『英雄伝説 閃の軌跡III』 特別装甲列車“デアフリンガー号”、各地での演習・機能の情報が公開

日本ファルコムは、2017年9月28日発売予定のプレイステーション4用ソフト『英雄伝説 閃の軌跡III』 について、最新情報を公開した。

 日本ファルコムは、2017年9月28日発売予定のプレイステーション4用ソフト『英雄伝説 閃の軌跡III』 について、最新情報を公開した。

 以下、リリースより。


 今回の更新では、トールズ士官学院・第II分校の生徒たちが帝国各地で演習を行う際に使用する特別装甲列車「デアフリンガー号」と各地での演習・機能に関する詳細を新たに公開します。

■デアフリンガー号

 トールズ第II分校の演習用として、鉄道憲兵隊から引き渡された流麗なフォルムが特徴的な特別装甲列車。
 高い装甲性能を備えた全6車両からなり、導力機関車となっている1号車、ブリーフィング&教官用客室の2号車、食堂・ラウンジ用の3号車、生徒用客室の4号車に加え、後方の5~6号車は機甲兵を数機格納できる大型の貨物車となっている。

 演習の際は郊外に停泊し、デアフリンガー号を起点とした“簡易演習地”を設置することでVII組特務科、VIII組戦術科、IX組主計科がそれぞれ実戦形式での演習を行うことを可能にしている。

■特別装甲列車《デアフリンガー号》で帝国各地へ!

・今作では帝国各地で演習を行う際、トールズ第II分校の全生徒が特別列車「デアフリンガー号」に乗り込み現地へと向かいます

・現地ではデアフリンガー号を起点とした“演習地”が設置され、生徒たちはこの演習地を拠点として様々な任務に挑んでいくことになります

■演習地で様々な機能を活用!

・演習地では、主にIX組主計科が分校メンバーのバックアップにまわることになります

・IX組生徒が運営するショップ機能を利用して、武器、防具、消耗品の購入や戦闘メンバーの戦術オーブンメントメンテナンスも行うことが可能です

■時には敵の襲撃を受けることも!?

・結社《身喰らう蛇》、猟兵団など、暗躍する様々な敵対組織と接触する恐れのある帝国各地での演習。時には、演習地が敵からの襲撃を受けてしまうことも……!?

■列車内でしか見る事ができない特別なイベントも発生!

・大陸各地を移動するデアフリンガー号の車内では、普段の学校生活とは違った生徒たちの一面を見られることも!

・列車内で寝食を共にするクラスメイトの様子やラウンジでくつろぐ生徒、思いがけない話題を切り出してくる生徒など、演習地へと向かう途中の車内で生徒たちとコミュニケーションをとることで意外な情報が手に入ることがあるかもしれません。



(C)2017 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.
※画面は開発中のものです。