『ドラゴンクエストXI』“DQXI カウントダウンカーニバル” in 札幌のミニステージでキーファの登場が明らかに! メダル女学園に着せ替えなどの新情報も!!【DQXI カウントダウンカーニバル】

全国5都市で順次開催中の“ドラゴンクエストXI カウントダウンカーニバル”。4ヵ所目となる札幌会場でも恒例のミニステージが開催され、堀井雄二氏や開発陣によって新たな情報が明らかにされた! その詳細をリポートしよう!!

●カラーストーン採掘場のパズルも楽しめる! そして……キーファ!!

 スクウェア・エニックスよりプレイステーション4、ニンテンドー3DS向けに2017年7月29日(土)発売予定の『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』(以下、『DQXI』)。その体験版を試遊できることでも話題のイベントが“ドラゴンクエストXI カウントダウンカーニバル”だ。大阪を皮切りに、名古屋・福岡で開催された本イベントも、2017年7月8日(土)、9日(日)に札幌で開催され、いよいよ残すは2017年7月16日(日)、17日(月・祝)に開催される東京会場のみとなった。そこで今回は、配信されなかった札幌会場のミニステージの模様をお届け。東京会場の参加を検討している方に、会場ではこんな新情報も飛び出すことをお伝えしよう。
 2017年7月8日(土)に行われたミニステージでは、『DQXI』のゲームデザインとシナリオを手掛ける堀井雄二氏とディレクターの内川毅氏が登壇。司会のJOYさんが開発陣のアドバイスを受けながら、ニンテンドー3DS版をプレイした。

▲写真左からJOYさん、堀井雄二氏、内川毅氏。

 その内容は、すれちがい通信にまつわる要素としてすでに公開されている、“冒険の書の合言葉”を使って“祭壇の間”から過去の『DQ』世界に行くというもの。今回は、『ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち』(以下、『DQVII』)の世界が初めて公開されることに! ヨッチ族と呼ばれるキャラクターが冒険する“時渡りの迷宮”で入手した冒険の書の合言葉を使い、祭壇の間にあるエデンの祭壇で“カラーストーン採掘場”を調べると、なんと主人公たちが『DQVII』の世界へワープ。同作に登場した、あのカラーストーン採掘場に降り立ったのだ。

▲エデンの祭壇では、カラーストーン採掘場のほか、ユバール族の休息地が選択肢にあることも判明。ここではどんな出来事が待っているのか!?

 このダンジョンは『DQVII』のオリジナル版で登場したものに限りなく似ており(BGMもバッチリ再現!)、仕掛けの解きかたを覚えていれば、スイスイ先へ進めそうだった。しかし途中からは、かつて見たことがない色のカラーストーンも出現。本作独自の要素があることも明らかになった。さらにダンジョンの最奥部には、なんと……『DQVII』のキャラクターであるキーファが登場! ちなみに、JOYさんの「冒険の書の世界では、ほかにも懐かしいキャラクターが出てくるの?」という質問に対し、内川氏は「出てくるかもしれませんね」と回答。ほかの有名キャラクターの登場にも期待したいところだ。

▲同じ石を隣にするギミックまでは覚えていたが、仕掛けの解きかたまでは覚えていなかったJOYさん。悩んでいるJOYさんを見て、おそらく内容を覚えているであろうお客さんから「教えたい!」という空気が(笑)

▲カラーストーンに挟まれて……あのキーファが登場! ミニステージで見せてくれたのはここまでということで、なぜキーファがこんな状況になっているのかは、製品版をプレイして自分の目で確かめてほしい。

▲黒や紫のカラーストーンなんて、オリジナル版にはなかったのに……! 最奥部の仕掛けは、なんだかけっこう難しそう!!

●“メダル女学園”では見た目が変わる“メダ女の制服”をゲット!

 続いて、プレイステーション4版をJOYさんがプレイしながら、さらなる新要素を公開することに。ここでは、ちいさなメダルに関連する拠点である“メダル女学園”を見ることができた。世界中で集めたちいさなメダルをメダル女学園の校長に渡し、預けたメダルが一定数になるたびにご褒美としてアイテムがもらえることが明らかとなった(ちなみに、ちいさなメダル5枚の報酬は、まもりのカードだったぞ)。
 このメダル女学園は、学校らしさを再現するために、ここでしか使われないグラフィックなどを多数投入。それだけに、開発にはかなりの労力を投じたそうだ。黒板に描かれた生徒の落書きなどにもコダワリが発揮され、愛らしいモンスターの絵や、そこに行けば実際にアイテムが拾える宝の地図が描かれていることなどが判明した。

▲メダル女学園の庭には、ちいさなメダルを拾う少女の像が。まるで二宮金次郎像……ってわかるかな?

