“ニコニコ超会議2017”最終発表会詳細リポート ビートたけしや小池都知事も参戦決定!で、とにかく見どころがてんこ盛りなんです!

2017年4月17日、“ニコニコ超会議2017”の最終発表会が開催された。その模様をお届けしよう。

●冒頭でニコ動バージョンアップを発表

 2017年4月29日、30日に千葉県・幕張メッセで開催されるイベント、“ニコニコ超会議2017”。その最終発表会“~開催まであと12日!直前だけど超新企画まだまだあって、どーもすいません!~”が、4月17日に、都内のニコファーレで開催された。新企画や出演者の公開で大いに盛り上がった、その発表会の模様をお届けしよう。

[関連情報]
“ニコニコ超会議2017”小池百合子都知事やビートたけしらが出演決定――Nintendo Switch『マリオカート8 デラックス』は実況ステージを公式生放送

 発表会は、恒例の“ニコニコ超会議”の過去開催の様子をまとめたイメージビデオの上映で開幕。そしてステージにはこちらも恒例の、進行役となるドワンゴの夏野剛氏、伴龍一郎氏、奥井晶久氏のMCトリオが登場。いつも通りの3人の軽快なMCのやり取りとともに、ラストとなる最新情報がつぎつぎにお披露目された。

▲オープニングのPVのあと、ステージにはおなじみの3人が司会として登場。左から夏野氏、伴氏、奥井氏。

 冒頭で公開されたのは、“ニコニコ超会議2017”関連の話題ではなく、なんとニコニコ動画がバージョンアップするというビッグニュース! 4年ぶりとなるその新バージョンは、“niconico(く)”(読み方:クレッシェンド)で、10月に提供開始予定だ。ここではイメージビデオが流されたほか、ドワンゴの川上量生会長が登壇して概要を紹介。あわせて、サーバー増強も予定されていることも発表された。

[関連記事]
niconico、約4年ぶりの新バージョン“く”が10月より提供開始――サーバー、画質、遅延問題の解決へ

▲バージョンアップとともにサーバーも増強。ニコニコがさらに進化する。

▲代表取締役の川上氏みずからが、バージョンアップの内容を説明。

 続いて、いよいよ“ニコニコ超会議2017”の最終発表に。まずは、開催概要とともに、協賛企業などがおさらいされた。ここでは開催日程などが改めて確認されたほか、追加となった企業として、任天堂、RIZAPなどが紹介された。

▲協賛社などが改めて報告された。

●各界の超人や笑点メンバーも参戦!

 そしていよいよ本題となる、“ニコニコ超会議2017”の最新情報の発表に。発表会では、会場マップが正面と両サイドのスクリーンに大きく表示され、各発表とともに関連ブースがズームアップするという趣向で進行した。初公開された情報を企画ごとにまとめて、ステージでのスクリーンや資料画像とともに紹介していこう。

<超・超人スポーツ>

 参加できる競技、“DBoooN!(ドボーーン!)”、“バブルジャンパー!”、“HADO!”などの、参加条件や基本ルールが確定。また各界の“超人”が集結する“超・超人祭り”の開催も決定した。小林幸子さん(歌)、篠原信一さん(柔道)、青木愛さん(シンクロ)、古木克明さん(野球)という、ジャンルの異なる4名の超人がエキシビションマッチを開催する。

▲主要3競技のルールが説明された。“DBoooN!”は、ドローンを使用する新競技だ。

▲各界から4人の超人が参戦。左から、小林さん、篠原さん、古木さん、青木さん。

<石黒研究室の恋愛実験神社>

 人間型ロボットの開発で知られる大阪大学知能ロボット学研究室(石黒研究室)と、ニコニコ神社がコラボレーションした企画。面識のない男女がペアで個室に入り、タッチパネルに順次表示される言葉を二者択一してトークラリーを行うことで、“タッチパネルを使った選択式会話は自由会話よりも距離が縮まるのか?”というテーマを検証する。 巫女役として、アンドロイドル“U”が出演。

▲イベントの流れ。見ず知らずの男女がブースに入り、タッチパネルで会話する。

▲実験目的などがスライドで解説された。

▲男女の仲は、巫女役のアンドロイドル“U”が取り持つ。

<超ボーカロイドエリア>

 全出演者が発表されたほか、タイムテーブルも公開。また東京スカイツリーでのボカニコイベント開催や、ボカロ絵師の作品展の実施なども明らかに。作品展には、かんざきひろさんと三輪士郎さんの参加が予定されている。なお超ボーカロイドエリアについては、4月21日に特番も予定されているので、ファンは要チェックだ。

▲ステージ概要と全出演者が決定した。

▲ボカロ絵師の活躍を紹介する展示企画も実施。

▲ニコ超とはべつに、東京スカイツリーでのイベント開催も決定した。

▲超ボーカロイドエリアの特番は4月21日放送予定。

<超♯コンパスステージ>

 バトルに参加する実況者、コスプレ撮影会に登場するコスプレイヤー、ライブの出演者たちを紹介。

▲同ブースに登場売る実況者、コスプレイヤー、ライブ出演者たちが紹介された。

<超!ギネス世界記録>

 ギネス世界記録に挑むこのブースでは、新たな挑戦が決定。日本テレビ『笑点』のメンバーが超会議に初参戦し、来場者と協力して番組おなじみの座布団を使い“座布団積み上げギネス世界記録”に挑戦する。 発表会のステージにはスペシャルゲストとして林家三平さんが登場し、意気込みを語った。ちなみにイベントのブースにはゲストとして、4月29日には林家三平さん、春風亭昇也さん、柳家わさびさんが、4月30日には林家木久扇さん、山田隆夫さん、鈴々舎馬るこさんが登場する予定となっている。

▲ギネスに挑戦する新企画のテーマは、なんと“笑点”。ステージにはゲストとして林家三平さんが登場。

▲番組おなじみの座布団を、どれほど高く積み上げられるかに挑む。

▲ブースには日替わりで豪華ゲストが出演予定。

●多彩なブース展開は注目必至!

 サプライズゲストで盛り上がったあと、発表会は後半戦に突入。ここでも矢継ぎ早に、最新情報が公開された。以下がその概要となる。

<超ゲームエリア>

 当日遊べるゲームの内容を発表。アーケードやスマホアプリでどんなゲームが登場するのかも確定した。ゲーム実況グループの団体戦やライブステージなど、注目の企画が目白押しだ。

▲アナログゲームから最新のスイッチ用タイトルまで、多彩なゲームが勢ぞろい。

▲ゲーム大会やステージイベントも開催される。

<言葉の魔法展ブース>

 “ニコニコ超会議2017”のキャッチコピー「この景色の中にあたらしい『いま』。」を考案し、書き下ろしたスタジオジブリプロデ ューサーの鈴木敏夫氏が、約20畳の大書に挑戦。ちなみに、この鈴木氏の大書には、宮崎駿氏が書き下ろした落款が押されるとのこと。また、同木氏が記したスタジオジブリ作品に関するセリフや言葉の書が展示されるほか、『となりのトトロ』でおなじみのメイのセリフ、“とうもころし”、“おじゃまたくし”をモチーフにしたTシャツも限定販売される。巨大なキャンバスに来場者が“マックロクロスケ”を描くことができるコーナーも展開予定。

▲ジブリの鈴木敏夫氏をフィーチャーしたブースを展開。

▲大書へのチャレンジほか、多彩な企画が予定されている。

▲メイのセリフをデザインした、超会議限定Tシャツも販売。