『オーバーウォッチ』に登場するヒーローキャラクターのひとり“トレーサー”が、グッドスマイルカンパニーの人気フィギュアシリーズ“ねんどろいど”になって参上!

●『オーバーウォッチ』のヒーローがねんどろいどに!

 グットスマイルカンパニーが展開する、アニメのキャラクターや映画の登場人物など、さまざまな人気キャラクターをかわいらしくデフォルメしたフィギュアシリーズ“ねんどろいど”。およそ700種類にわたって発売されている“ねんどろいどに”、あの人気FPS『オーバーウォッチ』のヒーローの参戦が明らかに! その名も、“ねんどろいどトレーサー クラシックスキン・エディション”!

▲明るく元気いっぱいなトレーサーが、遂にねんどろいどになりました!

“ねんどろいどトレーサー クラシックスキン・エディション”商品詳細ページ

 “ねんどろいどトレーサー クラシックスキン・エディション”は、Blizzard Entertainmentより発売中のFPS『オーバーウォッチ』のヒーローキャラクター“トレーサー”ことレナ・オクストンのフィギュア。リアルな等身ではなく、2.5頭身という特徴的なのデフォルメスタイルが、“ねんどろいど”特有のなんとも言えないかわいらしさを放つ。また、アクションフィギュアとしての側面も持つが、関節の継ぎ目が気にならないよう工夫された造形なので、シルエットを崩すことなく自由にポーズをつけることができる。

▲さまざまなシーンを再現できるよう、アビリティのエフェクトパーツ、専用の曲げ足がなどさまざまなパーツが付属。ブリンク移動中のをイメージしたキーアートも再現可能!
▲「これあげる!」でおなじみのパルス・ボムももちろん付属。

 さて、このこだわりぬかれた“ねんどろいど トレーサー クラシックスキン・エディション”。発売決定にあたり、ファミ通.comではグッドスマイルカンパニー事業本部企画部 榎本龍馬氏に制作過程やこだわりをうかがった。

――制作にはどのくらいの時間がかかったのでしょう?

榎本氏 契約が結べてから制作を始めたのですが、非常に早いペースで進行しました。国内メーカーとしては最初の商品化ということで、タッグを組んでいる原型ディレクターにお願いして、通常の商品よりも1.5倍のペースで制作していただきました。
  
――制作過程を教えて下さい。

榎本氏 イラスト作成→原型制作→塗装、という順番で制作します。各段階では、版権元さんの監修チェックが行なわれ、承認されれば次のステップに移行するという流れです。まずベースとなるねんどろいどのイラストが承認されたら、造型の制作に入ります。実際の造型には原型師が自分の手でパテなどを使って造型する場合と、CGを使って3Dモデルを造型する方法がありますが、今回は3D造型で制作することを選びました。規則的造型が必要な編み目模様や、正確さが求められるゴーグルの形状などでは、デジタルのほうか進行も早く、綺麗な形状を出しやすいのが理由です。原型が承認されたら次は彩色ですが、今度はデジタル造型を実際の造型物に出力(プリントアウト)して、塗装スタッフが担当します。原型、塗装の順番で制作していきますが、各制作段階で版元であるBlizzard Entertainment様に監修を依頼して、承認されたら次のステップへと進めていました。

――かわいらしさと、アクションフィギュアとしての側面ももつねんどろいですが、トレーサーをねんどろいど化するにあたって注意したとことろはありますか?

榎本氏 元々のキャラクタデザインが非常に練られていて、シルエットだけで判別がつくという非常にフィギュア向きのものだったので、そのキャラクターの持つシルエットを意識して造型を進めました。デフォルメはそのキャラクターの特徴を強調することが多いので、トレーサーで言えば“ツンと立った髪型”や“上半身のゴツゴツした形状と、脚線美のある下半身とのバランス”などがポイントになりました。デフォルメ造型の魅力を最大限に引き出せて、且つ注力すべき特徴が分かりやすいキャラクターデザインだったので、Blizzard Entertainment様のクリエイティビティには本当に感服しました……!

――スケールフィギュアとは違い服装なども多少デフォルメされますが、それでも服装は再現度が高いと感じました。服装で注意した部分はどこでしょう。

榎本氏 前述した内容にも少し通じるのですが、全体のバランス感です。デフォルメされても袖の長さと拳の大きさの比率は合わせてみたり、逆に大きな頭部に合わせて襟の比率を大きくしてみたりと、“設定に忠実にする部分”と、“あえて変化を加える部分”を作り分けることで、デフォルメとしての説得力を持たせています。

――造形でとくにこだわった部分は?

榎本氏 前髪とゴーグルです。ねんどろいどは2.5頭身くらいのバランスなので、表情の要素がフィギュアの魅力の大きな部分です。そのため、前髪に加えてメガネやゴーグルのあるキャラクターの場合、表情にはとくに注意が必要なので、位置関係や厚みなどには非常にこだわりました。

――いくつか顔の交換ギミックが用意されていますが、この表情を選んだ理由は?

榎本氏 トレーサー”らしさ”が出ていることを念頭に選びました。僕もこのゲームが大好きなので、エモートやヴィクトリーポーズなどの中から、「この表情をつけたらみんな喜んでくれそう!」と思えるかどうかで決めています。月並みな理由ですみません(笑)。

▲表情は3パターンを用意。さらに、前髪が垂れたバージョンのパーツも用意されているので、垂れた前髪に「フー!」と息を吹きかけてヘアスタイルを直すシーンの再現もできるのだ。このパーツを選ぶとは、目のつけどころがイイ!

――季節限定イベントで実装された人気スキンは、“ねんどろいどこ~で”で登場する予定はありますか?

 現時点で予定はありませんが、いつか実現できたらと思います。まずはこのシリーズを長く続けて、たくさんの商品をリリースしていきたいと思っています。

 第2弾の発売も決定しているとのことなので、今後発売されるヒーローたちといっしょに並べて、自分だけの『オーバーウォッチ』の世界を楽しんでみてはいかがだろうか?

●商品名:ねんどろいどトレーサー クラシックスキン・エディション
●作品名:オーバーウォッチ
●発売予定:2017年8月
●価格:4537円[税抜](4900円[税込])
●商品仕様:ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア・ノンスケール・専用台座付属・全高:約100mm
●原型制作:トくら (knead)
●制作協力:ねんどろん
●発売・販売元:グッドスマイルカンパニー

(C) 2017 Blizzard Entertainment, Inc. All rights reserved. Overwatch, the Overwatch logo, and Blizzard Entertainment are trademarks or registered trademarks of Blizzard Entertainment, Inc. in the US and/or other countries. Visit us at gear.blizzard.com