大人気アーケードカードゲーム最新作がついに稼動! 『ロード オブ ヴァーミリオンIV』稼動記念イベントリポート

スクウェア・エニックスが手掛けるアーケードカードゲーム『ロード オブ ヴァーミリオン』シリーズの最新作『IV』が2017年7月13日に稼動を開始した。それを記念した、稼動記念セレモニーの模様をリポート。記事の後半では、『LoV』シリーズの開発に携わってきた3人のプロデューサー陣へのインタビューもお届け。

●『LoV4』がいよいよ稼動開始! 記念セレモニーの模様をお届け

 スクウェア・エニックスのアーケードゲームタイトルのなかで、9年の歴史を持つ『ロード オブ ヴァーミリオン』(以下、『LoV』)シリーズの最新作『lov4』が、2017年7月13日についに稼動を開始した。本記事では、タイトーステーション BIGBOX高田馬場店にて開催された、『ロード オブ ヴァーミリオンIV』稼動記念セレモニーの模様をリポートしていく。

▲『LovRe:3』を踏襲しつつ、よりシンプルでわかりやすいシステムへと進化。いままでのファンタジーな世界観からガラリと変わり、現代に舞台を移したのも本作の特徴だ。

●松田氏と平田氏が『loV4』にかける想いを語る!

 セレモニーでは、まず本作のプロデューサーを務める平田重之氏が登壇し、『LoV4』の魅力をアピール。「『LoV』シリーズは、アーケード初参入タイトルとして稼動を開始しました。このタイトルは9年、さらに10年の橋渡しとなる今年に最新作『LoV4』をリリースできたのも、皆さまのおかげだと思っています」と感謝の気持ちから語った。そして、「このシリーズは、カードがひとつの魅力になっています。本作からは新しいレアリティーの“エクストラコスチュームレア”が登場していますが、そこがいちばんの魅力かなと思っています」と本作の見どころをコメントした。

▲「『LoV』は、ユーザーさんとの距離が近い運営をしてきました。私の代になって遠く離れてしまったと言われないように、これからもユーザーさんとの距離は近く、さらにいろいろな声を吸い上げられるような運営をしていければと思っています」と、今後の運営方針についてもコメントしていた。

▲さらに、イベントスペースでは、本作の主人公がLive2Dの技術でアニメーションするスペシャルムービーをお披露目。このムービーは16人いる全主人公分のものが用意され、公式サイトで順次公開予定となる模様だ。

 続いてセレモニーには、スクウェア・エニックス代表取締役社長である松田洋祐氏が登壇。松田氏は、「『LoV』シリーズは2008年の6月から稼動を開始して、スクウェア・エニックスのアーケードゲームの歴史を作ってきたタイトルです。アーケードビジネスは非常に重要です。コンシューマゲーム、スマートフォンゲームを含めて、アーケードゲームはライブとしての価値を持つものだと考えていますので、新タイトルはこれからもどんどんリリースしていきます。ご期待いただければと思います」とコメントした。

▲さらに、「『LoV』シリーズは9周年を迎え、非常に洗練した運営になっていると考えています。お客さまのご期待に沿うような内容になっていると思いますので、皆さまの目でお確かめいただいて、ぜひ楽しんでいただければと思います」と、本作そして、スクウェア・エニックスのアーケードタイトルへの意気込みを語った。

▲最後に松田氏、平田氏両名によるテープカットを実施。これをもって、いよいよ『LoV4』の稼動開始となった。

●平田氏へ今後の意気込みを聞く!

 イベントのあとには、ゲームセンターでの稼動を見届ける平田氏にお話しを伺うことができたので、以下に掲載する。

−−稼動おめでとうございます。いよいよ本作が稼動開始となりましたが、いまのお気持ちからお聞かせいただけますでしょうか。

平田氏 安堵したというのは正直なところです。スタートラインを迎えたわけですが、ここから増々エンジンをかけていきたいと思います。

−−これからは運営のフェーズとなりますが、具体的にはどのような施策を?

平田氏 さまざまな細かい施策というのは検討段階ですが、本作は“霊核”というアイテムでチャットボイスなどを手に入れられます。過去作では霊核のようなアイテムは、基本的にゲームプレイでの手に入れられましたが、本作ではメインユニットで購入できるようになりました。また、アイテムをもらえるキャンペーンなども予定しています。これから直近でもひとつかふたつほど、キャンペーンを予定していますので、お待ちいただければと思います。また、大会イベントといったものも予定していますので、順次公開していきたいです。公式配信も、これまで以上に定期的に行っていければと。

−−ユーザーが直接参加できるような店舗イベントを実施する予定はありますか?

平田氏 店舗間で交流するようなイベントは考えていきたいです。どういった内容にするかは現在検討中ですので、楽しみにお待ちいただければと思います。

−−最後に、本作の稼動を心待ちにしていたユーザーに、メッセージをお願いいたします。

平田氏 シリーズを大好きな方、ここから始めようかなという方、現在はプレイをやめてしまったという方など、いろいろなユーザーさんがいらっしゃいますが、そういった皆さん全員に楽しんでいただけるゲームになっています。ぜひプレイして、長く楽しんでいただければと思っています。

 セレモニーの終了後には、早速プレイヤーが列を作って本作をプレイし始めた。タイトーステーション BIGBOX高田馬場店に来店したプレイヤーは、抽選くじを引くことで本作のポスターなどがもらえるキャンペーンも開催されていた(稼動イベント日の期間限定)。長い歴史を持つ本シリーズが、今後どういった展開を見せるのかに期待したい。