▲メダル女学園には、クエストを依頼してくるキャラクターも何人かいるようだ。やり込みプレイの際にはぜひ立ち寄りたい。

▲モンスターと人間が共存するメダル女学園には、こんな生徒も! ちなみに、このくさった死体は、コルトという“女性”です……。

▲メダル女学園には、すでに観たイベントシーンを選んで何度も観られるギミックがあることも公表された。校長の部屋の隣りにある木を調べればオーケーらしい!  画面の照り返しで見えにくくなってしまっているのは申し訳ない……、

 ミニステージの後半では、メダル女学園の倉庫にある宝箱を紹介。まほうのカギを使って入れるこの部屋には、“メダ女の制服”というアイテムが隠されている。これはベロニカやセーニャ、マルティナと、女性の仲間が装備できるアイテムで、実際に装備してみると……キャラクターの見た目がガラリと変化! 内川氏曰く、『DQXI』では特別な装備品を装備すると見た目が変わるそうだ。メダ女の制服以外にもたくさんあるようなので、プレイ時には率先して探してみてはいかがだろうか。

▲こちらがメダ女の制服を装備したベロニカの姿。なかなかキュート!

 ここで堀井雄二氏が、ちいさなメダルが生まれた理由を教えてくれた。タルやツボなどの壊せるアイテムを作ったものの、そこにどんなアイテムを入れようか困ったそう。そこで、ちいさなメダルというアイテムを作り、集めるといいものがもらえるという仕組みを考え出したそうだ。

●体験会で遊べるニンテンドー3DS版でソルティコの町が公開!

 続いてお届けするのは、2017年7月9日(日)の13時から行われたミニステージの内容。このミニステージでは、ニンテンドー3DS版を中心にゲームを紹介。堀井氏、内川氏、ニンテンドー3DS版プロデューサーの横田賢人氏が登壇し、JOYさんが開発陣のアドバイスを聞きながらプレイするという、いつもの流れでイベントが進行していった。
 まずは、札幌会場から体験版に加わった第3の冒険の書で遊べる、ソルティコの町を公開。町にあるカジノではスロットとポーカーがプレイ可能となっているのだが、今回のミニステージではカジノについては、カジノの中をチラリと見せるに留まった。

▲各球団のユニフォームを集めているという横田氏は、日本ハムファイターズのユニフォームを着て登場。『DQXI』のイベントだけに、背番号も11(大谷選手)と思いきや……7月8日は背番号7の西川選手、7月9日は背番号5のレアード選手のものを着用。なんで!? ちなみにこの日の夜、横田氏は、とある場所で偶然にもレアード選手に遭遇! このユニフォームに直筆のサインをもらったのだとか。なんたる強運の持ち主。

▲ニンテンドー3DS版のカジノでは、キングスライムがお出迎え。ちなみにプレイステーション4版で出迎えてくれたモンスターは、ホイミスライムだった。

 カジノに続いて紹介されたのは、セーニャの装備品について。ソルティコの町から始まる第3の冒険の書では、初めからセーニャが“おどりこの服”を着ており、その見た目が変わっている。そして、今回のプレイでは、さらに見た目が変わる装備品を“ふしぎな鍛冶”でJOYさんに作ってもらい、それを公開するという流れに。

▲これがセーニャの“おどりこの服”装備時の姿。通常時よりも、ちょっとだけ露出度がアップしている。

 “ふしぎな鍛冶”に挑戦するため、町の外に出てキャンプを目指すJOYさん。ここで、ニンテンドー3DS版ならではの、“地図スクロール”という機能が紹介された。プレイ中にスタートボタンを押すことで、下画面に表示された地図を自由にスクロールできるようになるこの機能は、堀井氏の要望でゲーム開発の終盤に追加されたものなのだそう。

▲地図スクロールを使えば、広いマップを歩くときでも目的地などを確かめてから移動することができるので便利!

