『紅蓮のリベレーター』の冒険は“水中”へ! 吉田氏基調講演まとめ【FFXIVファンフェスティバル 2016 in Tokyo】

2016年12月24日~2016年12月25日の2日間、東京・有明のビッグサイトで開催される『ファイナルファンタジーXIV』(以下、『FFXIV』)の大規模ファンイベント“FINAL FANTASY XIV FAN FESTIVAL 2016 in TOKYO”。初日の基調講演で発表された、『ファイナルファンタジーXIV』(以下、『FFXIV』)の次期拡張パッケージ『紅蓮のリベレーター』の最新情報をお伝えする。

●レイドダンジョンの制作に雨宮慶太氏&松野泰己氏も参戦

FFXIV』のオフラインイベントのワールドツアー、ファイナルファンタジーXIV ファンフェスティバル2016の東京公演がいよいよ開幕。高倍率の抽選を勝ち抜いてチケットを獲得した大勢のプレイヤーが東京ビッグサイトに集結し、多彩なステージイベントやアクティビティを楽しんでいる。

 今回の催しでとくに注目を集めたのは、冒頭で行われた基調講演。『蒼天のイシュガルド』に続く『FFXIV』の次期拡張パッケージ『紅蓮のリベレーター』に関する新情報が公開されるとあって、入場の手続きを終えた人々がつぎつぎと特設ステージの周囲に集まったのだ。

▲講演が開幕する直前の様子。すでに満席の状態だ。

▲吉田直樹プロデューサー兼ディレクターが登壇すると、会場を覆い尽くすほどの大歓声が巻き起こった。

紅蓮のリベレーター』のおおまかな概要は、2016年10月14日に開催されたファイナルファンタジーXIV ファンフェスティバル2016 in Las Vegasの基調講演およびその後に行われたインタビューですでに発表されている。以下の記事に目を通してから本稿を読み進めれば、次期拡張パッケージへの理解をより深められるだろう。

 ※関連記事
※『紅蓮のリベレーター』の展望、ジョブ調整の方針、ジャンピングポーション……いま話せることのすべて! 『FFXIV』吉田氏ロングインタビュー

※『FFXIV』拡張パッケージ第2弾『紅蓮のリベレーター』情報まとめ in Vegas【『FFXIV』ファンフェスティバル】

●次期高難易度レイドの舞台は“オメガ”だ!

 ここからは速報ですでにお伝えした内容も含めて、当日の基調講演で公表された新情報を、登壇者である吉田氏のコメントを交えつつ紹介していく。とくに注釈のない限り、発言はすべて吉田氏によるものだ。

※速報・『FFXIV』拡張パッケージの新ジョブ判明!発売日は2017年6月20日【FFXIVファンフェスティバル2016 in Tokyo】

※『FFXIV』次期拡張パッケージ『紅蓮のリベレーター』 基調講演でお披露目されたCG到着!【FFXIVファンフェスティバル2016 in Tokyo】

【新ジョブ】

以下、吉田氏の説明(要旨)

 新しいジョブのお話からスタートしようと思います。いきなり動画から行きますので、よく見てください。

▲スクリーンに赤魔道士の雄姿が映し出されると、場内から「おお!」とどよめきが上がった。

 新たなジョブのひとつ目は赤魔道士になります。ロールは遠隔魔法DPSですので、黒魔道士や召喚士と同じスロットになります。メインパラメーターが何なのかは、まだ言いません(笑)。
 武器はレイピアと魔法のクリスタル(仮称)です。納刀時は(レイピアと)一体化しており、抜刀すると分離するという、ふたつでひと組の新しい武器になっています。また『蒼天のイシュガルド』で追加された3つのジョブと同じく、赤魔道士は対応クラスはありません。エクストラジョブとして、いきなり使用可能です。
紅蓮のリベレーター』で実装される新ジョブの初期レベルは、いまのところ50を予定しています。『蒼天のイシュガルド』のときは、メインシナリオを進めないと新要素に触れられないというフィードバックを世界中からいただきました。そこで今回、赤魔道士のジョブクエストのスタートを『新生エオルゼア』側のエリアから始める計画になっています。これから『FFXIV』をプレイする方や復帰される方も、赤魔道士になってからストーリーを進めることが可能な作りになっています。

▲新ジョブ、赤魔道士の概要。

▲レベル70になると身に着けられる赤魔道士専用の装備。向かって左がアートワーク、右側が実機のグラフィックデータだ。

▲続いてバトルイメージの内訳も公開。

 バトルイメージは、魔法による遠隔攻撃がメインになります。白魔法と黒魔法というふたつの魔法から生まれた、赤魔法という独自の魔法を使います。そしてもちろんレイピアを持っているので、それを使った近接攻撃が存在します。つまり、遠近両方の攻撃を持っています。ただ、移動が面倒くさくならないよう、敵との距離を遠近(両面において)高速で移動できるアクションを持っています。さらに赤魔道士の特徴として、連続魔という新しい能力を操ります。この連続魔をうまく使って“魔力を溜める”というフィーチャーが赤魔道士の特徴です。いかに魔力をうまく溜めていくのかというところが、DPSとしての面白さに繋がっていくジョブです。

