『サガ スカーレット グレイス』これを読めばゲームの基本はバッチリ! 気になる情報をまとめて紹介

人気を集めるRPGシリーズ『サガ』の最新作である『サガ スカーレット グレイス』がついに2016年12月15日に発売! 発売を記念して、本作のゲーム情報の総まとめをお届けする。

●星神と邪神を巡る、新たなる『サガ』の伝説がいま始まる!

 自由度の高い冒険や育成システム、そして、ゲームデザインを手掛ける河津秋敏氏が描く独特の世界観で人気を集めるRPG『サガ』シリーズの最新作、『サガ スカーレット グレイス』が2016年12月15日についに発売となった。本記事では、ゲームの発売を記念して、いままでに公開された情報の総まとめを掲載する。購入するかどうか悩んでいる人や、本作を詳しく知らない人に、興味を持っていただければ幸いだ。

●プロローグ

星神を裏切った罪で追放された神“ファイアブリンガー”

邪神は彗星となり還ってくる。
鎮まっていた冥魔たちも暴れ始め、世界は危機に陥る。

星神はひとりの男に力を授ける。
彼は人々を率い“ファイアブリンガー”と戦う帝国を打ち立てる。
冥魔は地下へと押し戻され、邪神の星は彼方へと去った。

その後も邪神の星は、150年ごとに還ってくる。
時代時代の皇帝が“ファイアブリンガー”と冥魔たちを迎え撃った。
準備に怠りなく楽々と邪神を打ち破る皇帝もあれば、
油断の果てに世界を滅亡の淵に追い込んだ皇帝もいた。

七度目の襲来でついに、邪神の星は砕け散った。
1000年に渡る戦いに終止符が打たれたのだ。人々は平和の訪れに歓喜した。
“ファイアブリンガー”の破片は地上に降り注ぎ、
それは人間と星神の勝利を祝う花火のようであった。

“ファイアブリンガー”が消滅すれば、帝国も不要になる。
支配を続ける帝国に対して、各地で反乱が起きる。
それは皇帝の息子たちによる内乱へとつながる。
混乱のなか、“ファイアブリンガー”を倒した英雄である皇帝が暗殺され、帝国はあっけなく瓦解した。

それから70余年。帝国時代を知る者もほとんどいなくなった。
世界の混乱は続いていた。
新たな危機が迫っていることに気がつく者など、存在しなかった。

だが時代は主人公を用意する。新しい時代の新しい主人公を。

●みずからの運命に従って行動する4人の主人公

 本作では、4人の男女のうち、ひとりを主人公に選択してプレイする。選択した主人公によって冒険の目的は異なり、それぞれ独自のストーリーを楽しめるのが本作の特徴だ。

 なお、物語の展開こそ異なるが、どのキャラクターを選んでも、基本的なゲームのプレイスタイルは変わらない。装備する武器や使用する技などは、好きなように選んで楽しめる。

▲ゲーム開始直後、プレイヤーはいくつかの質問に答えることになる。選択した答えによって、主人公と、ボーナスが得られるパラメーターが決定。

▲答えによって選ばれたキャラクター以外でプレイしたい場合、主人公を選び直すことも可能だが、パラメーターボーナスはなくなる。

ウルピナ
「退路はない。それこそ望むところ。皇帝の剣ユラニウス家が血路を切り開く」

周囲からは姫と呼ばれて育った、明るく元気な女の子。女性ではあるが、ユラニウス家の一員として日々剣技を磨く毎日を送っていた。平和な毎日を送っていたウルピナだが、とある事件をきっかけに、兄を救うための旅に出ることに。

レオナルド
「だったら、最初からはっきり言えよな。無駄話させんじゃねぇよ」

帝国中心から離れた辺境で暮らす農民。平穏な暮らしをしていた彼だが、農地に倒れていた謎の女性と出会ったことで運命は大きく動き出す。レオナルドは、謎の女性がつぶやいていた“アイ・ハヌム”という場所を探して旅立つ。

