『ストリートファイターV』参加人数300名超の大型大会“Japan Cup 2017”が開催。初日に争われた予選プールの模様をリポート

2017年8月12日~13日にかけて、東京都浅草橋のヒューリックホールにて『ストリートファイターV』の大型大会“Japan Cup 2017”が開催。

 2017年8月12日~13日にかけて、東京都浅草橋のヒューリックホールにて『ストリートファイターV』(以下、『ストV』)の大型大会“Japan Cup 2017”が開催。本稿では初日に争われた予選トーナメントの模様をリポートする。


ろご1 ろご2

 “Japan Cup 2017”はプロゲーマーのももちさんが代表を務める忍ismが主催するイベント。事前にエントリーしたプレイヤーたちにより、二日間をかけてトーナメント戦が争われる。なお本大会はCAPCOM U.S.Aが主催する“CAPCOM Pro Tour”(以下、CPT)の日本Premier大会の位置付けとなっており、レギュレーションはCPTに準拠。上位入賞者には高額賞金の懸かったCPT決勝大会の出場権を競うポイントが贈呈される、一大イベントとして催された。

 本大会には312名のプレイヤーが出場。その中にはウメハラ選手、sako選手、板橋ザンギエフ選手、かずのこ選手といった日本のトッププレイヤーの姿が多数見られ、海外からは中国のXIAOHAI選手、韓国のINFILTRATION選手やPoongko選手といった、そうそうたるメンバーが参戦した。
 初日に争われた予選トーナメントは敗者復活ルールのあるダブルイリミネーション、各対戦組み合わせは2試合先取で勝敗を決定するレギュレーションで進行。午前中からはじまり、ほぼ丸一日をかけてTOP8を選出した。


実況1 実況2

大会模様はストリーミングサイトtwitch.tvで生放送を実施。

会場6 会場5

会場にはプレイステーション4版の『ストV』が数多く設置。大会とともに野試合が楽しまれた。

会場1 会場2
会場7 会場8
会場3 会場4

 大会進行中、TOP64にてネモ選手(ユリアン)vs.ウメハラ選手(ガイル)が実現。ユリアンはエイジスリフレクターを絡めた攻めパターンを多々駆使してガイルの体力を奪い、ガイルは手堅い立ち回りとここぞという場面でのEXサマーソルトキックが決まり接戦の展開。試合カウント1-1で迎えた3試合目でもお互い体力僅少となるが、最後の最後でEXサマーソルトキックを読んでガードしたユリアンがしっかり反撃と叩き込んでKO。ネモ選手が苦手とするウメハラ選手を撃破するシーンが見られた。
 同じくTOP64では、『ストV』の初期から春麗使いとして活躍するMOV選手vs.韓国のNL選手(キャミィ)が激突。試合序盤、キャミィはキャノンストライクで空中からの攻勢を試みるが、春麗は的確な空対空で迎撃。地上戦をメインとする試合展開に持ち込み、差し合いの得意なMOV選手のペースとなる。一進一退の攻防で春麗が徐々に体力差を広げてラウンドを取得する内容が目立ち、最後はキャミィの攻撃の空振りに差し返しを成功させてKO。MOV選手のゲームメイクが輝く試合となった。
 その他にも数々のハイライトが見られ、世界屈指のハイレベル大会と言われるトーナメントは順調に消化された。


さこ1 さこ2
ネモウメ2 ネモウメ1
NLMOV1 NLMOV2

 激戦を勝ち抜いてTOP8に進出したのは以下のメンバーだ。

・ウィナーズ
ふ~ど選手(ミカ)
アクア選手(いぶき)
Poongko選手(コーリン/アビゲイル)
ハイタニ選手(ネカリ)

・ルーザーズ
Xiaohai選手(キャミィ)
ネモ選手(ユリアン)
キチパーム選手(ザンギエフ)
Chris T選手(ケン)

 以上の8名による決勝トーナメントは8月13日、17時30分より開始。対戦模様はtwitch.tvにて生放送されるので是非チェックして欲しい。

生放送URL
トーナメント表