“ワンダーフェスティバル2017夏”開催! 今回も魅力的なフィギュアが満載!

2017年7月30日に千葉県の幕張メッセで、フィギュア展示会“ワンダーフェスティバル2017[夏]”が開催された。その模様をお届けする。

●主要ブースのフィギュアを大紹介!

 2017年7月30日に千葉県の幕張メッセで、フィギュア展示会“ワンダーフェスティバル2017[夏]”が開催された。本イベントは、海洋堂が主催して年に2回開催されるフィギュア展示会イベント。企業はもちろん、多数の同人サークルなども参加する国内最大級のフィギュアの祭典だ。主要ブースの展示物を紹介し、フォトレポートという形で、そのイベントの模様をお届けする。

◆アクアマリン

 タツノコプロとフォルクスワーゲン社が監修した、『未来警察ウラシマン』のマグナビートルや、巨大な『機動戦艦ナデシコ』モデルを展示。『アイドルマスター』など、定番の人気美少女フィギュアも目立っていた。

◆アゾインターナショナル

 痛車を展示して、同社の人気シリーズ『えっくす☆きゅーと』をアピール。『冴えない彼女の育てかた』など、大型のフィギュアも印象的だった。

◆アニプレックス

 『まどか☆マギカ』や『Fate』シリーズなど、アニメやゲームのキャラクターフィギュアがメイン。『冴えない彼女の育てかた』の“お着替え中バージョン”は、台座を回転させながらの展示にファンの視線が集まっていた。

◆あみあみ

 フィギュアよりは、キーホルダーなどの小物系が中心の展示だったが、その中で異彩を放っていたのが、『龍が如く』シリーズの真島吾朗フィギュア。ほかには、限定の『ギガンティックアームズ』フィギュアなども展示されていた。

前のページへ 次のページへ