれるキャラクターのデザインをスクウェア・エニックスの野村哲也氏が手掛けることが判明した。

 主人公は、巨神獣セイリュウの背中に住む少年、レックス。彼は、雲海の下から使えそうな物資を引き上げるサルベージャーとして働いている。そんなレックスは、ホムラという少女と出会い、彼女を“楽園”に連れていくための冒険に出る。

 さらに、バトルシステムの情報も公開。レックスたちは、亜種生命体“ブレイド”とともに戦う“ドライバー”。ドライバーは、ホムラたちブレイドから、武器と力を供給されることで戦うとのこと。

 バトルでは、最大3人のドライバーと、そのブレイド3体が入り乱れて戦う。武器を使った通常攻撃をくり返すと、“ドライバーアーツ”という技が発動可能に(効果はさまざま)。一方、ブレイドは、“ブレイドアーツ”を使って後方から戦いをサポートする。

 また、ドライバーアーツを使っていると、必殺技(4段階まである)が使用可能に。必殺技を使うと、ブレイド自身が強力な攻撃を加えてくれるという。

バトルにはブレイドを3体まで連れていける。状況によってブレイドを切り換えながらドライバーアーツを使っていく、“ブレイドスイッチバトル”が楽しめるとのこと。

こちらのブレイド“イブキ”は、『ゼノギアス』のキャラクターデザインで知られる、田中久仁彦氏がデザインしたという(任天堂トピックスページより)。

 また、『ゼノブレイド2』は通常版のほかに、さまざまな特典がセットになった限定版『Collector's Edition』が登場する。さらに、オリジナルデザインの“Nintendo Switch Proコントローラー ゼノブレイド2エディション”も2017年12月1日に発売。



(C) 2017 Nintendo / MONOLITHSOFT