White Owlsの『The Good Life』のトレイラーが正式公開された。『レッドシーズプロファイル』、『D4: Dark Dreams Don’t Die』などで知られるSWERY氏の新スタジオによる第1作は、夜は住人たちが猫になるというイギリスの片田舎の町を舞台にした“借金返済生活RPG”。

●9月頭のPAX Westでさらなる詳細が公開予定

 『レッドシーズプロファイル』、『D4: Dark Dreams Don’t Die』などのアドベンチャーゲームにより、、海外でカルト的人気を誇るSWERY(スエリー)氏。その新スタジオWhite Owlsの第1作となる『The Good Life』のトレイラーが正式公開された。

 本作は来月1日よりシアトルで行われるゲームイベント“PAX West”会期中に、正式発表と海外サイト“Fig”でのクラウドファンディングキャンペーンが開始される見込み。現在は登録者限定の先行公開が行われている(実はその関係で先週リーク情報が出回った)。

 『The Good Life』は、イギリスの片田舎の町“レイニーウッズ”が舞台。しかしこの幸せに見える田舎町には、たくさんの秘密があった……。プレイヤーはアメリカ人のカメラマン“ナオミ”として、自身の背負った借金返済に追われつつ、隠された謎や殺人事件の真相を追っていくことになる(アドベンチャーゲーム的要素が強いが、ジャンルは“借金返済生活RPG”と呼ばれている)。

 現在公開されているビジュアルの雰囲気はポップでかわいい感じだが、レイニーウッズとは『レッドシーズプロファイル』の初出時のタイトルでもあるわけで、奇妙なSWERY節からは逃れられない。なんとこの町、夜は住人たちが猫になるというのだ。異邦人としての生活、借金返済生活、探偵生活、猫としての生活。果たしてその中に本当に“Good Life”が待っているのだろうか?