コーエーテクモゲームスは、2017年発売予定のプレイステーション4、プレイステーション Vita、Nintendo Switch用ソフト『よるのないくに2 ~新月の花嫁~』について、最新情報を公開。

●リリアーナを取り戻すべく、アルーシェは廃都を目指す

 コーエーテクモゲームスは、2017年発売予定のプレイステーション4、プレイステーション Vita、Nintendo Switch用ソフト『よるのないくに2 ~新月の花嫁~』について、最新情報を公開。主人公・アルーシェが出会う新キャラクターや新たなリリィ、新たな“従魔(セルヴァン)”などが明らかになった。

●アルーシェとともに戦う新たなリリィ

戦うショコラティエ
エレノア・エルネスト(声:田中あいみさん)

究極のチョコレートの材料を求めて、世界を放浪するショコラティエ。
その存在は妖魔の世界にも知れ渡るほど。
商人の仕事をしているが、すべてのお金はチョコレートを作るために消える。
元気で明るい性格の持ち主だが、チョコレートのこととなると暴走する一面も。
巨大ミキサーハンマーを振るい、リリィとしてアルーシェの戦いをサポートしていく。

▲商人としてお金を稼ぐのも、すべてはチョコレートのため。彼女の情熱は、究極のチョコレート材料を集め、究極のチョコレートを作ることに捧げられている。

●アルーシェと出会う新たな登場人物

ルルドの巫女
ロエルジリス(声:松浦チエさん)

ルルド教団の教祖。
弱々しく痩せ、目に包帯を巻き、清らかな水に身体を浸している。
教皇庁と敵対し、“刻の花嫁”が捧げられることを阻止しようとしている。

▲憂うように視線を下げるロエルジリス。彼女の瞳にはいったい何が映し出されているのか?

●主人公とともに戦うパートナー、リリィ

 リリィとは、アルーシェと協力し、ともに戦ってくれる頼もしい美少女ヒロインたち。ともに戦い、絆を深めることで、リリィたちは新たな能力に目覚めたり、絆を確かめ合うイベントが発生する。

◆リリアーナ・セルフィン(声:茅野愛衣さん)
 アルーシェとルーエンハイドの幼なじみ。アルーシェと再会したうれしさからか、恥ずかしそうに瞳を揺らす。リリアーナは太陽への祈りを力に変えられる巫女であり、癒しの力や時を止める力でアルーシェの戦いをサポート。

◆ルーエンハイド・アリアロド(声:小松未可子さん)
 アルーシェとリリアーナの幼なじみ。まっすぐで熱い想いを持ち、扱うのは感情で変化する剣。騎士であるルーエンハイドの特殊スキル“かばう”はアルーシェのダメージを肩代わりしてくれる。

◆カミラ・有角(声:山村響さん)
 起き上がったばかりのアルーシェに静かな視線を注ぐカミラ。銃を使った遠距離からの攻撃が得意で、バレルの付け替えで面制圧や高威力精密射撃が行えるため、多くの場面で活躍する。コートの中にはさまざまなアイテムを隠し持っているようだ。

◆ミュベール・フォーリン・ルー(声:古木のぞみさん)
 アルーシェと親しい先輩騎士だったミュベールは、みずからが堕ちた妖魔へとアルーシェを誘う。アルーシェと同じ血剣を手に、聖騎士だった頃の腕前と妖魔の力を振るい、アルーシェと息の合った戦闘で敵を迎え撃つ。

◆ヴェルーシュカ(声:富田美憂さん)
 両腕の刃に蒼い血への憎しみを乗せ、アルーシェと対峙するヴェルーシュカ。ある出来事を経てアルーシェとともに戦うことに。ダガーによる連続攻撃と素早い動きで、敵を翻弄しながら戦う。

◆アルーシェの前に立ちはだかるのは……
 妖しく瞳を光らせ、大剣の切っ先をアルーシェに向けるアーナス(声:M・A・Oさん)。かつて邪妖による人間への被害を食い止めていた絶大な力を持つアーナスだが、アルーシェの前に現れたその目的は……?

