SIEやマイクロソフトなど、注目メーカーのブースをリポート アーロイやマスターチーフ、ソニック、ガンダムなどがお出迎え【ChinaJoy 2017】

ChinaJoy 2017気になるブースの模様をお届け!

●おなじみのメーカーも元気です

 2017年7月27日~30日、中国最大規模のエンターテインメントの祭典ChinaJoy 2017が、中国・上海新国際博覧中心にて開催。中国で家庭用ゲーム機解禁の方針を受けて、2014年のChinaJoyでプレイステーションとXboxがブースを展開してから今年で4年目。ChinaJoyに両プラットフォームがブースを構えるのも、すっかり定着した感がある。Xbox Oneが実際に中国で発売されたのが2014年9月、プレイステーション4とプレイステーション Vitaが2015年3月と、リリースからそれぞれ2年10ヵ月と2年4ヵ月が経って、中国のゲームファンのあいだにも、家庭用ゲーム機が着実に受け入れられているとの印象がある。ChinaJoy 2017におけるソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)とマイクロソフトブースも、豊富なラインアップでプラットフォームの充実ぶりをアピールしていた。


●SIEブースはプレイステーション VR向けを含む、豊富なラインアップでお届け

DSC_0084_R DSC_0086_R

 33タイトルが出展された(VRタイトルを除く)SIEブースで大々的にピックアップされていたのは、まずは『グランツーリスモSPORT』。『グランツーリスモ』シリーズは中国でも高い人気を誇るだけに、その最新作の試遊を望むファンが後を絶たなかった。中国でまさに先日発売されたばかりの『Horizon Zero Dawn』も重点タイトル。独特の世界観が中国のファンにどのように評価されるのか、気になるところだ。ファーストパーティータイトルでは、『KNACK ふたりの英雄と古代兵団』も注力タイトルとなっていた。

 サードパーティーメーカーでは、『NBA 2K17』が展示。先日行われた“2017 PlayStation Press Conference in China”で中文版が正式発表された『NBA 2K18』ではなくて、前作を出展するのは、何かよんどころない事情があるかと思われるが、それでも発売済みのタイトルに人がたくさん集まるあたり、中国におけるバスケットボール人気と、まだまだ欲しいけどハードを持ってないユーザーさんが多いんだろうなあ……という事情がほのかに見える。


DSC_0103_R DSC_0108_R
DSC_0091_R DSC_0090_R

▲サードパーティータイトルも出展。『NBA 2K17』(左)やカプコン『マーベル VS. カプコン:インフィニット』なども出展。

DSC_0102_R

▲2階建てのマンションのような作りのプレイステーション VRの試遊ゾーン。

 中国の事情ということで言うと、“2017 PlayStation Press Conference in China”でもありありとうかがい知ることができたのが、プレイステーション VRへの注力ぶり。中国ユーザーのVRへの関心の高さはつとに伝えられているところで、プレイステーション VRに期するところがあるようだ。そんな事情を反映してか、会場では29のVRコンテンツを展開。実際のところ、ChinaJoyの会場全体を回ってみると、昨年に比べて相当VRコンテンツは減っているのだが、その分プレイステーション VRに期待が集まっているのかなという印象だ。

 ちなみに、先日のカンファレンスで“中国発のIP”として発表され注目を集めた『Monkey King Hero is Back The Game』は、VRコンテンツが出展され、注目を集めていた。


DSC_0096_R DSC_0137_R

▲『MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV』(左)や、『Monkey King Hero is Back The Game』のVRコンテンツ(右)が出展。

●マイクロソフトブースはXbox Play Anywhere推し

 一方のマイクロソフトブースは、記者の表現がつたなくて恐縮ですが、カフェのような雰囲気のブースにタイトルを展開。Xbox Play Anywhereをフィーチャーしつつ、Xbox OneとWindows 10向けを適宜展開していた。そのタイトルは、記者が目算したところ40タイトル弱。もっとも大きなスペースが割かれていたのが、マイクロソフトブランドの優良児『Forza Motorsport 7』で、特製シートというリッチな環境での試遊が好評を博していた。


DSC_0113_R DSC_0112_R

▲マスターチーフがお出迎え。『Halo Wars 2』も試遊可能だった。

DSC_0130_R DSC_0133_R

▲人気の『Forza Motorsport 7』はおなじみのクルマの展示も。

DSC_0142_R DSC_0129_R

▲Windows 10用としては、『ハッピーウォーズ』などが出展されていた。同作は中国でも人気のようだ。

▲ID@Xboxタイトルも複数出展されていた。

DSC_0240_R

▲『Just Dance 2017』も展示。

 忘れてはいけないのが、E3 2017で発表されたばかりのXbox One X。会場ではモックが展示されていたほかに、小部屋ではXbox One Xの特別映像を上映。その内容はこっそり見て想像するしかなかったのだが、おそらく4Kの映像が楽しめたのではないかと思われる。小部屋の周りには、映像を見るための長い列ができていたのは言うまでもない。


DSC_0147_R DSC_0127_R
DSC_0134_R
DSC_0156_R DSC_0165_R
DSC_0184_R
DSC_0228_R

▲マイクロソフトブースでは、『ソニックフォース』のステージイベントも行われ、セガゲームスの中村俊ディレクターやソニックなどが登場。達人を招いてのデモプレイや一般の方が参加してのコンテストなどが行われた。

●海外ゲームメーカーの雄、ユービーアイソフトとエレクトロニック・アーツも元気

 中国のメーカーが居並ぶChinaJoyにあって、やはりホッとするのはユービーアイソフトやエレクトロニック・アーツといったおなじみのメーカーの出展。両社とも中国市場には力を入れており、中国のゲームファンにとってはおなじみの存在。ことに、ユービーアイソフトは上海に支社を構えていて、最新作も積極的に展開。ブースでは、『フォーオナー』などの新作のお披露目はもちろん、物販なども行われ、中国市場にすっかり定着していることをうかがわせた。


DSC_0254_R
DSC_0251_R DSC_0256_R

▲とにかく混雑していたユービーアイソフトブース。

DSC_0258_R
DSC_0266_R DSC_0268_R

▲『ニード・フォー・スピード』や『シムシティ』などが展示されいたエレクトロニック・アーツ。

●バンダイナムコ上海はIP推し

 2015年1月に現地法人を設立したばかりのバンダイナムコ上海は、昨年に引き続きChinaJoyに出展。ブースでは、同社が上海で展開しているアプリを出展。『ドラゴンボール』、『ワンピース』、『NARUTO -ナルト-』と、まさにIPの見本市といったところだった。


DSC_0352_R DSC_0365_R
DSC_0363_R DSC_0356_R
DSC_0367_R
DSC_0373_R

▲カメハウスがあったりと、趣向を凝らした展示が楽しいバンダイナムコ上海。ステージイベントでは、『NARUTO -ナルト-』の寸劇も披露されていた。