バンダイナムコエンターテインメント・ヨーロッパは2017年1月30日〜2月2日の期間、スウェーデンで新作発表イベント“LEVEL UP WINTER EDITION”を開催。『Project CARS 2(プロジェクトカーズ2)』のリアルさを驚きの手段で伝える発表イベントのリポートをお届け。

●驚きの雪上実車走行体験イベントも実施された発表イベントを開催

 バンダイナムコエンターテインメント・ヨーロッパ(以下、BNEE)は2017年1月30日〜2月2日の期間、スウェーデンで新作発表イベント“LEVEL UP WINTER EDITION”を開催。有力デベロッパーと共に開発が進められている2017年発売の戦略タイトル群が発表される中で、全世界で大ヒットしたリアル・レーシング・シミュレーターの最新作となる『Project CARS 2(プロジェクトカーズ2)』の発売決定イベントが行われました。本稿では、驚きのアクティビティも実施された本作の発表&試遊イベントのリポートをお届けします。

●『Project CARS 2』の発表に先立ち、雪上体験走行会を開催

 海外で行われるこういった発表イベントと言えば、通常はアメリカやイギリス、フランスといった都市部で開催されることが多いところ、今回の開催地は、北欧のスカンジナビア半島にあるスウェーデン。なぜ、1月末〜2月頭という1年でもっとも寒い時期に、平均気温が氷点下という寒い地方でイベントが行われるのだろうと筆者は疑問に思いつつ、一路スウェーデンのストックホルムにあるアーランダ空港へやってきました。さらに、そこから現地の飛行機に乗り継いでさらに北上し、シベリアよりも緯度が高いアルヴィッツヤウルというところがイベント会場となっています。空港に到着した後、招待されたメディア陣一行といっしょにバスに乗りこみ、このまま発表会の会場へと連れて行かれるのかと思いきや、バスは大自然の山間の中にある小さなロッジに到着。

▲筆者を含むプレス陣が連れてこられたロッジ。辺りは見渡す限り、建物もない森林地帯といったところ。
▲ロッジの裏手には、広大な雪原地帯が広がっており、その手前側には所狭しとメルセデス・ベンツがズラリと勢揃い。

 到着後に少し調べてみたところ、スウェーデンやフィンランドでは自動車メーカーが特別なドライビングスクールのようなイベントを行っており、今回連れてこられた場所はメルセデス・ベンツが主催する雪上ドライビング体験イベントの開催会場といった様子。ここでBNEEのアンドレ・パーソン氏が登場。「今日はここでみんなに、雪上路面でのドライビング体験をしていただきます」とあいさつが行われた後、我々メディア陣は3つのグループに分けられ、そのまま氷上に置かれているベンツの元へ集合。言われるがままにクルマを走らせることになりました。

▲空港から直接ロッジに連れてこられたプレス陣。奥で説明をしている人物は、BNEEのコミュニケーション&イベントディレクター、アンドレ・パーソン氏。
▲ロッジの横には、誇らしげに雪上を走るメルセデス・ベンツの車列と、“Driving Events”の文字が書かれている看板が掲示されていました。
▲近づいてみると、2ドア、4ドア、ワゴンタイプと、さまざまなタイプのベンツが用意されています。
▲日本では使用が禁止となっているため、長らく見ることがなかったスパイクタイヤを装着。
▲見渡す限り、どこまでも続く雪原地帯。地図を見るとここは巨大な湖で、厚い氷が張っていることで、広大でフラットな雪原スペースができているようです。

 指導教官が乗るクルマに付いて湖上を走ったところ、ジムカーナのようなショートコースに到着。追い抜きは絶対禁止、スタック(雪にタイヤが埋もれて走行不能状態になること)したらハザードを付けてレッカーが来るまで待機する、等といった基本ルールの説明を受けたら、後はフリー走行のスタートです。

▲クルマの操作説明もなく、何の心の準備もできていない状態で、いきなりの雪上ドライブ体験の始まりです。筆者にとっては、左ハンドルがすごく新鮮です。
▲雪上なのでコレといった目印はありませんが、要所にあるポールとクルマの走行痕で、走るべきコースがわかるようになっています。
▲ベンツの電子制御の優秀さとスパイクタイヤのグリップ力で、ちょっとやそっとでは挙動が乱れることはありませんが、当然気を抜くとこのように簡単にスピンしてしまいます。

 BNEEの戦略的新作発表会ということで、スウェーデンまでやってきていきなりの雪上ドライビング体験ということでかなり驚かされましたが、1コース45分×3コースの走行を終えて感じたことは、「雪道の走行ってすごく楽しい♪」です。日本の積雪道だと道幅の問題もあり、またスタッドレスタイヤを履いていてもしっかりとしたグリップ感が得られにくいこともあって非常に恐い思いをしますが、ガードレールや壁などの障害物がないコースで、なおかつしっかりと雪面をグリップしてくれるスパイクタイヤの効果も相まっての走行は快適そのもの。
 さらに、低速ながらコーナーの進入できっかけを与えてあげれば、簡単にドリフト走行が楽しめるんです。オーバースピードでコーナーに侵入すると、フロントタイヤもろとも滑ってしまい、俗に言う超ドアンダー(ハンドルを切ってもクルマが曲がらない)状態になりますが、コーナー手前でフロントタイヤのグリップを残すように減速し、そのままターンインするとリアタイヤの加重が抜けて、ものすごく綺麗なドリフト状態に持ち込むことができます。そうなったら、後はスロットルコントロールでドリフト量を調整しながらコーナー出口を目指し、カウンターステア(コーナーの向きと逆にハンドルを切って、クルマのスライドを抑える行為)を当ててコーナーを立ち上がって駆け抜けていくだけで、(全体の速度は速くないですが)映画やゲームの世界で見てきた華麗なコーナリングの完成です。
 この雪上ドライビング体験は、身体でクルマの状態を感じとりながら、スロットルでクルマの向きをコントロールするという、スポーツドライビングの基本的な動きを低速度域で安全に感じられるという、クルマの運転が好きな人なら絶対に楽しめるイベントと断言できます。スウェーデンに到着してから、まったく『Project CARS 2』に触れていませんが、あらためてクルマを運転する楽しさを思い知らされ、自分を含めたメディア陣は皆、テンションが上がりまくりのようです。

