【ネタバレ注意】祝発売! 『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』ファーストインプレッション、バトル紹介動画も公開

『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』発売を祝して、週刊ファミ通の攻略ライター・堤教授によるファーストインプレッションと、本作の魅力のひとつであるバトルを紹介するプレイ動画を公開。

●ネタバレに遭遇する前にぜひ自分自身で体験を!

 本日2017年2月23日、ついに発売されたスクウェア・エニックスのプレイステーション4向けアクションRPG『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』。本稿では、発売を祝して、週刊ファミ通の攻略ライター・堤教授によるファーストインプレッションと、本作の魅力のひとつであるバトルを紹介するプレイ動画を公開。
※ネタバレを含みますので、ご注意ください。



 『NieR』と言えば、ディレクター・ヨコオタロウ氏が描き出す独特の世界観と先の読めないストーリーが特徴的のひとつ。ネタバレは避けたいので、とくに内容には触れませんが、そちらに期待している方はまず間違いなく満足するものになっていると思うのでご安心を。「前作は遊んでないけど大丈夫?」と不安な方もいるかもしれないですが、私も前作は未クリアーの人間です。まったく問題ないです。ただ、私のように本作をクリアーしたときに“『NieR:Automata』ロス”的な状態になって、きっと前作を遊ぶことになるでしょう。

 物語とともに、本作を支えるもうひとつの柱になっているのが、プラチナゲームズが手がけるアクション、そしてオープンワールドで楽しめるRPG部分。体験版(インプレッションはこちら)もあるので、アクションの気持ちよさを体感した方は多い思います。今回は、製品版でその魅力を動画にしてみました。

※60FPSの動画に差し替えました(2月23日15時)


 それに加えて、本編には2B以外の操作キャラクターがいたり、飛行ユニットでのシューティングパートがあったり、9Sでハッキングしたりと、いろいろな遊びが散りばめられています。単調とはまさに対極にある存在で、ストーリーを含めて、プレイ中はつねに心拍数が上がっていました。各地に隠された武器探し、よりよいチップ集め(合成)、釣りなど、オープンワールドの強みを活かした探索要素や仕掛けもたくさん用意されていて、ボリュームも満点。サブクエストやウェポンストーリーでも、ヨコオ節は十分に発揮されています。

 正直、前作はネタバレを先に耳にしてしまったせいで、当時はプレイすることはありませんでした。しかし、本作に触れてみて、実際に自分でキャラクターを動かし、敵と戦い、世界を見てきたからこそ胸に去来するものがある、ということを再確認させられました。図らずもネタバレが目に入ってしまう前に、ぜひとも皆さん自身の手でアンドロイドたちの運命を見届けていただきたいです。

 最後になりますが、体験版で2Bのお尻に魅了されてしまった人も、そっち方面でもさらに楽しめる要素があるのでお見逃しなく。ヒントは、L3+R3……。




004 10_ポッドの移動サポート
02_釣り_1 11
16_工場廃墟:両手剣での戦闘2 17_砂漠地帯:格闘武器での戦闘1
(C)2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.