『GUILTY GEAR Xrd REV 2(ギルティギア イグザード レヴ ツー)』発売前のプレイステーション4版をひと足早く体験! “家庭用最速体験会”をリポート

2017年3月26日、東京都二子玉川の楽天クリムゾンハウスにて、プレイステーション4版対戦格闘ゲーム『GUILTY GEAR Xrd REV 2(ギルティギア イグザード レヴ ツー)』の体験会が実施された。デモプレイやトークイベントが楽しまれた現地の模様をリポートする

●発売前のプレイステーション4版をひと足早く体験

 2017年3月26日、東京都二子玉川の楽天クリムゾンハウスにて、プレイステーション4版対戦格闘ゲーム『GUILTY GEAR Xrd REV 2(ギルティギア イグザード レヴ ツー)』(以下、『GGXrdR2』)の体験会が実施された。ふたりの新キャラクターを含むデモプレイや、開発陣のトークイベントなどが楽しまれた現地の模様をリポートする。

 『GGXrd』は、アークシステムワークスが開発する対戦格闘ゲーム。2D格闘ながら3Dモデルを使用したビジュアルのクオリティが高く、ロックサウンドの中で繰り広げられるドハデなバトルが人気を博しているタイトルだ。同作は2017年5月25日にシリーズ最新作となる『GGXrdR2』の発売を予定しており、今回のイベントはゲームをひと足早く体験できる“家庭用最速体験会”として実施された。
 体験会の会場となったのは、楽天クリムゾンハウス。エントランスホールにはプレイステーション4版のデモプレイ機が設置され、来場者が代わる代わるプレイ。同作の目玉となっている、ふたりの新キャラクター“梅喧”と“アンサー”を中心に対戦が楽しまれていた。

現地には開場前から多くのファンがあつまり、新作への期待感をひしひしと感じさせていた。

●トークイベント

 カンファレンスホールでは開発陣が出演するトークイベントを実施。『ギルティギア』シリーズのゼネラルディレクター・石渡太輔氏がプレゼンターとなり、解説を関根一利氏、パーソナリティを片野旭氏が務める布陣で進行された。

写真左より、関根氏、石渡氏、片野氏。

 オープニングの挨拶を済ませると、『GGXrdR2』の新要素や見どころを紹介。まず本作では入門者サポート機能を強化しているとのこと。旧作ではミニゲーム感覚で風船を割るチュートリアルが実装されているのだが、本作ではそのミニゲームが新たに追加される模様。本作から始めるプレイヤーはチュートリアルからゲームを覚えられることはもちろん、タイムアタック的にやり込める要素になっているので、ミニゲーム好きも期待して欲しいと話していた。加えて、今更聞けないような疑問のFAQを実装。ゲームで行き詰まった時の答えや、“あなたにはこんなキャラが合っている”といった内容になっており、最初から見ると言うよりも困った時に役立てて欲しい機能となっているとのことだ。

 続いては本作から新たにバトルに加わる、ふたりの新キャラクターを紹介。下記がそのキャラクターの概要だ。

アンサー:新規参戦のビジネス忍者。バトルの最中もずっと誰かと電話している。記憶力が良く、その点をチップに買われて重宝されている。正統派忍者らしく、バトルスタイルは“忍者っぽい忍者”。

梅喧:旧作シリーズからREV2に参戦。旧作ではガード中に発動する必殺技を多く備えていたが、REV2ではバトルスタイルを一新。当身技で攻撃を受け止めて、反撃技を繰り出す性能が特徴になっている。ガード中にも当身技を発動できるが難度が高く、使いこなすにはやり込みが必要。

 また、既存キャラクターたちも新技を加えるなどのリファインを実行。従来通りに扱えるキャラも、新たな戦法を考える必要があるキャラも存在するが、アクセルは特に変化しており、戦い方をガラッと変える必要があるとのことだ。

 続いては今夏アメリカで開催予定となっている、対戦格闘ゲーム複数タイトルの大型大会“EVO2017”について。同大会では、アークシステムワークスの『GGXrdREV2』と『ブレイブルーセントラルフィクション』の2タイトルが競技種目として選出されており、同社は両タイトルに各10000$の賞金を提供するとのこと。また現地には企業ブースを設置し、生放送を実施。現地の熱を配信することを発表した。

こちらは日本で開催予定のEVOJAPAN前哨イベント“賽”について。『GGXrdREV2』が競技種目となり、誰でも参加できるオープントーナメントとなっているので、是非参戦して欲しいとの旨がコメントされた。

 続いては、同作の新情報を発表。以下がその主だった項目だ。
・アーケード版は2017年3月30日に全国一斉稼働。無料チュートリアルを実装しており、ゲームセンターに足を運んだ際には無料でゲームを体験可能。プレイヤーの腕前の目安となっている“段位”は面白い試みを用意しているので、プレイヤーズギルドに注目して欲しい。
・家庭用のストーリーモードには、本筋とは離れたショートストーリーが追加。旧作の『GGXrd SIGN』のストーリーモード全編がニコニコ動画にて2017年4月28日~5月7日まで無料公開。『GGXrd REVELATOR』のストーリーモード全編がユナイテッド・シネマ豊洲にて2017年5月12日にオールナイト上映決定(詳細は後日公開)。
・家庭用のネットワーク機能を一新。ロビーではゲームの最新情報が掲示板に張り出されたり、3試合先取制の対戦台を設置。腕前によって変化する“ネットワークカラー”でプレイヤーを判別し、初心者ロビーへの入室に条件を設定。初心者ロビーで腕を磨いたプレイヤーが順次初心者ロビーを巣立っていけるように。
・本作パッケージ版はプレイステーション4版のみ。プレイステーション3版とプレイステーション4版の『GGXrd REVELATOR』を持っていれば2000円でアップグレード可能。なお、楽天ブックスで購入した場合には豪華特典アリ。プレイステーション4で使用できる、ギルティギア仕様のカスタムテーマが付属される。