▲1コースを45分程度、計3コースを走り終え、ロッジに帰ってきた頃にはだいぶ日が傾いている状態に。雪上に埋め込まれているスリーポインテッドスターのライトアップが、走行を終えたゲストたちを出迎えてくれました。

 一通りの走行を終えてホテルに戻ってきたところで、いよいよ『Project CARS 2』のプレゼン開始です。同作のクリエイティブ・ディレクターを務めるアンディ・チューダー氏は、『Project CARS 2』のコンセプトは2015年5月リリース(日本国内は2016年6月発売)の前作でも好評を博していたリアル・ドライビング体験をさらに突き詰めた、“飽くなき本物の追求”であることをアピール。新搭載された“Live Track 3.0”によって、時間や季節の移り変わりによるコースコンディションの変化といったものが、現実の世界と同様に行われるという点が、とくに力強く紹介されていました。

▲いきなりの雪上体験走行を楽しんでくれたメディア陣を前に、満足げにプレゼンを開始するBNEEのアンドレ氏。
▲開発会社Slightly Mad Studiosのアンディ氏も、メディア陣の興奮状態に満足げな様子。
▲開発会社であるSlightly Mad Studiosがこの17年間で手掛けてきたレーシングゲームのいずれも、メタスコアで高評価を獲得してきた実績を紹介。
▲前作となる『Project CARS』も、海外のさまざまな主要メディアから2015年のベストレースゲーム等、軒並み高評価を受けています。
▲前作は発売後、レースゲームにおけるeスポーツの主要タイトルとしてさまざまな大会に用いられることで、確かな信頼と実績を確立。
▲2016年に花開いたVR(バーチャル・リアリティー)もいち早く取り入れ、VR体験ができるレースゲームとしてのパイオニア的存在に。
▲“Live Track 3.0”によって、同じサーキットの同一コースでも、季節によってこれだけ違った表情を見せることに。当然、走行フィーリングも大きく違ったものになるはず。
▲こちらが“Live Track 3.0”による、降雨開始から降雨量が増加していく雰囲気を伝える映像。このように、雨が降り始めると路面は軽く濡れているような状態になりますが、時間が経つにつれ路面の色が変わっていき、コースの低い部分の水たまりが徐々に大きくなっていく様子が伺えます。
▲これくらいの水たまりになってしまうと、走行に確実に悪影響を及ぼすレベルに。反対に、次第に晴れていくと水たまりもだんだんと渇いていくとのこと。天候と時間によっては、走行ラインを変える必要にも迫られそうです。このレベルでの天候変化が、リアルタイムで実際のゲームのコース上で再現されます。
▲前作から好評だったマシンやコースのグラフィック面も、リアルスケールで緻密に描写するなど、さらなるクオリティアップが図られているとのこと。
▲シミュレーターエンジンでは再現が難しい感覚的な走行フィールも、プロドライバーたちのアドバイスを採り入れることで出来うる限り再現しているそうです。右写真は、今作のアドバイザーとしても名を連ねるベン・コリンズ氏。
▲“オンライン・チャンピオンシップ・モード”の搭載に、さらなるeスポーツへの積極的な取り組み、公認のレーシングライセンス機能の搭載など、『Project CARS 2』は競技面においても、さらにパワーアップ。

 一通りの概要説明を終えたところで、いよいよ『Project CARS 2』の試遊体験が始まるのかと思いきや、本日のアクティビティはこれにて修了。スウェーデンに到着してからの初日のほとんどは、メルセデス・ベンツに搭乗しての雪上ドライビング体験で、その後に『Project CARS 2』の概要などが説明されただけと、いちばん確信の作品に触れることはできませんでしたが、個人的にはかなり充実した一日を送ることができました。

▲雪上走行体験、プレゼンが終わった後は、ホテルの外にある、氷と雪で作られた小屋(日本で言うところの“かまくら”)に移動し、ちょっとしたパーティを開催。こういった発表会でメーカーとメディア陣が深夜までとことんエンジョイするというのは、ヨーロッパならではといったところです。
▲“かまくら”の中には、スリーポインテッドスターを彫り込んだ氷のカウンターがあり、その上には氷のジョッキに注がれたお酒が。もらったジョッキを置くテーブルも、もちろん氷。氷が溶ける心配より、中の飲み物が凍らないように心配する必要がありそうな寒い中で飲む一杯は格別でしたね。