【バージョン4.0ダイジェスト】

 足早にではありますが、これまでお伝えしてきた4.0(『蒼天のイシュガルド』)の情報をダイジェストをお伝えします。

▲光の戦士のつぎの向かう先は、アラミゴ。

▲その目的の達成を阻む新しい将軍は、ゼノス。

▲新規レシピも追加。以前行われた装備デザインコンテストの優秀作品も、『紅蓮のリベレーター』時点での実装が予定されている。

▲ここで吉田氏がスパイダーマンのTシャツを着て再登壇。これが意味するものとは……?

▲フィールドを使った新しい探索型のコンテンツとして、禁断の地 エウレカがお目見え。

▲4つ目のハウジングエリアが登場。具体的な場所は……今回の講演でもまだ明かされなかった。

【新たなゲーム体験】

 『紅蓮のリベレーター』では、水中アクションが追加されます。従来のエオルゼアは足元までしか水中に入れませんでした。いよいよ『FFXIV』の世界でも、泳いだり潜ったりといった活動が可能になります。

▲ついに水中で泳いだり潜ったりできるように!

▲泳ぎの特徴に関する説明に用いられた画像がこちら。

 当然ですが、泳げる場所とそうでない場所があります。浅い川などは、いままでどおり走ることになりますのでご理解ください。泳ぐために特別なアクションが必要になるわけではなく、泳げる場所に突入すると自動的に泳ぎモーションに切り替わります。通常移動は平泳ぎモーション、スプリントを実行すると猛烈にクロールするモーションにスイッチします。フライングマウントのみ、湖面(水上)を飛行するという形で泳げるエリアに進入できます。グラウンドマウントは進入できないのでご注意ください。
 泳ぎに関しては、避暑地のコスタ・デル・ソルなど、『新生エオルゼア』側のエリアにも一部泳げるエリアをご用意しました。皆さんにしっかり泳ぐ体験をしていただくために、地上よりも移動速度がやや落ちます。また、こちらも開発チーム内で議論したところですが、遊泳中にバトルは発生しません。せっかくですので、ストレスなく泳ぎを体験していただこうかなと考えています。ただし、DoT状態で泳いでいるときにHPがゼロになったりすると、専用の戦闘不能モーションが表示されます(笑)。
 水中へ潜る場合ですが、ローディングは一切ありません。一部、画面に対して泡がボコボコと出る演出を軽く挟みますが、読み込みなしでシームレスに水中へ潜ることが可能です。
 当然ですが、潜水できる場所とできない場所があります。深い部分までマップが作られている部分のみ、潜ることが可能です。我々には魔法という力強い味方があるので、呼吸は必要ありません。この部分は、シナリオで補足されています。またフライングマウントはすべて潜水可能な乗り物になります。馬も……潜ります(笑)。ただし泳ぎとは異なり、潜水できるのは4.0エリアのほうにしかございませんのでご注意ください。
 潜水中に戦闘は行えませんが、NPCとの会話や採集活動は可能です。とくに漁師の方(を対象に)新しい採集活動が追加されますので、お楽しみいただけるよう、頑張って開発中です。
 潜水という行為(の開放)は、4.0のメインストーリーの中に組み込まれています。『蒼天のイシュガルド』でフライングマウントを取得したときと同様、(ストーリーの)比較的前半で能力が解放されます。

▲最後に水泳の動画が公開に。一定の水深まで冒険者が進入すると、自動的に泳ぐモーションに切り替わっていた。

▲水上から水中へ潜ると、マップがこのように変化する。

【新たな蛮族】

 新しいエリアに冒険が広がることで、新たな蛮族との出会いがあります。それは、アナンタ族です。ラミアと呼んだほうがわかりやすいかもしれませんが、アナンタ族が正式名になります。

▲アナンタ族の特徴の情報も公開された。

 アラミゴ周辺の辺境に住む蛮族です。女性のみで構成されているのが特徴ですが、現在、ガレマール帝国により強い迫害を受けています。古くはアラグ帝国以前より存在している歴史の深い蛮族ですが、大迷宮バハムートやアジス・ラーで改造されたラミアたちと出会ってきたように、因縁に満ちた存在でもあります。彼女たちは魔法を使い、美しい装飾品を作る民として知られる蛮族ですが、はたしてどんなふうに光の戦士との出会うのか……いろいろご想像いただければと思います。

 アナンタ族たちが信仰する神は、美神ラクシュミです。どういったシチュエーションでこの蛮神が呼び降ろされるのかも注目ポイントかと思います。

▲ラクシュミは、女神ソフィアとはまた違った美しさを誇っている。