タリア
「歪んでいるのは私自身なの。それで、焼き物のほうにも歪みが出るのよ」

過去に激動の人生を歩んでいたが、現在は陶芸家として静かな生活を送っている女性。ある日彼女は、自身の作品に“歪み”が現れたことに気づく。世界の歪みが自分の作品に影響を与えていると知った彼女は、その歪みの原因を探るため、激動の日々に戻ることを決意する。

バルマンテ
「下らぬ甘言で、俺を惑わせる気か。無用なことだ」

罪人を処刑することを生業とする法定処刑人。バルマンテは、かつてケイ州コハン城にて恐怖政治を敷いた執政シグフレイの処刑を担当したが、シグフレイは死の間際、「7度甦る」と予言を残す。そしてその予言の通り、シグフレイを名乗る者が世界に現れる……。

●仲間になるキャラクターは総勢70人以上!

 冒険の道中では、さまざまな能力を持ったキャラクターとの出会いが待っている。世界中を巡って仲間を増やし、個性的なパーティーを作り上げよう。

▲ウルピナの守役であるモンド。

▲不死鳥を追うタリアと利害が一致し、行動をともにするカーン。

▲レオナルドの幼なじみであるエリザベートは、半ば無理やりレオナルドの旅に同行。

▲バルマンテとともにシグフレイの謎を追う法務担当書記のアーサー。

▲アントニウスはウルピナの兄。二刀流の剣術の達人だ。

▲アントニウスの婚約者であるエリセド。ウルピナとは親交が深い。

・キャラクターはとにかく集めるべし!

 本作のバトルでは、バトル中にHPがゼロになると、キャラクターの生命力である“LP”が減ってしまう。LPは、バトルメンバーに入れなければ回復していくので、本作のバトルでは、仲間のLPを残量を見ながら、適宜バトルメンバーを入れ換えながら戦う必要がある。そのためにも、仲間の数はある程度必要だ。

 また、仲間を加えると、新しい“陣形”が覚えられることもある。陣形は、味方のステータスをアップさせたり、特定の武器の消費BP(後述)を減少させたりと、さまざまな効果を持っているので、多く集めておくほど、そのときどきのバトルに対応しやすくなる。仲間と陣形を集め、キャラクターの得意とする武器を組み合わせてパーティーを編成していく……それが『サガ スカーレット グレイス』の楽しみのひとつだ。

▲LPがゼロになってしまったキャラクターは、バトルを何度かこなさないと、戦闘に復帰できない。重要な場面で戦えない! なんてことにならないように、メンバーのローテーションを考えるべし。

▲陣形は、立ち位置によって得られる恩恵が異なることも。キャラクターの配置も重要だ。

●“フリーワールドシステム”で物語と世界が変わっていく

 本作は、イベントやバトルがすべてマップ上で展開する“フリーワールドシステム”を採用。マップ上には多彩なオブジェクト(街や洞窟、塔や鉱山など)があり、近寄ると、どんなイベント/バトルが発生するのかが事前にわかる。プレイヤーは、何が起こるかある程度把握したうえで、イベント/バトルを発生させるかどうかを好きなように選択できる。どこに行き、どの行動を起こすかで、物語と世界の様子が変わっていくのだ。

 フリーワールドシステムは、言うなれば、イベント、敵との戦闘、キャラクターの成長といった、“RPGのオイシイところ”をサクサクっと味わえるようなシステム。その中で、ひたすらストーリーを追うもよし、バトルをくり返してパーティーを強化するもよし。好きなように冒険を楽しめるのがポイントだ。

▲世界中で、さまざまなイベントがプレイヤーを待っている。

▲イベント中にモンスターと遭遇。戦うか、戦わないか? 自分の小さな決定が、今後のできごとに大きく影響するかも?

▲謎の巨大な氷がある地域。いまは何も起こらないが、ある条件を満たすと……?

▲マップ上で○ボタンを押さなければ、バトルには突入しない。倒せそうにない敵なら、パーティーを鍛えたのちに挑むのもあり。