PS4 Pro&PS VRの安定供給はいつ? SIEのアジア戦略キーパーソン・織田博之氏と江口達雄氏に聞く、現状と今後の展望【台北ゲームショウ2017】

2017年1月19日(木)~1月24日(火)、台北世貿中心(台北ワールドトレードセンター)にて、台北ゲームショウ2017が開催中。1月20日のSIETブースのステージおよび、台湾メディア向けに設けられたSIEのアジア戦略キーパーソンへの共同取材の模様をお届けする。

●台北ゲームショウ会場でPS4 Pro&PS VRを販売!

 2017年1月19日(木)~1月24日(火)、台北世貿中心(台北ワールドトレードセンター)にて開催中の台北ゲームショウ2017。一般公開日の初日となる2017年1月20日には、ソニー・インタラクティブエンタテインメント台湾(SIET)ブースでオープニングセレモニーが開催。ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア デピュティプレジデント(アジア総括) 織田博之氏が登壇し、現時点でのプレイステーション4(以下、PS4)のセールス状況に関して説明した。

 織田氏は、「PS4のセールスは全世界で5340万台を上回りました。また、PS4のゲームソフトのセールス総数も4億本以上(4億910万本)に達しました」とし、ゲームファンへの感謝を述べたうえで、「2016年は実りある商品ラインアップを提供できた1年でした」と、新型のPS4や性能をより向上させたPS4 Proそして、プレイステーション VR(以下、PS VR)を発売した1年間を振り返った。ただし、PS4 ProとPS VRについては、供給台数が不足して購入希望者の需要に応じられなかった点を謝罪。商品の安定供給を図ることと、台北ゲームショウの物販エリアで、3000台のPS4Proと、1000台のPS VRを販売することを発表した。

▲台北ゲームショウ2017にも出展されている『Horizon Zero Dawn(ホライゾン ゼロ・ドーン)』のコスプレで登場した織田氏。台北ゲームショウでは、織田氏と後述の江口達雄氏がゲームコスプレの衣装で登場することがおなじみとなっている。

▲織田氏に続いて、SIET総経理(プレジデント)の江口達雄氏は、『MLB The Show』にちなんだベースボールユニフォーム姿で登場。

▲MLBマイアミ・マーリンズ所属の台湾人メジャーリーガー、陳偉殷(チェン・ウェイン)選手もサプライズ登場(写真左)して、会場を大いに盛り上げた。


●ステージ後に行われたメディア共同インタビュー取材の模様

Q1 台北ゲームショウ2017のインディーゲームエリアにはバラエティーに富んだインディーゲームが出展され、多くのインディーゲーム開発者がPS VRへの作品提供を望んでいます。この点について、現状ではインディーゲームに対する審査と技術サポートはどうなっていますか?

織田博之氏(以下、織田) インディーゲームを含め、今後、PS VRにはより多くのゲームを出していく予定です。ゲームソフトの数が多くなると、それだけゲーム内容の多様性も豊かになりますから。VRのゲームは酔うことが心配だ、という声がよく聞かれますが、これは技術を高めることによって改善できます。PS VRで遊べるゲームの質と量は、どんどんよくなると思います。

江口達雄氏(以下、江口) SIETには、資策会(Institute for Information Industry)や台北電腦公會(Taipei Computer Association)といった団体との技術提携があります。提携を利用して、これまでもゲーム開発者向けのセミナーを開いてきました。台湾のインディーゲーム開発者の方々には、こうした技術セミナーに積極的に参加していただくことを期待しています。

Q2 PS4 ProとPS VRの会場販売が大盛況のようですが(注:PS4 Pro、PS VRの物販は1月20日~22日の予定だが、1月20日~21日販売分はいずれも午前中に終了)、この人気ぶりは、台湾市場にこれらの商品がないことの裏返しのようにも思います。今後は、どのようにユーザーの需要に応える予定でしょうか。

江口 まずは、台湾のゲームファンの皆様にお詫びします。私は10年ほど台湾で仕事をしていまして、台湾の皆さんがPS4 ProやPS VRのような商品に強く惹かれるであろうことを予想していました。そのため、かなり多くの数量を用意したつもりでした。ただ、実際には我々の予想を何倍も上回る方々に、商品購入を希望いただいている状況になってしまっています。2016年の各商品の発売以来、台湾市場にはかなり多くの数を出荷していますが、それでも店頭で見つけることが難しく、ネットショップでも売り切れの状態が続いています。今回、我々が台北ゲームショウ向けにPS4 ProとPS VRの在庫を揃えたのは、そうした状況に対するせめてもの誠意とお考えください。

織田 私も、まずは皆様にお詫びします。しかし、ひとつだけ確実にお伝えしたいことは、我々はわざと生産量を絞ることはしていないということです。PS4 ProとPS VRについては、現段階では台湾に限らず世界中のさまざまなマーケットでも、供給が需要に追いついていません。生産力を強化して供給量を増やし、皆さまの需要に応えられるように今後も努力していきます。本当にすみませんが、もうしばらくお待ちください。

Q3 江口さんは、台湾での仕事が10年になるとお話しされていましたが、2017年の台湾市場について、どのようなチャレンジをしたいとお考えでしょうか。

江口 台湾に来て10年、SIETの総経理(プレジデント)になって4年ほど経ちますが、私は首尾一貫して、我々とゲームファンの距離をもっと縮めるべきだと思っています。台北ゲームショウもその機会のひとつで、我々が台湾のゲームファンの皆さんと直接交流する場所ですよね。コミュニケーションを深め、皆さんといっしょに楽しむという考えかたはこれからも変わりありません。また、いまは台湾でもゲーム実況がとても流行っています。私たちも、実況主のみなさんとさらに協力関係を深めて、ゲームのおもしろさや、PS4の楽しさを紹介できればと思っています。2017年は、もっと幅広いユーザー層に注目いただけるように、よりよいコンテンツを提供していきたいです。

【2017/01/25修正】インタビュー中の表現に誤訳があったため、原稿の一部を修正しました。読者の皆様、ならびに関係各位にご迷惑をおかけしましたことをお詫びするとともに、ここに訂正させていただきます。

▲台北ゲームショウ会場内のSIETブースに設けられた物販エリアには、PS4 ProとPS VRの当日販売分“完売”の貼り紙が。1月21日の販売分に至っては、会場前にできた行列だけで購入整理券の配布が終了したようで、3日目となる1月22日販売分もあっという間に完売しそうだ。