『シュタインズ・ゲート』などXbox 360の5タイトルがXbox One下位互換機能に対応

MAGES.は、Xbox 360版『シュタインズ・ゲート』を始めとする5タイトルが、本日2017年5月19日よりXbox One下位互換機能に対応したことを発表した。

●想定科学ADV『シュタインズ・ゲート』など5タイトルが対応

 MAGES.は、Xbox 360版『シュタインズ・ゲート』を始めとする5タイトルが、本日2017年5月19日よりXbox One下位互換機能に対応したことを発表した。今回、Xbox One下位互換機能に対応したタイトルは、『シュタインズ・ゲート』、『シュタインズ・ゲート 比翼恋理のだーりん』、『シュタインズ・ゲート 線形拘束のフェノグラム』、『バレットソウル -弾魂-』、『バレットソウル -インフィニット・バースト-』の5作品。

 以下、リリースより。


■想定科学ADV『STEINS;GATE』を始め、5タイトル対応!

 豊富なXbox 360用ソフトをXbox Oneでプレイ可能となる下位互換機能対応ソフトとして2017年5月19日(金)より、『STEINS;GATE』、『STEINS;GATE 比翼恋理のだーりん』、『STEINS;GATE 線形拘束のフェノグラム』、『バレットソウル -弾魂-』『バレットソウル -インフィニット・バースト-』の5タイトルがライナップされました。 今後も弊社Xbox 360タイトルは準備出来次第、順次対応される予定です。

■作品紹介

想定科学ADV『STEINS;GATE』
科学ADVシリーズ第2弾として2009年10月15日発売。
秋葉原でヘンテコ発明サークルを主宰する中二病の大学生・岡部倫太郎。ある日、彼は天才物理学者と言われる少女・牧瀬紅莉栖が殺害されている現場を目撃する。しかし、その後、死んだはずの紅莉栖と出会い、事件も無かったことになっていた。それは、偶然発明をした過去にメールを送れる機械によって過去を改変していたことが原因だった。そして、彼は人類の未来を左右する陰謀に巻き込まれる。過去改変に伴う大きな代償、孤独や絶望にさいなまれながら奮闘する岡部の姿が描かれる。 作中での携帯電話の使用によって、選択肢のないシナリオ分岐を実現したフォーントリガーシステムを搭載。 物語への没入感を維持したまま、ストーリーが変化する。

STEINS;GATE Platinum collection
希望小売価格 3,800円(税抜) / DL版 3,024円(税込)
CERO 「C」(15才以上対象)

想定厨×2ADV『STEINS;GATE 比翼恋理のだーりん』
2012年11月15日発売の『STEINS;GATE』スピンオフ作品。
シリアスな本編とは打って変わって、ラブコメ要素満載のちょっぴりスイートなドタバタ劇。 度重なる過去改変により、元の時間軸(世界線)とは大きなずれが生じた世界が舞台。ヒロイン達との急接近を思う存分堪能できる。

STEINS;GATE 比翼恋理のだーりん Platinum collection
希望小売価格 2,800円(税抜)/ DL版 3,024円(税込)
CERO 「B」(12才以上対象)

想定多元ADV『STEINS;GATE 線形拘束のフェノグラム』
2013年4月25日発売の『STEINS;GATE』スピンオフ作品。
主人公が異なる各話完結の全10篇。それぞれ主人公の視点から描かれ、本編では知ることのできなかった主要な人物達の心情や新たな側面を垣間見られる。

希望小売価格 7,140円(税抜) ※DL版は販売していません。
CERO 「B」(12才以上対象)

『バレットソウル -弾魂-』
2011年4月7日発売の熱血縦スクロールシューティング。個性的な3人のキャラクターが自機となる。敵の本体を破壊することで、飛んでくる敵弾を消し去ることができる独特のシステムを搭載。これにより、避けるよりも攻めることで活路を見出す超攻撃的なプレイを堪能できる。

希望小売価格 7,140円(税抜) DL版1,900円(税抜)
CERO 「A」(全年齢対象)

『バレットソウル -インフィニット・バースト-』
バレットソウル -弾魂-』をパワーアップし2014年4月24日発売。 新システム“合体バースト”でより攻撃的に進化。超破壊の爽快感を楽しめる。前作を再調整したノーマルモード、キャラバンモード、そしてDLCの追加キャラクターも搭載され、4人のキャラクターからプレイできるようになっている。

希望小売価格 通常版5,800円(税抜) DL版 5,554円(税込)
CERO 「B」(12才以上対象)