2017年1月14日・15日の2日間にわたり、東京ビッグサイトにて行われた“Nintendo Switch 体験会 2017”。ここでは、会期2日目の1月15日にメインステージにて実施された、『ARMS』紹介ステージをお送りしよう。

●格闘ゲーム大好きの椿姫彩菜さんが、『ARMS』に挑む!

 2017年1月14日・15日の2日間にわたり、東京ビッグサイトにて行われた“Nintendo Switch 体験会 2017”。ここでは、会期2日目の1月15日にメインステージにて実施された、『ARMS』紹介ステージをお送りしよう。『ARMS』は、先日開催された“Nintendo Switchプレゼンテーション 2017”で明らかにされた、Nintendo Switch向け格闘ゲーム。Joy-conのジャイロ機能を駆使しながら、腕を伸ばして戦うのが特徴だ。

[関連記事]家族や友だちと対戦ゲームの駆け引きが味わえる! 『ARMS』試遊リポート【Nintedo Switch プレゼンテーション】

 イベントは、歌手やタレントとして活躍するヒャダインさん進行役のもと、イベントでは『ARMS』のプロデューサーである任天堂の矢吹光佑氏とタレントの椿姫彩菜さんがゲストとして登場。椿姫さんは、『ARMS』に対して「読み合いなどの対人ならではの駆け引きが楽しそう。アクションの究極系が格闘ゲームだと思っています」と格闘ゲーム好きならではのコメントを口にした。

▲左から司会の斉藤あかねさん、矢吹光佑氏、ヒャダインさん。親指を上げる“ARMSポーズ”を決める。
▲矢吹氏、ヒャダインさん、そして本日の主役と言っても過言ではない椿姫彩菜さん。

 ステージでは、『ARMS』のエキスパートである“ARMSレディー”(相当無愛想)のデモのもと、矢吹氏が『ARMS』の基本的な操作方法をレクチャー。“いいね持ち”で、親指ボタンを押して戦うのが基本となる『ARMS』だが、Joy-conを左右に傾けて移動することやLボタンを押すとダッシュ、Rボタンを押すとジャンプなど、組み合わせでいろいろな動きが可能になるとのことだ。

▲MCの問いかけにも反応しない無愛想な“ARMSレディー”。このあと、椿姫彩菜さんと遺恨が生じることに……。
▲“いいね持ち”が『ARMS』の基本であります。

 肝心の攻撃方法に関しては、パンチはふつうにくり出すとストレートだが、ひねるようにすると軌道が変わるとのこと。両方腕を出すと相手を投げられる。さらに、必殺技ゲージが溜まっているときにZRボタンを押すと必殺技が駆使できる。どの必殺技になるかは“アーム”に紐付けられており、左右で違う“アーム”を装着すれば、異なる必殺技が使えるようになる。また、「格闘ゲームの要」(椿姫さん)という防御は、左右にJoy-conをハの字に傾けることで、敵のパンチをガードできる。このステージで、本当に初めて『ARMS』に触ったという椿姫さんは、「(格闘ゲームのキモである)反応がとてもいいので快感です。思ったよりも溶け込めます」と大いに好感触を抱いたよう。

 初心者には楽しめそうな同作だが、「やり込み要素はどうですか?」との質問には、「ジャイロ機能は細かく入力が取れるので、細かい駆け引きが楽しめます」と矢吹氏。たしかに見た限り、ジャイロ機能は相当繊細そうで、フェイントをかけて攻撃といった、駆け引きも楽しめそうだ。

 ステージにはギミックなども用意されており、ステージによってどのアームを使うかで戦略も変わってくる。『ARMS』のPVでも紹介されていたが、柱を避けてパンチを当てるといったことも可能なようだ。

 体験会で使用できたのは、“リボンガール”、“スプリングマン”、“マスターマニー”、“ニンジャラ”、“メカニッカ”の5キャラクター。これ以外にもキャラクターが登場するのかは、当然のこと気になるところだが、ゲームファンの気持ちを代弁してのヒャダインさんの「ほかにキャラクターは登場しますか?」との質問には、「はい」(矢吹氏)とのお返事。今後の新情報が楽しみだ。

 その後イベントでは、“ARMSレディー”によるCPUを相手にしてのデモ試合が披露。これを見た椿姫彩さんが「血が騒ぐ」と、格闘ゲーム心が疼いたようで、“ARMSレディー”に挑戦することに。とはいえ、いくら格闘ゲーム好きと言えど、いきなり触ったばかりで“ARMSレディー”に勝てるハズもなく、さらに無愛想な“ARMSレディー”が会場の空気を読むことも当然なく……ということで、椿姫さんは見せ場もなく2本先取されてあっさりと敗退。「ガートしたのですが、ガードは投げを回避できなくて……」とは、椿姫さんの敗者の弁。

▲椿姫彩菜さんと“ARMSレディー”のマッチが開始! どの“アーム”を選ぶかもカギとなるのだ。
▲格闘ゲームが大好きだけに、プレイしていて楽しそうな椿さんだが……。
▲あっさりと負けて悔しがることに。

 「格闘ゲーム好きはみんな負けず嫌い」ときっぱり口にしつつ、負けたことを悔しがる椿姫さんに対して、矢吹氏からの「これから3時間みっちり特訓して、“ARMSレディー”に再挑戦しましょう」との提案が! そこで記者もハタと気がついたのだが、今回の“『ARMS』紹介ステージ”は、午前中の“前編”と午後の“後編”の2部構成だったのだ。なぜ2部構成にしたかというと、まさにこういう趣向があったわけだ。それにしても3時間の特訓でどこまで強くなるのか……。

 果たして、椿姫彩菜さんのリベンジなるのか? “後編”に続く……。