『龍が如く6 命の詩。』にオカダ・カズチカら新日本プロレスリングの選手6人が出演!

セガゲームスは、2016年12月8日発売予定のプレイステーション4用ソフト『龍が如く6 命の詩。』について、ゲーム内の新規プレイスポットである多人数戦略チームバトル“クランクリエイター”に、新日本プロレスリングの選手ら6名が出演することを発表した。

●演じるのは“クランクリエイター”最凶のギャング集団

 セガゲームスは、2016年12月8日発売予定のプレイステーション4用ソフト『龍が如く6 命の詩。』について、ゲーム内の新規プレイスポットである多人数戦略チームバトル“クランクリエイター”に、新日本プロレスリングの選手ら6名が出演することを発表した。

 以下、リリースより。


 この度『龍が如く6 命の詩。』に出演が決定した選手は、オカダ・カズチカ選手、小島聡選手、棚橋弘至選手、天山広吉選手、内藤哲也選手、矢野通選手の6 名です。6 名は、『龍が如く6 命の詩。』の新たなプレイスポットである、多人数戦略チームバトルが楽しめる「クランクリエイター」に、神室町最大のギャングチーム“JUSTIS”最凶幹部役として登場します。主人公・桐生一馬が組織する“桐生会”の行く手を阻む、6 名の選手の活躍にご期待ください。
 PlayStation4 専用の新ゲームエンジンにより、多人数による乱戦バトル「クランクリエイター」の実装が可能となった本作。『龍が如く6 命の詩。』の今後の情報にもご期待ください。

■登場する新日本プロレスリングの選手たち

▲オカダ・カズチカ 選手

▲小島聡 選手

▲棚橋弘至 選手

▲天山広吉 選手

▲内藤哲也 選手

▲矢野通 選手

協力:新日本プロレスリング/(C)NJPW

■「クランクリエイター」とは

 『龍が如く6 命の詩。』で新たに遊ぶことができるプレイスポットの一つです。シリーズ初となる多人数VS 多人数のダイナミックな戦略バトルがお楽しみいただけます。主人公・桐生一馬は自分の組である“桐生会”を組織し、神室町と広島・尾道仁涯町で仲間を集めて桐生会を育成していきます。バトルでは組長や組員に設定した仲間たちに適切な指示を出し、敵組織を殲滅するのが主な目的となります。仲間の出撃コストや兵種、能力値やスキルなど、個性を見極めて適切なポジションに設定する組織編成が勝敗の鍵を握ります。シリーズではおなじみの真島吾朗を始めとしたキャラクターも登場しますのでご注目ください。また、ネットワークモードでは、ほかのプレイヤーとの対戦や防衛戦、限定ミッションなどへも挑戦可能です。



(C)SEGA
※画面は開発中のものです。