●スターターパック開封の儀

 完全に蛇足ではあるが、本作のメインユニットで購入できる3つのパックの中身を公開。スターターパックには、NESiCA(共通カード)、プレイヤーカード、使い魔カード7枚が封入され、これを買えばすぐに本作をプレイできる。また、拡張デッキパックには、構築済みの使い魔カード7枚セットが2デッキ分封入されており、スターターパックとは別のデッキを使いたいという人にオススメだ。また、スリーブパックには、使い魔カードをキズや汚れから守るカードスリープが入っている。手に入れたレアカードを守りたいという人は最初に購入しておきたい。

▲左からスターターパック、拡張デッキパック、スリーブパック。

スターターパックの使い魔カード一覧
ロロ
召喚アビリティ:マナヘイスト(マナ吸収速度が上がる)

オル・フ
召喚アビリティ:−
※アビリティがない代わりにパラメータが高い。

ナディ・ソーマ
召喚アビリティ:レンジアップ(射程距離が延びる)

ベヒーモス
召喚アビリティ:−
武装アビリティ:−
血晶武装アビリティ:スロウブースト(攻撃力が上がる。スロウアタックの「移動速度を下げる効果」が上がる)

ラミア
召喚アビリティ:−
武装アビリティ:−
血晶武装アビリティ:マックスHPダウン(攻撃力が上がる代わりに、最大HPが下がる)

ストラス
召喚アビリティ:−
アーツ:黒羽君主の魔草(範囲内にいるもっとも攻撃力が高い自使い魔1体の攻撃力を一定時間上げる。さらに、対象が魔種のとき、移動速度を一定時間上げる)

ファウスト博士
召喚アビリティ:−
武装アビリティ:−
血晶武装アビリティ:ハイコストアップA(攻撃力が上がる。戦場に自身より召喚コストが高い自ユニットがいると、自身の攻撃力が上がる)

▲本作に登場する5つの種族のうち、人獣と不死の使い魔で構成されている。使い魔をパワーアップできる“血晶武装”が行えるベヒーモスとラミアがキーとなるデッキだ。

拡張デッキパックの使い魔カード一覧(デッキ1)
ボーア
召喚アビリティ:エースサポートD(自身が戦場に出ているあいだ、もっとも攻撃力が高い自使い魔の防御力を上げる)

アズラエル
召喚アビリティ:−
武装アビリティ:−
血晶武装アビリティ:アームドPSYダメージ(精神力が上がる。自身の攻撃に「精神力ダメージ」を上乗せする。この効果は、血晶武装している自使い魔が多いほど上がる)

セルディット
召喚アビリティ:アームドコストカット(自身の周囲にいる、自身と同じ種族の自使い魔の武装コストを下げる。ただし、一定コスト以下にはならない)

フェニックス
召喚アビリティ:−
武装アビリティ:−
血晶武装アビリティ:リベンジリレイズ(自身が死滅したとき、血晶武装状態で再召喚することができる。さらに、最召喚時に攻撃力と防御力が上がる。ただし、これらの効果は最初の死滅のときにしか適応されない)

ミリア
召喚アビリティ:マナバースサモン(自身が戦場に出ているあいだ、自身と同じ種族かつ、召喚コストが一定以上の自使い魔を召喚したとき、マナを生み出す)

ケルベロス
召喚アビリティ:アームドアタック(血晶武装している敵ユニットへ攻撃したとき、自身の攻撃に、「固定ダメージ」を上乗せする)

グリフォン
召喚アビリティ:−
武装アビリティ:−
血晶武装アビリティ:サクリアタックタイムS(攻撃力と移動速度が上がる。ただし、攻撃間隔が長くなる)

▲拡張デッキパックには、神族と魔種で構成されたデッキ1と、海種と不死で構成されたデッキ2が入っている。デッキ1はアズラエルとグリフォンが高い能力にパワーアップできる。もちろん、スターターパックと拡張デッキパックおよび、ゲームをプレイして入手した使い魔カードを混ぜてデッキを作ることも可能だ。

拡張デッキパックの使い魔カード一覧(デッキ2)
トリトン
召喚アビリティ:−
武装アビリティ:−
血晶武装アビリティ:Wウィーク(防御力が上がる。自身の攻撃に、「攻撃力と防御力を一定時間下げる効果」を付与する)

キマ
召喚アビリティ:サモンコストカット(自身が戦場に出ているあいだ、自身と同じ種族の自ユニットの召喚コストを下げる。ただし、一定コスト以下にはならない)

アビス
召喚アビリティ:タワーアタック(マナタワー制圧力が上がる)

自律駆動歩兵56号
召喚アビリティ:−
※アビリティがない代わりにパラメータが高い

ヒステリー・トム
召喚アビリティ:−
アーツ:エキサイト・トム(範囲内にいるもっとも攻撃力が高い自使い魔1体の精神力を一定時間上げる。さらに、対象が不死の使い魔のとき、効果中に死滅した場合の召喚コストを減らす。ただし、一定コスト以下にはならない)

サンジェルマン
召喚アビリティ:−
武装アビリティ:−
血晶武装アビリティ:ダメージDEFバースト(防御力が上がる。自身が攻撃を受けるたびに、防御力が下がる。このペナルティはゲートまたはマナタワーへ帰還するまで持続する)

メリーウィドウ
召喚アビリティ:−
武装アビリティ:−
血晶武装アビリティ:ポイゾアタック(防御力が上がる。自身の攻撃に、「一定時間『毒』状態にする効果」を付与する。※毒:固定ダメージを断続的に受ける)

▲デッキ2は、トリトンとメリーウィドウのカードがデッキのキーとなる。

▲ゲームセンターでは、本作のプレイ方法やルールを覚えられる小冊子も配布中。本作をプレイ予定の人は必見だ。