プレイステーション VR、発売後4日間で4.6万台を販売! 国内推定販売台数速報が到着

ゲーム総合情報メディア“ファミ通”は、ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアより2016年10月13日に発売されたプレイステーション VRの国内推定販売台数を速報として発表。

●VRの認知度もPS VR発売後に上昇

 ゲーム総合情報メディア“ファミ通”は、ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアより2016年10月13日に発売されたプレイステーション VRの国内推定販売台数を速報として発表。発売日の10月13日から10月16日までの国内推定販売台数は、46492台となる(PlayStation Camera同梱版との合算値)。

 加えて、全国の20代~60代の男女を対象としたVRの認知度調査の結果も公開された。

 以下、リリースより。


ゲーム総合情報メディア「ファミ通」は、ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアが2016年10月13日に発売した、バーチャルリアリティシステム「プレイステーション VR」の国内推定販売台数を速報としてまとめました。また、プレイステーション VRの発売にあわせ、全国47都道府県の20~60代の男女約1万人を対象としたVRの認知度調査を行いました。

■プレイステーション VR 国内推定販売台数

(集計期間:2016年10月13日~2016年10月16日/販売日数:4日間)

国内推定販売台数:46,492台
※「PlayStation Camera同梱版」との合算値です。

【ご参考】
プレイステーション4の国内推定累計販売台数:3,261,106台
(集計期間:2014年2月22日~2016年10月16日)

■VR(バーチャルリアリティ)の認知度調査結果

●全体の約7割(69.0%)が「VRを知っている」と回答。
●男女別では、プレイステーション VR発売後、特に女性の認知度が上昇。

▲全体の認知度

▲男女別の認知度変化

調査人数:
2016年9月13日時点 10884人(男性6523人、女性4361人)
2016年10月18日時点 11194人(男性6800人、女性4394人)
出典:ファミ通 powered by eb-i

今回の速報について

10月13日に発売されたソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアのバーチャルリアリティシステム「プレイステーション VR」は、発売から4日間で国内4.6万台を販売しました。

今回、全国47都道府県の20~60代の男女約1万人を対象に「VR(バーチャルリアリティ=仮想現実)」の認知度について調査したところ、全体の約7割(69.0%)が「VRを知っている」と回答しました。プレイステーション VR発売1ヶ月前に行った調査と比較すると、8.4%の増加となります。男女別にみると、特に女性の認知度が約1割(10.5%)アップと、男性よりも上昇率が高くなっています。プレイステーション VRの発売がVRの認知度拡大に繋がっていると考えられます。