2017年4月23日、東京・アキバ・スクエアにて、カプコンのアクションゲーム『モンスターハンターダブルクロス』(以下、『MHXX(ダブルクロス)』と『モンスターハンター ストーリーズ』の公式大会“モンスターハンター頂上大会 2017 東京地区大会”が開催された。

●スゴ腕ハンター&ライダーがアキバに集結!

 2017年4月23日、東京都千代田区アキバ・スクエアにて、カプコンの人気作『モンスターハンターダブルクロス』(以下、『MHXX(ダブルクロス)』と『モンスターハンター ストーリーズ』(以下、『MH ストーリーズ』)の公式大会“モンスターハンター頂上大会 2017”が開催された。本記事では、全国6都市で開催される大会の皮切りとなる東京地区大会の模様をリポートしていく。

<モンスターハンター頂上大会2017開催スケジュール(開催場所)>

※完全応募招待制。参加したい方は公式ホームページ公式ホームページをチェック!

名古屋地区大会:2017年4月30日(吹上ホール・第2ファッション展示館)
福岡地区大会:2017年5月5日(博多スターレーン)
大阪地区大会:2017年5月14日(インテックス大阪5号館)
仙台地区大会:2017年5月21日(アズテックミュージアム)
札幌地区大会:2017年5月27日(サッポロファクトリーホール)
決勝大会:2017年6月25日(東京ビッグサイト・東8ホール)※『MHXX(ダブルクロス)』公式大会のみ実施

▲会場内には大会関連の催し以外にもバルファルク装備や『モンハン』シリーズの展示、物販コーナー、『大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-』と『ウルトラストリートファイターII ザ・ファイナルチャレンジャーズ』の体験コーナーなど、目を引くものが盛りだくさん。そこかしこで人だかりができていた。
▲会場内では大会の予選も開催された。早くも熱気ムンムンだ!

●大会以外にもステージイベントには注目ポイント満載!

 会場に設置されたメインステージでは『モンスターハンター』シリーズプロデューサー辻本良三氏、『MHXX(ダブルクロス)』プロデューサー小嶋慎太郎氏、『モンスターハンター ストーリーズ』ディレクター大黒健二氏、『MHXX(ダブルクロス)』ディレクター市原大輔氏、『MHXX(ダブルクロス)』メインプランナー平岡拓朗氏、『MHXX(ダブルクロス)』プランナー土谷昇氏ら開発陣が登壇し、来場者を楽しませるイベントや新情報の紹介を行った。

▲左から、辻本氏、大黒氏、小嶋氏、市原氏、平岡氏。
▲『モンハン』のイベントではおなじみの世界設定講座も開催。本会場では、遺群嶺に見られる山岳信仰・山の神信仰の跡や、肺が骨の先に突き出るまで発達・進化を遂げたバルファルクなどの解説が行われた。

≪新情報紹介≫

 辻本氏ら開発陣が『モンハン』シリーズに関する新情報を続々と発表!

▲辻本氏が手にしているのは、7月に発売が予定されているという大タル爆弾型リュック! デカい!

・モンスターハンターオーケーストラコンサート狩猟音楽祭2017開催

 すさまじい人気を誇るモンスターハンターオーケーストラコンサートが今年も開催決定! チケット情報などはモンハン部の公式ホームページをチェック!

<開催日時(場所)>
2017年8月11日(オリックス劇場)
2017年8月26日(東京国際フォーラム)

・『パズドラ』×『モンハン』コラボ

 国民的スマホアプリ『パズドラ』と『モンハン』のコラボを実施! 『モンハン』シリーズのモンスターが『パズドラ』に登場するだけでなく、『モンハン』シリーズの特色を活かした素材が手に入るダンジョンも用意されている。

<開催期間>
2017年5月1日午前10時~14日午後11時59分まで開催!

・『MHXX(ダブルクロス)』リアル集会所第2弾

上野(東京)と天王寺(大阪)にて、4月25日より『MHXX(ダブルクロス)』リアル集会所がオープン! 新コラボメニューも多数追加!

・『MHXX(ダブルクロス)』×ALOOK コラボメガネ!

 これまでも幾度かコラボを行ってきたALOOKとの『モンハン』のコラボが実現! モンスターをイメージしたおしゃれなメガネを手に入れるチャンスだ!

<予約受付期間>
2017年4月26日~5月7日

・ゼルダの伝説コラボDLCを先行配信

 2017年4月24日午前11時59分より全国のセブンイレブンのセブンスポットより『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』のコラボクエスト、ギルドカード(背景)、称号が配信される。

・イベントクエスト配信

 2017年4月24日よりG級のクエスト“急募・炭鉱採掘求ム”が配信中。燃石炭以外にもお守り系アイテムも採掘可能だ。

≪開発者チャレンジクエスト≫

 辻本プロデューサー、市原ディレクター、平岡メインプランナー、土谷プランナーの4人がクエストに挑戦するコーナー。挑戦の結果により、さまざまな報酬が配られる。なお、土谷プランナーは、かつて“∞(インフィニティ)”チームの“のん”として狩王決定戦に参加し、優勝するという輝かしい記録を残したこともあるほどの実力者だ。

▲写真いちばん右が元狩王の土谷プランナー。狩王決定戦でステージに立つよりも緊張していたそうだ。

今回の目標:獰猛化ディノバルド(制限時間10分)
クリアー報酬:Twitterキャンペーン(#MH頂上大会ハッシュタグをつけたツイート・RT数に応じてプレゼント数が増加)により金のたまご・プラチナのたまごを配信、会場で行われるじゃんけん大会の景品にグッズを追加

 クエストが始まると4人とも連携しつつ狩猟を開始。獰猛化ディノバルドを睡眠、麻痺、気絶に陥れて動きを封じ、大打撃を与えていく。辻本氏も大タル爆弾を要求されると、爆弾型リュックをテーブルに置くという渾身のギャグを決めるほど余裕を見せた。だが、制限時間が迫るとやや雲行きが怪しくなる。土谷プランナーが力尽きてしまったのを皮切りに、捕獲失敗、辻本プロデューサーのダウンと体勢がガタガタに。そして、タイムアップ寸前で市原ディレクターも力尽きてしまい、挑戦はあえなく失敗となってしまった。しかし、小嶋プロデューサーの「1会場目からキャンペーンおあずけは縁起が悪い」という言葉により、キャンペーンによるアイテムのプレゼントが決定。さらに、じゃんけん大会のグッズは力尽きた3人が自腹で購入して追加することとなった。