2017年2月10~12日、千葉・幕張メッセで開催された“ジャパン アミューズメント エキスポ 2017”(JAEPO 2017)。11日のタイトーブースでは、NESiCA×Live2のアーケード版格闘ゲーム『THE KING OF FIGHTERS XIV Arcade Ver.』を題材にしたステージが披露された。

 2017年2月10~12日、千葉・幕張メッセで開催された“ジャパン アミューズメント エキスポ 2017”(JAEPO 2017)。11日のタイトーブースでは、アーケード版格闘ゲーム『THE KING OF FIGHTERS XIV Arcade Ver.』(以下、『KOF XIV』)を題材にしたステージが披露された。

 『KOF XIV』はSNKが手掛ける「KOF」シリーズの最新作。プレイヤーは数多く登場する個性的なプレイアブルキャラたちの中から3人を選び、対戦相手と3vs3のチーム戦を争う2D格闘ゲームだ。2016年にはプレイステーション4版が発売され、現在も盛んに対戦が楽しまれている。
 そんな本作が2017年夏にはアーケード版となって登場する。今回のステージは、そのアーケード版の魅力や特徴を伝えるステージだ。

●アーケード版ならではの特徴

 本作は、2017年夏に稼働予定のアーケード専用コンテンツダウンロードシステム“NESiCA×Live2”のローンチタイトルとして公表されている。ステージにはNESiCA×Live2開発プロデューサーの菊池 正行氏が登壇し、まずはアーケード版の新機能の紹介からスタートした。
 菊池氏によると、アーケード版では店舗間オンライン対戦機能を実装。実力の近い人同士で対戦マッチングすることにより、どんなレベル帯のプレイヤーでも楽しみやすい環境を提供するとのこと。また、プレイヤー同士でギルドを組み、ギルド内メンバーで対戦する機能を実装するなど、プレイヤーのコミュニティに触れたシステムを予定していると話していた。

■大人気声優が登場!

 続いてはステージにゲストを招待。登場したのは、対空迎撃が得意な声優として知られている“対空声優”市来光弘さんだ。ステージに設置された大型モニターでは、スタジオで市来さんのボイスを収録シーンしているシーンを紹介。発表によると、アーケード版では本作タイトルコールが3分の1の割合で市来さんバージョンになるとのこと。また、ネシカカードの取り忘れ注意を促すアナウンスなど、システムボイスが市来さんボイスになることが明らかにされた。

●対空声優vs.プロゲーマー

 続いては『KOF』シリーズをメインにプレイしているプロゲーマー・[SANWA]M’さんが登場。エキシビジョンマッチとして、市来さんとの対戦を披露した。
 市来さんが選択したキャラクターはテリー、リョウ、ロバートの3人。対するM’さんはクーラ、Kダッシュ、ロバートを選択し、対戦がスタート。
 市来さんはもともと大の『KOF』ファンであり、腕前にも定評のあるプレイヤー。ガチのプロゲーマー相手にもいい勝負を繰り広げ、両者大将キャラまで持ち込む試合展開となる。大将対決のロバート同キャラ戦では、市来さんの出したしゃがみ弱Kに対し、M’さんが飛燕龍神脚を差し込んでから大ダメージコンボを決めて大幅に体力をリード。そのまま優勢を維持し、トドメには冷静にジャンプ攻撃を当ててM’さんが勝利する。
 その後はもう1試合争われたが、やはりM’さんの壁は厚く、エキシビジョンマッチはプロゲーマーの2連勝という結果になった。

市来さんは自分の試合を自分で実況する、器用な姿を披露。ステージ観覧に訪れた来場者を沸かせていた。

 最後は登壇メンバーが来場者、ニコニコ生放送視聴者に向けてコメント。
菊池氏「アーケード格ゲー複数タイトルの全国大会闘神祭を含めて、大きな大会を開催して盛り上げていきたいと思っています。プレイヤーのコミュニティ形成にも役立ちたいと思っていますので、稼働を楽しみにしていてください。」
市来さん「アーケード化をきっかけに、ゲーセンでの対戦が流行って欲しいと思います。僕もオンライン対戦しにゲーセンに通いますよ!」
Mダッシュさん「家庭用が苦手な人は是非アーケードでプレイして欲しいですね。ただ普段プレイしている家庭用と違ってやりづらかった面もあったので、その点は稼働までに改善を期待します。」
以上、それぞれが思いを語り、ステージはお開きとなった。『KOF』ファンもそうでない方も、今年の夏はゲーセンに足を運んで新たな『KOF』を体験してみてはいかがだろうか。