『真・三國無双8』独占スクープ! 『FFXI』15周年記念特集や『アイマス ミリオンライブ!』新作の情報も!!(2017年5月11日発売号)【今週の週刊ファミ通】

本日(2017年5月11日)発売の週刊ファミ通2017年5月25日号の表紙は、コーエーテクモゲームスのアクションゲーム『真・三國無双8』。オープンワールドに生まれ変わった新たな無双の詳細を公開!

●ゲームファンが選ぶ“アクションゲーム総選挙”の結果も発表!!

 週刊ファミ通2017年5月25日号(2017年5月11日発売)の新作スクープの目玉は、コーエーテクモゲームスの大人気アクションゲームの最新作『真・三國無双8』。シリーズで初めてオープンワールド形式を採用した、注目作の詳細を大公開! 攻撃アクションの仕組みが一新され、新キャラクターも追加されるなど、さまざまな“改革”が行われている『真・三國無双8』の魅力に迫ります。鈴木亮浩プロデューサー&宮内淳ディレクターのインタビューも見逃せません!!

 新作スクープでは、『真・三國無双8』のほかにも、バンダイナムコエンターテインメントより2017年配信予定のスマートフォン用アプリ『アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ』と、アークシステムワークスのアドベンチャーゲーム『探偵 神宮寺三郎 GHOST OF THE DUSK』を紹介しています。

 特別企画として取り上げているのが、スクウェア・エニックスのMMO(多人数同時参加型オンライン)RPG『ファイナルファンタジーXI』。正式サービスから15周年を迎える本作を16ページで大特集。現在のヴァナ・ディール事情や休止者に向けた復帰Q&Aのほか、開発者や声優・中村悠一さんへのインタビューなど、盛りだくさんの内容となっています。

 11号連続企画としてお届けするのは、ジャンル別ゲーム総選挙の結果発表の第1弾。ジャンル別ゲーム総選挙とは、「ゲームファンの投票で、“ファンにもっとも愛されているゲーム”を決めよう!」という、林編集長の発案から立ち上がった特集のこと。毎回異なるジャンルをテーマに掲げてファミ通.comにて総選挙を実施し、各ジャンルでもっともファンに愛された作品を選出します。記念すべき第1回のテーマとなったジャンルは、アクション。長い歴史のあるアクションゲームの中で、ファンに愛された作品の王座に輝くタイトルとは!?

 ここ数年で勢いを増しているのが、インディーゲーム。そこで、国内外の良質なインディーゲームを発掘・発信するプラットフォームの“PLAYISM”を特集。PLAYISMのキーパソンであるアクティブゲーミングメディアの水谷俊次氏へのインタビューを交え、その戦略に迫るほか、初出タイトルを含む最新情報を紹介しています。

 期待作の続報では、『世界樹と不思議のダンジョン2』、『GOD WARS(ゴッドウォーズ) ~時をこえて~』、『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』、『英雄伝説 閃の軌跡III』、『アライアンス・アライブ』などの最新情報を掲載。そして、発売直前特集では、ベセスダ・ソフトワークスの一人称視点サバイバルホラーアドベンチャー、『Prey(プレイ)』をピックアップ!

 付録のDLC福袋では、『プロ野球 ファミスタ クライマックス』、『ドラゴンズドグマ オンライン』どの特別なコンテンツが入手できます。

今号のおもな記事は、下記でご確認ください!


■新作スクープ:『真・三國無双8』

■新作スクープ:『アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ』

■新作スクープ:『探偵 神宮寺三郎 GHOST OF THE DUSK』

■特集:『ファイナルファンタジーXI』15周年記念特集

■特集:11号連続企画・ジャンル別ゲーム総選挙“アクションゲーム総選挙”結果発表

■特集:PLAYISM特集

■続報:『世界樹と不思議のダンジョン2』

■続報:『英雄伝説 閃の軌跡III』

■続報:『アライアンス・アライブ』

週刊ファミ通2017年5月25日号
発売日:2017年5月11日発売
特別定価:500円[税込]

■週刊ファミ通のご購入はこちら
※ebten(エビテン)

■電子版のご購入はこちら
※BOOK☆WALKER



(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.