バンダイナムコエンターテインメントは、大人気対戦格闘ゲーム『鉄拳7』の、キャラクターエピソードトレイラー第4弾を公開した。

●5月29〜31日に行われる発売カウントダウンイベントの配信も決定!

 バンダイナムコエンターテインメントは、大人気対戦格闘ゲーム『鉄拳7』の、キャラクターエピソードトレイラー第4弾を公開した。

 以下、リリースより。


 株式会社バンダイナムコエンターテインメントは、PS4/Xbox One/STEAM『鉄拳7』のストーリーモード「キャラクターエピソード」のトレイラー第4弾を公開いたしました。併せてマスターレイヴン、ドラグノフ、リリ、アスカ、レオ、ヨシミツのストーリーを紹介いたします。

キャラクターエピソード&キャラクターストーリー公開

国連の諜報機関に所属するエージェント、コードネーム:マスターレイヴン。これまで数多くの危険な任務をこなしてきたマスターレイヴンは、今では数多くの部下を抱え、教官的役割を果たしていた。三島 平八の復帰により、三島財閥とG社による争いが活発化する中、国連の諜報機関は、その先の世界を見据えて動き始めていた。その任務の一環として、マスターレイヴンは極寒の地へと向かうのであった。
軍の指令により、The King of Iron Fist Tournament に参加することとなったセルゲイ・ドラグノフ。試合当日、指定された場所に現れたのは、どこか見覚えのある格好をした女であった。相手が何者であるか一瞬で悟ったドラグノフは、すぐさま臨戦態勢に入る。
今回も父親に内緒で The King of Iron Fist Tournament に参加したリリ。盛り上がる会場の観客に微笑み返していると、対戦相手として反対側の花道から現れたのは、リリが一方的にライバル視している風間 飛鳥であった。
以前 The King of Iron Fist Tournament で対戦して以来、一方的にライバル視をしてくるリリに振り回されてばかりの風間 飛鳥。いい加減、金持ちお嬢様の道楽に疲れ果てていた飛鳥は、決着をつけるため、大会に参加するのであった。
亡き母が、かつて三島財閥の研究者であったという事実を知ったレオ。その母の足跡をたどるため、レオはThe King of Iron Fist Tournamentに参加する。レオの対戦場所として選ばれたのは、幸いなことに三島財閥が所有する道場であった。
三島 平八が財閥頭首に復帰した後、三島財閥の動向に不穏なものを感じていた吉光は、真相を確かめるため、The King of Iron Fist Tournament に潜入する。対戦場所として選ばれたのは三島道場。そこは潜入任務にうってつけの場所であった。

 5月29日(月)、30日(火)、31日(水)の三日間、各日17:00~22:00の時間で秋葉原eスポーツスクエアにて実施する発売カウントダウンイベント『TEKKEN BAR』のTwitch配信が決定!ハイレベルな対戦や気になる家庭用モードの実況プレイなど、鉄拳7の魅力をお見せします!
※29日は18:00より配信開始予定

TEKKEN BAR配信URL
https://www.twitch.tv/tekken《⇒こちら》


鉄拳7
メーカー バンダイナムコエンターテインメント
対応機種 PS4プレイステーション4 / XOneXbox One / PCWindows
発売日 2017年6月1日(Steam版は2017年6月2日)発売予定
価格 8200円[税抜](ダウンロード版も同価格)※PS4、Xbox Oneのダウンロード版のみ、早期購入価格:7380円[税抜](2017年6月28日まで)
ジャンル 対戦格闘
備考 CERO:C(15才以上対象)