次世代ワールドホビーフェア'17 Winterが開催! Nintendo Switchを始め最新のゲームやホビーが出展

2017年1月28日、29日に、幕張メッセで“次世代ワールドホビーフェア'17 Winter”が開催。初日の模様を、ブースリポートという形でお届けしよう。

●各ブースが話題作を強烈アピール!

 入場無料で最新のゲームやホビーが楽しめるイベント“次世代ワールドホビーフェア'17 Winter”が、2017年1月28日、29日に、千葉県・幕張メッセで開催。初日となる1月28日の模様を、ゲーム関連のブースを中心にお届けしよう。

▲メインステージでは、『妖怪ウオッチ』ライブなどの催しも行われていた。

▲キングクリームソーダと、アイドルグループのLinQが、歌とダンスを披露。

◇カプコン

 シリーズ最新作『モンスターハンターダブルクロス』の体験コーナーを設置。試遊では、初級<イャンクック>、中級<ベリオロス>、上級<バルファルク>という3つのミッションからひとつを選んでプレイできた。また『モンスターハンター ストーリーズ』も、同様に試遊できたほか、公式大会も開催。両作とも、体験者にはオリジナルグッズがプレゼントされていた。

▲『モンスターハンター』シリーズの2タイトルが体験プレイできた。

▲フォトセッション用に、等身大のバルファルク装備を展示。

▲ナビルーが公式大会をナビゲート。

◇ガンホー・オンライン・エンターテイメント

 『パズドラクロス 神の章/龍の章』では初となる、トーナメント大会を開催。参加者には参加賞としてアーマードロップ“ タマゾー×ツクヨミ”が贈られた。また来場者プレゼントとして、超強力なモンスターが開放されたほか、イベント限定ニンテンドー3DSテーマセットがもらえるシリアルコードを無料配布。豪華景品がもらえるスタンプラリーも行われるなど、『パズドラクロス 神の章/龍の章』ユーザーは大満足の、盛りだくさんなブース展開だった。

▲予選を勝ち上がった強者が、ステージで激突。

▲ゲストMCとしてステージを盛り上げた、ハライチの岩井勇気さん(右)。

▲『パズドラ』ファンにはうれしい特典が満載だった。

◇KONAMI

 ふたりで対戦するスタイルで、『実況パワフルプロ野球 ヒーローズ』の試遊コーナーを用意。中学生以下限定で、体験版ソフトが先着で無料プレゼントされた。また発売前の『100% パスカル先生』のニンテンドー3DS版とモバイル版のゲームが遊べるエリアも。おなじみのパワプロくんも登場し、子どもたちとの記念写真に応じるなど、ブースを盛り上げていた。

▲親子で対戦する姿が多く見られた、『実況パワフルプロ野球 ヒーローズ』の試遊コーナー。

▲『100% パスカル先生』体験エリアも大盛況だった。

▲イベントには欠かせない、パワプロ君も大活躍。

◇ソニー・インタラクティブエンタテインメント

 大々的にアピールされていたのは、『マインクラフト』。メインステージで“マイクラ部”によるユーザー参加型イベントが催されたほか、マルチプレイが楽しめる体験コーナーも設置。さらには、プレイステーション4で話題作がプレイできるキッズコーナーもあり、いずれも多くのファンで賑わっていた。

▲メインステージのユーザー参加型イベントは、YouTube公開収録と連動。

▲バトルミニゲームやクリエイティブモードなど、4つのモードから選んで遊べた『マインクラフト』体験コーナー。

▲等身大キャラクターとフォトセッションできるスペースも。

▲キッズコーナーでは話題作や発売まえの新作が楽しめた。

◇タカラトミー

 強くアピールされていた2本柱は、『ベイブレードバースト』と、『デュエル・マスターズ』だ。『ベイブレードバースト』コーナーでは、最強ブレーダーを決定する大会を開催。上位3名には豪華景品が贈られるほか、優勝者には春に開催予定の日本一決定戦への参加権利が与えられるとあって、白熱のバトルが展開された。『デュエル・マスターズ』でも、対戦エリアが用意されて、多くの来場者が自慢のデッキで対戦パーティーを楽しむ姿が見られた。

▲ベイブレードの強者を決める大会。子どもの活躍を見守る保護者たちの熱気もすごい!

