2017年上半期国内家庭用ゲーム市場規模速報 Nintendo Switchが牽引し、前年比114.8%で3年ぶりのプラスに

2017年上半期の国内家庭用ゲーム市場の速報を発表。

●ソフト販売本数トップは『モンスターハンターダブルクロス』

 2017年上半期の国内家庭用ゲーム市場について、ハードの販売状況やソフトの販売本数などの速報数値が発表された(ファミ通調べ)。集計期間は2016年12月26日~2017年6月25日となる。

 ハードでは、Nintendo Switchが、101万6473台を販売、プレイステーション4(プレイステーション4 Pro含む)が87万7630台、ニンテンドー3DSが87万2620台で続いている。Nintendo Switch効果などもあり、ハードの販売状況は前年比144%となっている。

 ソフトは、ニンテンドー3DS用ソフト『モンスターハンターダブルクロス』が164万5本を売り上げトップに。同じくニンテンドー3DS用ソフト『ポケットモンスター サン・ムーン』が52万7862本を販売して2位となっている。3位、4位は、Nintendo Switch用ソフト『マリオカート8 デラックス』と『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』がランクインしている。2017年上半期家庭用ゲームソフト販売本数TOP10中、5本をニンテンドー3DSが占める結果となった。

【市場規模比較】
(2016年上半期の集計期間は2015年12月28日~2016年6月26日)単位:億円

2017年上半期(26週)
ハード:765.1
ソフト:766.9
合計:1532.0

2016年上半期(26週) 
ハード:531.3
ソフト:803.7
合計:1334.9

前年比
ハード:144.0%
ソフト:95.4%
合計:114.8%

【各ハードの販売台数】
(累計販売台数の集計期間は各発売日~2017年6月25日)単位:台
※カッコ内は累計販売台数

ニンテンドー3DS(※1)任天堂/2011年2月26日
87万2620台(2278万4033台)

プレイステーション Vita ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア/2011年12月17日
26万296台(550万7715台)

Nintendo Switch 任天堂/2017年3月3日
101万6473台(101万6473台)

プレイステーション4(※2) ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア/2014年2月22日
87万7630台(479万9246台)

Xbox One(※3) 日本マイクロソフト/2014年9月4日
5093台(78041台)

※1:Newニンテンドー3DS、Newニンテンドー3DS LL、ニンテンドー2DSの合計値です。
※2:プレイステーション4、プレイステーション4 Proの合計値です。
※3:Xbox One、Xbox One Sの合計値です。

【2017年上半期家庭用ゲームソフト販売本数 TOP10】
(累計販売本数の集計期間は各発売日~2017年6月25日) 単位:本

1位
3DS モンスターハンターダブルクロス(カプコン)2017/3/18
164万5本(164万5本)

2位
3DSポケットモンスター サン・ムーン(ポケモン)2016/11/18
52万7862本(377万4084本)

3位
Switch マリオカート8 デラックス(任天堂) 2017/4/28
50万1614本(50万1614本)

4位
Switch ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(任天堂) 2017/3/3
46万480本(46万480本)

5位
3DS スーパーマリオメーカー for ニンテンドー3DS(任天堂) 2016/12/1
39万7656本(114万1044本)

6位
PS4 バイオハザード7 レジデント イービル(カプコン) 2017/1/26
32万4066本(32万4066本)

7位
PS4 NieR:Automata(ニーア オートマタ)(スクウェア・エニックス) 2017/2/23
31万1906本(31万1906本)

8位
3DS 桃太郎電鉄2017 たちあがれ日本!!(任天堂) 2016/12/22
26万3790本(39万5853本)

9位
3DS 妖怪ウォッチ3 スキヤキ(レベルファイブ) 2016/12/15
21万5297本(72万4964本)

10位
Switch 1-2-Switch(ワンツースイッチ)(任天堂)2017/3/3
20万807本(20万807本)

2017年上半期の国内家庭用ゲーム市場について(リリースからの抜粋)

 2017年上半期の国内家庭用ゲーム市場規模は、ハードが765.1億円(昨年対比144.0%)、ソフトが766.9億円(同95.4%)、ハード・ソフト合計で1532.0億円(同114.8%)となりました。2017年3月3日に発売されたNintendo Switchが大きく貢献し、市場全体を強力に牽引。2014年上半期以来、3年ぶりにハード・ソフトの市場規模合計の昨年対比がプラスに転じています。

 2017年下半期は、ゲーム業界を代表する人気シリーズの最新作「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」(スクウェア・エニックス/2017年7月29日発売予定/3DS・PS4)が登場します。また、「スプラトゥーン2」(任天堂/2017年7月21日発売予定/Switch)の発売により、Nintendo Switch本体の売り上げが、どこまで伸びるのか注目が集まります。さらに「ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン」(ポケモン/2017年11月17日発売予定/3DS)をはじめとした大型タイトルも控えており、ハード・ソフトともに下半期のゲーム市場の活況が期待されます。