『デッド オア アライブ エクストリーム 3 フォーチュン』が、1月24日についにPS VRに対応。最新バージョンをいち早くプレイできた担当ライター“西川くん”のインプレッションをお届け。

●PS VR対応アップデートがついに実施!

 コーエーテクモゲームスのバカンス&コミュニケーションゲーム『デッド オア アライブ エクストリーム 3 フォーチュン』(以下、『DOAX3』)。ついに2017年1月24日、プレイステーション VR(以下、PS VR)への対応アップデートが実施されることとなった。本記事では、最新バージョンをいち早く体験できるプレス向けVR体験会でのプレイフィールを、担当ライターの西川くんがお届け。

※関連記事
『DOAX3』のPS VR専用モード“VRパラダイス”、1月24日配信決定! 製品版ユーザー向けに期間限定で無料配布

 ほのか(B99) 推し、週刊ファミ通攻略ライターの西川くんです。今回プレイさせていただいた“VRパラダイス”は最新バージョンとなっていて、登場する全キャラクター&水着が使用可能と、製品版とほぼ同じ仕様となっています。さらに、グラビアシーンを眺める“グラビアパラダイス”のほかにも、イベントムービーを見る“イベントパラダイス”、好みのポーズやシチュエーションを指定して楽しめる“フォトパラダイス”も体験できました。

 なんと“VRパラダイス”モードはプレイステーション4 Proに対応しており、今回はプレイステーション4と、プレイステーション4 Proの両方でプレイさせていただくことに。プレイステーション4版も、以前のバージョンよりも女の子たちがキレイになっていたことに驚いたのですが、プレイステーション4 Proだと、それにも増してグラフィックが美麗!! ほかのPS VR対応ソフトとは比べ物にならないレベルで、体感では「PS VR内の映像が、通常のモニターに映し出された映像と変わらないんじゃ!?」と感じるほどでした(プレイステーション4でプレイしてもかなりキレイなので、これは比較したからこそわかることかも)。プレイステーション Proでのプレイでは、より女の子の実在感が増し、目の前の女の子たちにドキドキしっぱなしでした……!

 さて、ゲームを開始するとチュートリアルへ。ここでは、“VRパラダイス”の操作をかすみといっしょに学べます。VRなので、基本的な操作は視点を動かすことがメインなのですが、○ボタンと×ボタンでカメラの視点を移動でき、目の前、足元、背後などへ回ることもできました。カメラ視点の切り替えと、自身の体を動かすことで、360度どんな角度からでも、女の子たちとのバカンスを楽しめちゃうのです! また、△ボタンを押すと、女の子から目線をもらうことも可能。オプションボタンを長押しすれば、視点のリセットが可能です(これはほかのPS VRタイトルと同じですね)。

 “イベントパラダイス”や“グラビアパラダイス”では、好みの女の子と水着を指定して、さまざまなグラビアシーンをVRで体験できます。とくに“イベントパラダイス”は、水着の生着替えやエンディングムービーなどをVR体験できるのが嬉しい!! また、通常のゲームモードだと視点を操作できないシーンもありますが、全シーン視点操作が可能となっているのもVRならではです。部屋を隅々まで覗くなどといったことも可能で、本当にそこにいるかのような臨場感をバツグンに感じられます。

 “フォトパラダイス”モードでは、背景や水着、ポーズを指定して、好みのシチュエーションで女の子を眺められます(ゲーム内の撮影機能は残念ながら使えませんが、シェア機能でスクリーンショットを撮ることは可能)。プレイヤーの姿勢によっては、女の子が腕立て伏せなどのポーズを取ると、女の子がカメラの真下に行ってしまうことがありましたが、そんなときは前述のポジションリセットをうまく使うのがよさそうです。また、このモードでは、△ボタンで目線をもらう機能をぜひ使ってみていただきたい! 自分の目をじーっと見てくれて、まるでデートしているような雰囲気を味わえるのです。

 グラビア パラダイスモードでは、ブランコに乗るシーンと、自転車に乗るシーンが印象的。グラビアやアイドルDVDによくあるヤツですが、VRで視点を変えてみると、すごく新鮮。自転車やブランコの下から見る視点は、自分にぶつかるんじゃないかという怖さもありましたが、「こんな角度で見られるなんて一生ないよね!」と、貴重な人生経験になりました(笑)。また、マリーが小型ザック像をなでるシーンは、細やかな指使いまで目の前で見られます。通常のゲームプレイでは気づかないようなモーションを細部まで楽しめるので、いかに本作の女の子たちが作りこまれているのかを改めて実感できました。

 最後に、なんとなく事情は察することができますが、残念ながら以前のザックセンサー機能はほとんどありませんでした。しかしそれでも、女の子たちとのVRバカンス体験は、ほかに類を見ないほどの臨場感と、体験した者にしか味わえない幸福感があります! この幸福感を、ぜひ皆さんに味わってみてほしいです!! VRに対応するために必要なDLC“VRパスポート”は、製品版ユーザーなら2017年2月28日まではゲーム内から無料でダウンロード可能 とのこと。また、基本無料版のユーザーの方は1500円[税抜]でVRパスポートを入手できるほか、“VRパスポートセット(マリー&ほのか使用権つき)”も、2900円[税抜]で用意されるとのことですので、ぜひやってみてください!! 配信日には、僕も見まくりますぞー!