カプコンは、人気サバイバルホラー『バイオハザード4』、『バイオハザード5』、『バイオハザード6』のプレイステーション4パッケージ版を、本日2016年12月1日に発売開始した。

●お求めやすくお手許へ

 カプコンは、人気サバイバルホラー『バイオハザード4』、『バイオハザード5』、『バイオハザード6』のプレイステーション4パッケージ版を、本日2016年12月1日に発売開始した。

 以下、リリースより。


累計販売数200万本突破※! 『バイオハザード4』、「5」、「6」

 シリーズ生誕20周年を記念して登場した「バイオハザード4」、「5」、「6」の人気3作品の高精細化+高フレームレート化プロジェクト。3月からスタートしたこのプロジェクトは全世界で好評を博し、復刻ジャンルのソフトでは異例と言える累計販売本数200万本を突破している。
 本日はこの3作品のPS4向けパッケージ版が登場。今月公開のハリウッド映画版最新作や、来年1月に発売を控えるシリーズ最新作「バイオハザード7」と共に楽しむのにも絶好の機会だ。
※各タイトルともパッケージ版とダウンロード版の商品内容は同じです。

『バイオハザード4』

 未曾有の生物災害“ラクーン事件”。その経緯は白日にさらされ、元凶となったアンブレラ社は崩壊した。事件から生還したレオン・S・ケネディは大統領直轄のエージェントへと成長していた。彼は誘拐された大統領令嬢の目撃情報を元にヨーロッパの寒村へと向かう。平穏な村で新たな事件の幕が上がる…。

▲大統領直属のエージェント
レオン・S・ケネディ
▲誘拐された合衆国大統領令嬢
アシュリー・グラハム
▲謎多き女スパイ
エイダ・ウォン
▲かつてのレオンの相棒
ジャック・クラウザー

『バイオハザード5』

 アンブレラ社の生物兵器流出により、引き起こされた未曾有の生物災害「ラクーン事件」から約10年。事件の生還者、クリス・レッドフィールドは対バイオテロ部隊BSAAのエージェントとして活躍していた。彼はアフリカ某国、キジュジュ自治区での生物兵器密売人の拘束作戦への参加を契機に、この地で進行する巨大な陰謀、そしてウェスカーの関不を知ることなる…。

▲対バイオテロ部隊BSAA創設者の1人
クリス・レッドフィールド
▲バイオテロを憎むエージェント
シェバ・アローマ
▲アンブレラの遺産を継ぐ者
アルバート・ウェスカー
▲巨大企業トライセルの幹部
エクセラ・ギオネ

『バイオハザード6』

 『バイオハザード6』はレオン編、クリス編、ジェイク編、そしてエイダ編、4つの物語で構成されている。独立した物語はやがて交差し、事件の全貌が明らかになってゆく。

▲大統領暗殺の容疑をかけられたエージェント
レオン・S・ケネディ
▲事件を引き起こしたと自白する女
ヘレナ・ハーパー

 北米で引き起こされた大規模バイオテロでは大統領が犠牲となった。現場に居合わせた合衆国のエージェント、レオンは大統領暗殺の容疑をかけられる。絶望的な状況下で、彼は真実を目指す。

▲己を見失った対バイオテロ部隊隊長
クリス・レッドフィールド
▲BSAAの若きエース
ピアーズ・ニヴァンス

 あるミッションをきっかけに己を見失ってしまったかつての英雄、クリス。彼は中国を襲った未曾有のバイオテロ鎮圧へと向かう。混乱を極める現場で、彼は自身を見つけ出すことが出来るだろうか?

▲呪われた血を持つ男
ジェイク・ミューラー
▲ジェイクを護り、導く女性
シェリー・バーキン

 東欧の紛争地区の傭兵、ジェイク。彼は並外れた身体能力に加えて、ある特異な体質を備えていた。合衆国エージェント、シェリーはある目的のため、破格の報酬で彼と契約する。

▲謎をまとう女
エイダ・ウォン

 世界各地で発生するバイオテロ。その現場のそこかしこに現れる謎めいた女の影。彼女の目的は何なのか?彼女の視点で全ての事件が1つに繋がってゆく。