 キャンプで作ることになったのは、“ラブリーエプロン”とぼうしの“ラブリーバンド”。これらは、同時に装備することでキャラクターの見た目が変わる、いわゆるセット装備というものだ。このようなセット装備はほかにも多数用意されているらしく、アイテムの説明を見ればどれがセット装備なのかも確認できるようだ。

▲ラブリーバンドでも+2で、いい性能の防具を作りだすことができたJOYさん。+2の装備品を作るのは……比較的カンタン!? ちなみに、大成功となると+3になるようだ。

▲とりあえず、セーニャのアタマにラブリーバンドを装備させてみる。この時点ではまだ、おどりこの服を装備した状態の見た目になっているが……。

▲ラブリーエプロンとラブリーバンドの両方を装備させると、セット装備なのでこんなに愛らしい見た目に変わるのだ! 

 ミニステージの後半では恒例の、来場者参加型のイベントを開催。出題されたクイズで正解できたお客さんには、堀井氏からスライムぬいぐるみが贈られていたぞ。

●ニンテンドー3DS版プロデューサーの横田賢人氏に直撃!

 なお、イベント終了後に会場でニンテンドー3DS版プロデューサーの横田氏にお話を聞くチャンスが到来! さっそく質問をぶつけてみた!!

▲『DQXI』ニンテンドー3DS版プロデューサーの横田賢人氏。



--

――大阪、名古屋、福岡、札幌と回ってきましたが、ニンテンドー3DS版の反応はいかがですか? 個人的には3Dモードと2Dモードの連動やスキルパネルなど、実際に触るとそのおもしろさがよくわかると思いました!

横田 遊んでいただいた方の反応は、プレイステーション4版、ニンテンドー3DS版ともに、とても好評です! キャラやフィールドの見た目はそれぞれで違うのですが、どちらも「あ、いつもの『ドラゴンクエスト』だ」と感じていただけているようで、私たちとしてもうれしいです。ニンテンドー3DS版については、上下画面の連動部分が特に目新しいのですが、実際に触ってみないとおもしろさがなかなか伝わりづらいものなので、実際に会場へお越しいただいてプレイしてほしいです!
 
――確かに、あの何とも言えない感じは試してほしいですね。過去の世界に行ける祭壇の間ですが、冒険の書の合言葉はいくつくらい用意されているのでしょうか?

横田 イベントステージで堀井さんもおっしゃっていましたが、けっこうあります。合言葉で行ける世界では、どこも楽しいエピソードが展開しますよ!

――見た目が変わる装備セットはどれくらいあるのでしょう? ちなみに、横田さんがお気に入りは、誰にどの装備品を装備させたときに見られますか?

横田 いくつあるかはヒミツですが、キャラごとに方向性の異なるセット装備があります。お気に入りというよりはオススメになるのですが、セットによっては服装だけでなく髪型もいっしょに変わるものがあるので、ぜひ探してみてください。

――東京会場に参加するファンに向けてメッセージを!

横田 約2ヵ月にわたって開催してきた“カウントダウンカーニバル”も、いよいよ千秋楽。最後となる東京会場でも、イベントステージでは新情報がもりだくさんです。お時間が合えば、ぜひ見ていってくださいね! あ、「出たがりおじさん」ことよーすぴも復活しますよ!(笑)



--

 東京会場では、残念ながら札幌まで来られなかったよーすぴ(本作プロデューサーの齊藤陽介氏のことです)が登壇されるようなので、さらなるぶっちゃけ話に期待したい!

 ちなみに、残念ながら16時スタートの同日2回目のミニステージは、取材班のスケジュール的な都合で取材できず。どんなことが行われたのかは、ドラゴンクエスト宣伝担当さんの公式Twitterなどでも公開されているので、チェックしてみよう!(JOYさんがプレイステーション4版でごくらくちょう戦にリベンジに挑戦したようです)

 このように、2017年7月17日13時より生配信されるスペシャルステージ以外にも、“DQXI カウントダウンカーニバル”に参加すれば、その場でしか聞けない情報がバンバン飛び出すステージも見られるので、2017年7月16日(日)、17日(月・祝)は東京・二子玉川ライズに集合しよう!



(C) 2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
※画面は開発中のものです。