中国の北京を本拠地とするゲームパブリッシャーOasis Gamesは、プレイステーション4、プレイステーションVR、プレイステーションVita用ホラーアドベンチャーゲーム『DYING: Reborn』を、2017年5月25日より国内で配信開始することを発表した。

●「世界でたったひとり」の孤独感

 中国の北京を本拠地とするゲームパブリッシャーOasis Gamesは、プレイステーション4、プレイステーションVR、プレイステーションVita用ホラーアドベンチャーゲーム『DYING: Reborn』を、2017年5月25日より国内で配信開始することを発表した。

 以下、リリースより。


 Sony Interactive Entertainment 上海のオフィシャルパートナーであるOasis Games 社は、日本初リリースとなるゲーム「DYING: Reborn」を5 月25 日にリリースします。対応機種はPlayStation 4、PlayStation Vita、PSVR です。ダーク&ホラーをテーマにしたこのパズルゲームは、PSVR を筆頭に、それぞれの機種で異なる表情を見せます。日本で最初にリリースされる、中国のインディーズゲームのひとつです。PS4 ではフリーローミング、PSVR ではフリーローミングと30 度の回転操作が可能です。

※このDYING: Reborn を筆頭に、同社のゲーム「 Weeping Doll 」も日本発売を予定しております。

 DYING: Reborn は、主人公であるMathew(マシュー)という男性が、失踪した妹を探すところから始まります。消えた妹を探しているうちに、あることがきっかけで、主人公は不気味なホステルに拉致をされます。ホステルを脱出し、妹と再会をするために、主人公(プレイヤー)は奇妙なパズルゲームを読み解きます。また、パズルを解くごとに、重く悲しい主人公の過去に近づく……ストーリーも見逃せない、メンタルホラーゲームです。

 ゲームシーンでは、リアルで不気味な、まさにゾットする3D の光景がプレイヤーを囲みます。特殊なアイテムと頭脳を駆使しながらパズルを解いて、次の部屋へ、また次の部屋へ、と進み、ホステルを脱出することが、プレイヤーのミッションです。

 誰も助けてくれない、「世界でたった一人」の孤独感。そして、そっと耳に寄り添う音楽。身の毛のよだつ演出が、「恐怖」「再生」、そして「生」を引き立てます。

 ラストシーンでは、このゲームの随所に現れる「魚の頭」の由来でもある宿敵が待ち構え、プレイヤーに衝撃を与えます。

 PlayStation4 and PlayStationVita 版には、6 つのチャプターが、VR 版では3 つのチャプターがあります。PSVR 版はPS4 もしくはPS4 とVita のバンドルで購入が可能です。電源をオフにして部屋を後にした後も残る、恐怖の余韻をお楽しみください。

オリジナル吹き替えは日本だけ、その豪華なキャスト!

 世界中に配信されたこのゲーム。日本国内版の特徴はなんといっても「日本向けに吹き替えが用意された」ということ。しかも胸アツなことに、コルビー役にはなんと! 声優・木村昴さんがキャスティングされました。木村さんは、誰もしたことがないような、不気味なロールを演じます。その怪演に、鳥肌立てるご準備をしていてください。

 DYING: Reborn をプロデュースしたNEKCOM 社は、中国の某有名企業に携わっていた優秀な開発者によって設立されました。プロデュースチームは、これまでにも様々なAAA タイトルのゲームに協力をしており、例えばElectronic Arts 社の初めての3D ゲームエンジン開発の協力者でもあります。


DYING: Reborn
メーカー NEKCOM
対応機種 PSVPlayStation Vita / PS4プレイステーション4
発売日 2017年5月25日
価格 備考欄参照
備考 PS VITA:1700円 PS4 + PSVR バンドル:2200円 PS4 + PSVR + VITA バンドル:2800円 CERO PSVR:C(15 才以上対象)/PS4・PS Vita:D(17 才以上対象)