2017年1月14日・15日の2日間にわたり、東京ビッグサイトにて行われる“Nintendo Switch 体験会 2017”。開催2日目となる1月15日がいよいよ開幕。

●1日目の来場者は9727人に

 2017年1月14日・15日の2日間にわたり、東京ビッグサイトにて行われる“Nintendo Switch 体験会 2017”。開催2日目となる1月15日がいよいよ開幕。この日も前日同様朝早くから来場者が訪れており、途切れることなく東京ビッグサイトに向かう人の波が! 記者が訪れた午前9時の段階で、東京ビッグサイトにはすでに長い列ができており、その行列を追いかける形で会場となる東ホール3に向かいながら、その人の多さにNintendo Switchに対する注目度の高さを改めてしみじみと実感。親子からカップル、海外の方まで、任天堂らしく幅広い層が来場しているとの印象だ。とにかく、すごい人!

 待機列は、『Splatoon2( スプラトゥーン2)』、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』、“そのほかのタイトル”の3列が用意されていたのだが、午前9時の段階で『Splatoon2( スプラトゥーン2)』の試遊はすでに締め切り。ほどなく『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の試遊も札止めとなり、やはり両作に対する注目度の高さは別格のよう。

▲とにかく人……という感じ。Nintendo Switchに対する関心高さを肌で実感します。

 待機列の先頭に並んでいた方にお話をうかがってみると、『Splatoon2( スプラトゥーン2)』の方は午前3時から、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の方は午前4時には、それぞれ会場に来ていたとのこと(おふたりともクルマで来場)。おふたりともそれぞれシリーズファンで、最新作を遊ぶのを楽しみにしているようだ。“そのほかの列”の先頭の方は、『1-2-Switch』を目当てに、午前6時に来場。Nintendo Switchらしさを体験できる同作に大いに期待している模様。さらに、何人かの方にNintendo Switchの魅力を聞いてみると、「自宅でも外出先でも遊べる点」、「持ち運びできるところ」といった声が聞かれた。

▲『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の列の最初の方(左)、『Splatoon2( スプラトゥーン2)』の列の最初の方(中央)、“そのほかのタイトル”の方(右)で、ごいっしょに撮影させていただきました。あと少ししたら待望のゲームに触れるということでうれしそう。
▲ヨッシーの着ぐるみが印象的だったので撮影させていただきました。ヨッシーの方は“M☆G☆M+etc...”というゲームレビューサイトを運営しているブロガーさんで、お仲間の方と来場。「新しい遊びを提案するNintendo Switchに期待しています」とのこと。

 公式発表によると、午前10時段階での来場者は3700人。昨日の同時刻での来場者が3500人だったので、1日目を上回る出足となる。なお、1日目の入場者は9727人。2日目はどれだけの来場者が訪れるのか、気になるところだ。

▲午前10時にいよいよオープン。ニコニコしながら会場に入っていきました。

 ファミ通.comでは、“Nintendo Switch 体験会 2017”の2日目の模様も、ステージイベントを中心にリポートしていくのでお楽しみに。

[2017年1月15日午後13時45分]タイトル部分に誤りがあり、修正させていただきました。
[2017年1月17日午後6時45分]写真の説明文に一部誤りがあり、修正させていただきました。お詫びして修正します。