▲『デュエル・マスターズ』のフリーバトルコーナー。参加者には限定のプロモカードがプレゼントされた。

◇任天堂

 注目の最新ハード、Nintendo Switchの体験コーナーを全面的に押し出していた任天堂。とくに『ゼルダ』シリーズ最新作の『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』では、大きな試遊スペースが展開されていた。ほかには『スーパーマリオ オデッセイ』、『Splatoon2(スプラトゥーン2)』などが映像出展。いち早く最新ハードの魅力に触れられるということで、どのコーナーにも多くの来場者が殺到していた。

▲“ガンマン”や“真剣白刃取り”など、6種類のゲームが選べた『1-2-Switch(ワンツースイッチ)』コーナー。

▲『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』が、会場で先行体験できた。 

▲一部のソフトは映像出展のみ。『スーパーマリオ オデッセイ』は、街並みをバックにマリオと記念撮影ができた。

◇バンダイ

 妖怪メダルを持参して参加できるアトラクションを実施したほか、ステージでは『ゲキドライブ』のレース大会も開催。多彩なおもちゃが展示され、グッズ販売コーナーなども設置されていた。『妖怪ドリームルーレット』では、大当たりを出すと、2月のキャンペーンで手に入る、限定“ お宝大吉メダル”がゲットできるというサービスも。

▲チーム対抗でダンジョンを探索するアトラクション。

▲長いレーンが敷き詰められた『ゲキドライブ』大会ステージ。

▲お気に入りのグッズはその場で購入できた。

▲限定グッズが入手できるチャンスがあった『妖怪ドリームルーレット』。

◇バンダイナムコエンターテインメント

 ゲームセンターで大人気のメダルゲーム『釣りスピリッツ』を展示し、試遊コーナーを展開。家庭用ゲームでは、『オール仮面ライダー ライダーレボリューション』と、『超・戦闘中 究極の忍とバトルプレイヤー頂上決戦!』を体験プレイすることができた。

▲『釣りスピリッツ』では、伝説の超巨大魚があらわれるレジェンドステージが楽しめた。

▲ニンテンドー3DSの人気作2タイトルが遊べた試遊コーナー。

◇ポケモン

 最新作の『ポケットモンスター サン・ムーン』づくしだったポケモンブース。人気を集めていたのは、ポケモンと一体になって“Zワザ”を放つ感覚を、ハイテク技術で実際に体験できるコーナーだ。ほかには、スカル団とポケモンカードゲームで熱くバトルで熱くできるコーナーも盛況。ブースでは、大迫力の等身大アローラナッシーがシンボルマークとなっていた。

▲“Zワザ”体験コーナーでは、参加者の姿とワザをくり出すエフェクトを、実際にモニターで再現。

▲ポケモンカードゲームで、スカル団にチャレンジ。

▲会場内でもひときわ目立っていた、巨大なアローラナッシー。

◇レベルファイブ

 『妖怪ウォッチ3 スキヤキ』 で登場した新モード、最大4人で遊べるマルチプレイアクション“妖怪ウォッチ バスターズT”が体験できる試遊コーナーを大々的に展開。参加者は4人で協力して、ダンジョン攻略とお宝の発見に挑んだ。
 

▲多くの参加者が、ほかのプレイヤーと協力しながらダンジョンを攻略。

▲古代の秘宝を発見したようなイメージのオブジェも展示。

 なおこの“次世代ワールドホビーフェア'17 Winter”は今後、大阪大会が2月5日に京セラドーム大阪で、福岡大会が2月12日に福岡!ヤフオクドームで開催予定。近隣のゲーム・ホビーファンは、ぜひ足を運んでみては?