『The Last Night』3Dに見える背景も実はほとんどドット絵! 話題を呼んだ2.5Dサイバーパンクアドベンチャーは日本語化も確定【E3 2017】

インディーパブリッシャーRaw Furyのミーティングルームで、Odd Talesの『The Last Night』のプレゼンを受けた。

●『アウターワールド』などに影響されたアクションアドベンチャー

 雨に濡れるサイバーパンクシティを駆け抜ける、ドット絵のキャラクター。漂う煙や照明の反射は写実的で、しかしそこに浮かび上がるドット絵が絶妙に溶け込み、見たことのない質感のサイバーパンク像を見せる。XboxカンファレンスやPC Gaming Showなどで紹介されたアドベンチャーゲーム『The Last Night』に度肝を抜かれた人は結構いるんじゃないだろうか。

 本作を開発するのは、イギリスにあるスタッフ6人のインディースタジオOdd Tales。新興インディーパブリッシャーのRaw Furyにより、海外ではXbox OneとPCで2018年にリリース予定だ。今回Raw Furyのビジネススペースで本作のクリエイティブディレクターを務めるTim Soret氏らによるプレゼンを受けてきたので、ご紹介しよう。


 『The Last Night』はもともと、2014年に行われたゲームジャム“cyberpunkjam”のために、Soret氏が兄弟と6日間かけてFlashを使って開発した作品だった(現在でも無料公開されている)。そして見事ゲームジャムの優勝作品となったことをきっかけに、スタッフを増やしてフルゲームへと拡張することになったのが本作ということになる。なお本格的な開発が開始したのは去年からなんだとか。

 しかし2014年版がよくあるドット絵のベタな横スクロールの作品であるのに対し、「へー、そこから背景だけ3Dにしたんだ」と考える人もいるかもしれない。だが実は、本作の背景もほぼすべてドット絵なのだ。ゲームエンジンにはUnity 5.6を採用し、カメラが動いた時に立体的に見えるように、シーン内には何層にもわたって板ポリゴンに貼られたドット絵を配置。それに今風のライティングやエフェクトを足して、あの画作りを行っているのである(実際にエンジン上でカメラをずらしたものを見せてもらった)。


TheLastNight_03

 Odd Talesでは本作のジャンルを“シネマティックプラットフォーマー”と呼んでいる。具体的に言えば、これは『アウターワールド』や『フラッシュバック』(もちろん1992年のオリジナル版の方)など、往年の横スクロールのアクションアドベンチャーゲームのことを指していて、あの手の作品の、画面内の世界にどこか惹き込まれていくような魅力を取り戻そうというのが目標となっている。


TheLastNight_09

 世界へのこだわりは設定にもあらわれていて、公式には“サイバーパンク”よりも、より退廃的にゆっくりと崩れ落ちつつある未来を描く“ポスト”サイバーパンクと呼んでいる。これはサイバーパンクという言葉が1980年代時点からイメージされたディストピア的なニュアンスを内包しているからで、本作では「人間の労働と創造性がAIによって奪われ、人々が自分が作ったものではなく消費するもので自分自身を定義づけるようになった……」という、現在の延長上の未来としてのサイバーパンクをもう一度描き直そうということだ。

 ちなみに(描画自体は3D空間で行われているものの)グラフィックに3Dオブジェクトがほとんどない分、NPCキャラクターとプレイヤーとの関係を重視することにリソースを使っており、プレイヤーがどんな行動をそのキャラに対して行ったかを状態記憶し、後々の行動に影響させるといったことをひとつの特徴としているそう。つまり、自分が何をしたか忘れて好き勝手に行動していると、いつか銃を向けられて手痛いしっぺ返しを食らう可能性もあるということだ。なお全体のボリュームは5時間程度を予定している。


TheLastNight_04

 さて実は本作、Steamでの製品ページでは日本語の紹介が掲載されており、日本語ローカライズ付きでの配信も予告されている。この点についてSoret氏に確認したところ、その理由として意外な名前が返ってきた。「小島秀夫がフランス語にゲームをローカライズしてくれたからね(注:同氏はパリ出身)。これは恩返しなんだよ。だから今度は僕らのゲームを日本語にローカライズするのさ」と。日本からの仏語ローカライズが架け橋となり、フランスが生んだ若きクリエイターからの日本語ローカライズを呼び込んでいたのだ。


TheLastNight_01