2017年6月7日、『ファイナルファンタジーXIV』の5枚目となるサントラの発売を記念したトーク&サイン色紙お渡し会が、東京・タワーレコード新宿店で開催された。公然の秘密としてミニライブも行われ、会場に駆け付けた数多くのファンの心を躍らせた。

●『蛮神シヴァ討滅戦』のアコースティックアレンジバージョンを生演奏

 2017年6月7日、『ファイナルファンタジーXIV』(以下、『FFXIV』)のパッチ3.2“運命の歯車”からパッチ3.5“宿命の果て”までの50曲+ボーナストラックを収録した5枚目のBlu-ray Disc Music、『THE FAR EDGE OF FATE: FINAL FANTASY XIV Original Soundtrack』が発売となり、これを記念したサウンドディレクターの祖堅正慶氏のトーク&サイン色紙お渡し会が、東京・タワーレコード新宿店で開催された。

※このインストアイベントは、6月9日に大阪、6月10日に福岡と名古屋、6月11日に札幌と、全国5カ所を巡って開催が予定されている。実施店舗や時間などの詳しい情報は、サントラの公式Webサイトでご確認ください。

<関連サイト>
『THE FAR EDGE OF FATE: FINAL FANTASY XIV Original Soundtrack』公式Webサイト

 前日にインターネットで放送されたサントラ発売直前大視聴会の反響や、ネットストアでの売り切れを受け、サントラを求めてファンが実店舗に足を運んだこともあり、イベントスペースのキャパシティーを大幅に超える400名弱ものファンが集まる盛況っぷり。満を持してステージに現れた祖堅氏は、いい音で聴けて、2016年末に東京で行われたファンフェスティバルのライブなどの映像特典も盛りだくさん、もちろんmp3データも入っている、などとBlu-ray Disc Musicの特徴や楽しみどころを語った。

▲『FFXIV』サウンドディレクター、祖堅正慶氏(写真左)。写真に収まらりきらないほど多くのファンがステージを取り巻く。なお、トークイベント後に行われるサイン色紙お渡し会に参加するために必要な参加券だが、約300枚を超える枚数が早々に配布終了となっていた。

 続いて『FFXIV』のロックバンド、“THE PRIMALS”のギタリスト、GUNN氏とスクウェア・エニックス ローカライズ部の村田あゆみさんがステージに招かれ、シヴァ討滅戦の楽曲をアコースティックにアレンジした『忘却の彼方 Never Let it Go』を生演奏。これはアレンジアルバム『FINAL FANTASY XIV: Duality 〜Arrangement Album〜』のエクストラトラックとして収録されているものだ。『蒼天のイシュガルド』のメインストーリーにまつわる、美しくも哀しみに満ちた楽曲が初めてファンの前で生演奏される、かなり貴重な時間となった。

▲祖堅氏にスペシャルゲストとして紹介されたギタリストのGUNN氏。GUNN氏がアレンジメント&ギターを担当した『餓えた狼 〜ザ・フィースト〜』がバックに流れるなか登場。
▲祖堅氏もGUNN氏も、イベント開始の30分ほど前に会場入りしてリハーサルをしていないからと、『イマジネーション 〜蒼天聖戦 魔科学研究所〜』の一節でさらっと音合わせ。こういうライブ感がファンにはたまらない。
▲スペシャルゲストふたり目は、THE PRIMALSでボーカルを務める村田あゆみさん。こちらもリハーサルと称して『女神 〜女神ソフィア討滅戦〜』のワンフレーズを披露。祖堅氏が思いつきで選曲したため、「ソフィア 歌詞」とスマホで歌詞を検索しつつ歌っていたのがかわいらしい。
▲『忘却の彼方 Never Let it Go』を演奏。ああ、「For the last time (I won't say goodbye)」でどうしても涙腺が緩んじゃいますよね……。
▲静かに聴き入っていたファンから大歓声。「公式のビデオカメラが入っていたので、会場に足を運べなかった皆さんにも何かの機会にお見せできるといいですね」と祖堅氏(楽屋にて)。
▲ファンのとのふれあいは、濃密な制作作業のパワーになると話す祖堅氏。時間が許す方は、ぜひこの機会に近場の会場に足を運んでみよう!

●終了後にちょっとだけ楽屋インタビュー

──今回の生演奏はシビれました。東京以外ではどんなサプライズがあるのでしょう?

祖堅 もともと、この3人でのミニライブは東京だけの予定なんですよね。ほかの会場にお越しいただく皆さんには心苦しいのですが、さすがにふたりを全国連れ回すわけにはいきませんので……。

──毎度のことながら強行スケジュールですしね。

祖堅 ひとりでがんばれることをやろうかなと。むしろ、お客さんの中に楽器や歌ができる人がいたら、ステージにあがってもらおうかな(笑)。(編注:東京会場での盛り上がりを受けて、大阪会場に急遽シークレットゲストの登壇が決定したとのこと)

──セッションもいいですね(笑)。前回のインストアイベントツアーでは、新幹線→店舗→新幹線のドア・ツー・ドアでずっと蛍光灯の下に居て終わった移動もあったそうですが、今回は外に出て息抜きなどできそうなタイミングはありますか?

祖堅 滞在時間は目一杯お客さんとのコミュニケーションに充てる予定なので、外に出る機会はまったくなさそうです。地方のおいしいものは、空港や駅で食べることにします(笑)。

──そんな今回のインストアイベントツアーに、タイトルをつけるなら何でしょう?

祖堅 “『Heavensward』総集編”かな。あと1週間後には、新しい世界になってますから。「さよなら『Heavensward』!」。……本当はもうちょっと早くリリースしたかったんですけどね。お待たせしちゃって本当にすみません!

──サイン会では、ファンの方からどんなお話をされましたか?

祖堅 やっぱり、オーケストラコンサート(FINAL FANTASY XIV ORCHESTRA CONCERT 2017 交響組曲エオルゼア)を楽しみにしてくださっている方が多かったですね。「抽選に外れちゃったんですよ」って、すごく悲しい顔をしていた方もいらっしゃいましたが、じつは僕も外れちゃったんです(笑)。でも、このあともチャンスがまだまだあると思いますので、あきらめないでくださいね。