映画『アサシン クリード』斎藤工がハリウッド映画の吹き替え初挑戦、DNA解析で「認めたくない」結果が判明

2017年3月3日(金)の全国ロードショーに先駆けて、本日1月10日(火)、東京・神楽坂の赤城神社で映画『アサシン クリード』の大ヒット祈願イベントが開催された。

●ゲームと世界観を共有する実写映画版

 ユービーアイソフトの人気シリーズ『アサシン クリード』と世界観を共有し、新たなキャラクターで新たなストーリーを描く映画『アサシン クリード』。2017年3月3日(金)の全国ロードショーに先駆けて、本日1月10日(火)、東京・神楽坂の赤城神社で大ヒット祈願イベントが開催された。

 本作の主人公、カラム・リンチを演じるのは、映画『スティーブ・ジョブズ』で第88回アカデミー賞主演男優賞にノミネートされたマイケル・ファスベンダー。日本語吹き替え版では、斎藤工がカラム・リンチの声優としてハリウッド映画の吹き替えに初挑戦する。

 今回開催された大ヒット祈願イベントでは、遺伝子に記録された500年前の祖先の記憶をたどるという映画の設定にちなみ、斎藤の遺伝子を最新の技術で解析。その結果が明かされた。

▲新春らしく、袴姿で登場した斎藤。「あけましておめでとうございます。成人式は15年前ですが、そこからまったく成長していないことに気づきました。年男なので飛躍の1年にしたいと思います」

 映画のヒット祈願を終えた斎藤は、映画『アサシン クリード』にまつわるトークを展開。ゲームはプレイしたことがないものの存在は知っていたといい、「今回の映画で、濃度の濃い魅力的なストーリーのうえにあるゲームなんだなと、さらに興味を持ちました」と語った。主演のマイケル・ファスベンダーについても「彼こそ本当に妖艶な俳優さん。セクシーさが取りざたされることが多いですが、ものすごく実力もある方です」と、映画ファンとして熱弁。映画は15世紀、ルネサンス期のスペインを舞台にしており、「ゲームもそうですが、建物やマップも実際の歴史に基づいた位置関係が大前提としてある。すべてがフィクションではないところが魅力」(斎藤)とのことで、時代を反映した精巧な舞台美術も注目ポイントのひとつだ。

 マイケル、そして吹き替え版では斎藤が演じるカラム・リンチは、過去と現在を行き来しながらアサシンとして覚醒していく主人公。ゲームには登場しないオリジナルキャラクターだが、孤高の戦士でありながら仲間のために戦う姿に、斎藤も「カッコイイ、シビれるヒーロー像」と大きな魅力を感じたそうだ。アフレコは「アクションが多いこともあり、“(うめき声)”が多かったですね」とのこと。「セリフより、呼吸音や台本に落とし込まれていない部分吹き替えることが主だと監督に教えられました」と、収録秘話を明かした。

 続いては、映画の設定にちなんで採取された、斎藤のDNAの解析結果を発表! ちなみにどの時代の祖先を追体験したいか訊かれた斎藤は、「高床式住居に住みたいという憧れがあるんですよ。日本は湿度との戦いじゃないですか。そういう意味でよくできている住居だなと思って……高床式住居時代に憧れてます」と独特(?)の願望を披露。ルネサンス期は日本でいうと戦国時代だが、「戦場にはいたくないですよね。僕は歩兵タイプだと思うので……竹槍を持っていた記憶があるような気がするんですよね……」と、ここでも謙虚(?)な姿勢を見せる。さて、今回のDNA解析では、50以上の項目のなかから、祖先に関係がありそうな5項目を抽出。その結果から斎藤の祖先を推測することとなった。

 結果では調和性・開放性、そして支配欲が高い数値を叩き出したものの、当の斎藤はといえば「イエスマンですね。日本で生きていくうえで我を通してはやっていけないので……」と消極的。とくに支配欲がこれほどまでに高い人は日本の人口の8%ほどしかいないらしく、「そういう欲が隠れているんですかね。真逆ですけどね、業界に支配されて……」と戸惑いを見せていた。
 これらの結果、斎藤の祖先のタイプは意外にも“将軍タイプ”と判断されたが、「将軍向きじゃない人が将軍になることで、新しい陣営を組んできたりしてきたんじゃないかなって。そういうタイプの将軍じゃないかな。家来は6人くらいしかいないと思いますよ、僕の軍は」とみずからを分析。「なかなか認めたくないですね、自分の勇ましいDNAは。感じないので……」と苦笑していた。

 最後に斉藤は、「いろいろなキャラクターに感情移入できる映画。生身の人間でどこまでできるかに挑戦している、挑戦的な作品になっています」と映画『アサシン クリード』をアピール。3月3日(金)のロードショーを楽しみに待とう。

▲ちなみに斎藤の2017年の抱負は「農業に手を出す」。とくにきのこなどの菌類を栽培したいといい、「不安定な芸能界で、何か自分の軸になるものが必要だなと思ってまして……」と野望(?)を披露していた。

●作品概要

◆タイトル:アサシン クリード
◆配給:20世紀フォックス映画
◆公開日:2017年3月3日(金)全国ロードショー
◆監督:ジャスティン・カーゼル
◆出演:マイケル・ファスベンダー、マリオン・コティヤール、ジェレミー・アイアンズ ほか



(C) 2016 Twentieth Century Fox and Ubisoft Motion Pictures. All Rights Reserved.