●よるの闇に想いと命を掲げた3人の少女の物語

 邪妖から人々を守る組織・教皇庁。そこでエージェントを務めている主人公・アルーシェに、巫女であるリリアーナを護衛する任務が与えられた。

 襲い来る妖魔を倒したのもつかの間、アルーシェの背後から忍び寄る妖魔。リリアーナは時を遅らせる能力を使ってアルーシェの危機を救うが、教皇庁からつぎなる任務としてアルーシェに与えられたのは、“刻(とき)の花嫁”として選ばれたリリアーナを“妖魔・月の女王”まで届けることだった。

 苦悩するアルーシェの前を、教皇庁と敵対する組織・ルルド教団に所属するもうひとりの幼なじみ、ルーエンハイドが阻む。リリアーナを救いたい想いは共通にも関わらず、立場の違いから一触即発の空気に……。
 そこへ突如、強力な妖魔が襲う。リリアーナを守るために必死に戦うふたりだが、アルーシェは胸を刃に貫かれ、はかなくも命を散らしてしまった。

 研究室で目覚めたアルーシェは、一度自分が死んだこと、半妖として生き返らされたことを知る。半妖として新たな力を得たアルーシェは、行方不明のリリアーナを捜すため、邪妖と戦い始めることに。

 一方その頃、教皇庁と敵対する組織・ルルド教団にも動きが。ロエルジリスの指示に従い、ヴェルーシュカはその足で教皇庁に所属する半妖――アルーシェのもとへと向かう。
 アルーシェを狙う影はひとつではない。かつてアルーシェと同じ騎士団に所属したミュベールもアルーシェの前に立ちはだかり、その道を阻む。数々の思惑が交錯するなか、アルーシェはリリアーナを探すため、よるを駆けるのだが――。

●アルーシェの進むべき道となる“従魔(セルヴァン)”

 邪妖のなかにも、蒼い血に侵され切らず自我を保った邪妖が存在。彼らを救出すると従魔として仲間になり、ともに戦い続けることになる。

▲ネーロ(トリッカータイプ)
▲フィーユ(トリッカータイプ)
▲シャルフ(トリッカータイプ)

◆トリッカー
 特殊な技を放つことができるトリッカーは、アルーシェの道を切り開くなど、さまざまな場面で活躍。

▲茨の壁もネーロの炎なら破壊可能。
▲シャルフは雷の力で障害を取り除く。

◆ストライカー
 姿を変えることができるストライカーは、大剣やランス、鏡の盾などアルーシェの強力な装備となり、アルーシェとともに強大な敵と戦う。

▲蜂の従魔のピッツ。
▲変身すると巨大な槍、パルチザンに。

◆新たな従魔

▲美しい青い羽を持つ優雅な蝶の従魔、ファルファラ。トリッカーとしての能力で大ジャンプをすることができ、ステージ内の崖も飛び越えられる。
▲ヘクサーは、魔術師のような装いと演技がかった喋りかたが特徴の従魔。トリッカーの能力で敵からアルーシェの姿を隠し、見えなくしてしまう。

●アルーシェたちの成長

 アルーシェは、敵を倒すときに浴びる“Blood”を使うことでレベルアップ。攻撃力などのパラメーターが成長し、“AbilityPoint”を獲得する。

▲棺のようなメンテナンス場所。ここに入り、アルーシェは自分の身体を成長させる。
▲戦闘を通じて獲得したAbilityPointで、好きな能力を開放することが可能。各能力はツリー構造になっており、条件を満たすことで解放されていく。

 リリィはアルーシェとともに探索することで、従魔はクエストクリアー時に貰える専用の経験値“従魔Point”を使うことでレベルアップ。また、従魔はパラメーターが上がると“進化”や “転生”ができるようにもなる。

●華麗に戦う美少女たちの姿

 ストーリーが進み、拠点となるホテルへ入れるようになること、コスチュームを入手していることでコスチュームチェンジが可能となる。今回は、水着姿で戦う美少女たちの姿が明らかになった。

▲剣を振るうアルーシェとルーエンハイド。コスチュームを変更することで、水着のまま戦うことも可能に!
▲ルーエンハイドとの強力な必殺技、リリィバーストを発動する際も水着姿。凛とした面持ちで、襲い来る邪妖たちをふたりで蹴散らしていく。