2017年1月13日、任天堂が東京ビッグサイトにて“Nintendo Switch プレゼンテーション 2017”を開催。その中で発表され、体験会でプレイアブル出展された『Splatoon2(スプラトゥーン2)』を早速プレイ!

●新ブキ“スプラマニューバ”は速射の短射程!?

 2017年1月13日、任天堂が東京ビッグサイトにて“Nintendo Switch プレゼンテーション 2017”を開催。その中で発表され、体験会でプレイアブル出展された『Splatoon2(スプラトゥーン2)』を早速プレイした。

[関連記事]『Splatoon(スプラトゥ-ン)2』 イカしたヤツらが進化してNintendo Switchに! 新しいブキやギア、ステージも追加される

 体験会では、Aチーム、Bチームの4対4に分かれてプレイすることになる。選べるブキは、スプラシューター、スプラローラー、スプラチャージャー、そして、新ブキとなる“スプラマニューバ”の4つ。まずは操作方法に慣れるための1試合目、そして、本番となる2試合目の合計2戦をNintendo SwitchをテレビにつないだTVモードでプレイでき、2試合目で勝つと、ブースの横にある特別なステージで、Nintendo Switchを直接持つ携帯モードでプレイできるようになる。

 今回は、1試合目でスプラマニューバ、2試合目でスプラシューターを選んだ。そのほかのブキも体験でき次第、プレイリポートを上げたいと思っているが、まずはこの2種類のブキ、そして、『2』となった本作がどう生まれ変わったかを簡単にリポートさせていただく。

 新たな髪型なども加わった『スプラトゥーン2』だが、プレイ感覚は前作と同じで、いろいろなブキやステージが変わった正統続編という印象を受ける。操作方法で大きく変わったのは、Wii U GamePadにあったタッチスクリーンのマップ表示がなくなったこと。今回は、Xボタンを押すと、画面全体に半透明でマップが表示され、そこでインクがどれだけ塗られているか、味方と仲間がどこにいるかの状況を確認することになった。本作ではマップの表示をしないと、全体の状況が確認しづらくなっているというわけだが、目を落とさずに、Xボタンを押すだけで画面にマップが表示され、瞬時に状況を理解できるというメリットも感じた。慣れは必要だが、それぞれの長所もある一長一短といったところか。

 手もとの画面がなくなったのであれば、仲間のもとへ飛ぶスーパージャンプなどはどうするのか。今回は、マップを表示中に十字ボタンとAボタンで、それぞれに対応した(上が仲間のA君、右が仲間のB君といったイメージ)仲間のもと、もしくは下ボタンとAボタンでスタート地点へと飛んでいく。前作にあった“トルネード”のスペシャルウェポンでは、マップをタッチすることで好きな場所で発射できたが、今回はスペシャルウェポンが一新されているようで、トルネードはなくなった……のかもしれない。とはいえ、Xボタンでマップを表示中に、一点、ポインターらしい表示があるのを見つけた。Wiiリモコンで画面を指した場所が表示されるように、コントローラのジャイロ操作でポインターが動いていたので、これを使えばトルネードもできなくはなさそうだ(これまでより発射が遅れてしまうだろうが)。ちなみに、このポインターが何に使うのかはまだわからない。

 また、マップ表示に合わせて、ジャンプボタンがBボタンに変わった。これは慣れが必要だが、前作の“バトルドージョー”では、クラシックコントローラの操作でBボタンがジャンプになっていたので、これに慣れている人には自然に感じるかもしれない。

 というわけで、スプラマニューバのプレイ感覚を。二丁拳銃のようなスプラマニューバだが、印象としては前作のボールドマーカーやシャープマーカーなどの、連射の早い短射程ブキに近い。最大の特徴が、インクを撃ちながらBボタンを押すと、Lスティックの傾けていた方向に転がる“スライド”だ。高速で転がるスライドは、敵の攻撃回避などはもちろん、壁に隠れているところから急に登場したりと、いろいろな使いかたができそう。目の前の敵に使われたら、急遽エイムを合わせる必要があるため、撹乱されそうだ。なお、サブウェポンはおなじみキューバンボム。そして、スペシャルウェポンは初登場のジェットパック。インクの噴射で上空に上がり、ZRボタンでランチャーを撃つのだが、けっこうな上空に上がるため、高い木などの障害物にも邪魔されずに撃てるようになる(とはいえ、限度はあると思うが)。また、ランチャーはゆっくりと発射されるインクの弾だが、着地したところに広がるため、ある程度の狙いでも敵を倒すことが可能。ジェットパック中に移動もできるのだが、高所を無視した移動ができるということは、相手陣地などにも行けてしまうのだろうか……(そこは試せなかったので、確認したい)。

 そして、2戦目で選んだスプラシューターは、前作のスプラシューターとほぼ同じ。というか、スペシャルウェポンが変わったこと以外は、あまり変化がわからなかった(興奮してプレイしていたので、細かい部分に気づけなかったとも言える)。スペシャルウェポンは一新され、マルチミサイル。敵チームの特定の人物をロックオンして発射すると、狙った敵にミサイルが降り注ぐ。狙われた側にもサークルが表示されるので、ギリギリまで引き付けて回避するといったこともできそうだ(実際に回避したと思うのだが、まだ分析できておらず、あやふやな部分がある)。

 そのほか、気づいたこととしては、BGMにおなじみ“Splattack!”新アレンジ版があったこと、聞いたことのない新ボーカルのような曲があったこと、画面上の仲間が表示されるイカアイコンに、それぞれが使っているブキが表示されたことなどが挙げられる。イカアイコンはサイズの大小がなくなったようにも思えるが、“ピンチ”などの表示は確認できた。

 まだまだ気になること、調べたいことなどは山ほどあるが、まずは速報として上記のプレイリポートをお届けした。ほかのブキも含め、もし続けてプレイができたら、続報をお届けしたいと思う。何はともあれ、『スプラトゥーン2』は前作に負けず劣らず熱い! この夏が本当に楽しみだ!