“舞台「戦国無双」~四国遠征の章~”開幕! 息を呑む知略戦と迫力の殺陣で描く戦国武将たちの「泥くさい美しさ」

本日2016年6月29日(水)、東京・AiiA 2.5 Theater Tokyoにて開幕する“舞台「戦国無双」~四国遠征の章~”のゲネプロ公演および囲み取材をリポート!

●舞台シリーズ第2弾がいよいよスタート!

 本日2016年6月29日(水)、東京・AiiA 2.5 Theater Tokyoにてコーエーテクモゲームスの『戦国無双』シリーズを原作にした“舞台「戦国無双」~四国遠征の章~”が開幕。初回公演前に、マスコミ・関係者向けのゲネプロ公演および囲み取材が開催された。

 『戦国無双』の舞台化作品は、2015年5月に上演された前作“舞台「戦国無双」~関ヶ原の章~”以来2作目。前作にも登場した石田三成を主人公に据え、信長亡き後に天下統一を目指す秀吉らと、毛利元就、小早川隆景らの戦いが、大迫力のアクションシーンを交えて描かれる。

 ゲネプロ公演前に行われた囲み取材には、石田三成役を務める座長の植田圭輔を始め、藤堂高虎役の秋元龍太朗、大谷吉継役の和田雅成、小早川隆景役の荒牧慶彦、毛利元就役の猪野広樹、長宗我部元親役の渡辺和貴が登壇。公演へ向けた意気込みを語った。

▲左から、渡辺和貴、和田雅成、植田圭輔、秋元龍太朗、荒牧慶彦、猪野広樹

植田圭輔 前作で真田幸村を演じた安西慎太郎から座長を引き継いで、石田三成を演じさせていただきます。新たなキャストを迎えつつ、また新しいカンパニーでのスタートとなりました。シリーズ化の第2弾はいちばん難しいものだなと自覚していていますが、あまり難しく考えても仕方がありませんので、“一生懸命やる”に尽きるなと思って挑んでいます。今回も素敵なキャストの皆さんに囲まれて、ふざけるときはふざけ、やるときはやるという“舞台「戦国無双」”らしいカンパニーになりました。石田三成を真ん中に置くにふさわしいストーリーですし、それぞれの生き様が描かれていますので、たくさんの方に観ていただけたら光栄です。僕たち自身もスタッフも『戦国無双』の世界観が好きで、僕ら自身が「早くお客様に観ていただきたい」と楽しんで作品作りをしてきました。吉谷(光太郎)さんの演出のいちばんの魅力は、美しい画や世界観。美しい世界観の裏には努力や汗があり、僕たちやアンサンブルのみんなは裏を走り回りながら美しい世界観を作っています。そんな矛盾した“泥くさい美しさ”を、武将それぞれの生き様として掲げていけたらきっといいものになると、声に大にして言える自信があります。ぜひ楽しみにしていてください。

秋元龍太朗 前作から引き継いで“舞台「戦国無双」”に出演するキャストは『戦国無双』や自分のキャラクターにすごく愛着がありますし、また出られることがすごくうれしいと思っていました。新キャストを迎えましたが、カンパニー力で壁なんて一切なかったですし、それが舞台上でも発揮できていると思います。戦国武将ということでつねに死を感じている作品ですから、死をしっかり胸に刻みながら全員で作っています。座長の植田くんにはすごく頼もしい背中を見せてもらっているので、僕たちも精一杯食らいついて、いいものを作ろうとがんばっています。斬新な演出もあり、やっている僕たちもワクワクする仕掛けがいっぱいあります。視覚的な部分でも楽しめますし、生身の人間が出す熱量がすごくある作品になっていますので、『戦国無双』の世界観を劇場全体で感じていただきたいです。

和田雅成 “舞台「戦国無双」”という作品に出会って、自分の人生が大きく変わりました。そんななか、自分の人生だけではなく、お客様にも何かを感じていただいて、明日から生きる気力・活力になる作品をお届けできるように、千秋楽まで突っ走っていきたいと思います。大谷吉継として石田三成とともに歩み、しっかり最後まで武将としての生き様を見せていきたいと思います。劇場でお待ちしております。

荒牧慶彦 僕は小さい頃から『戦国無双』や『三國無双』など『無双』シリーズが大好きでした。“舞台「戦国無双」”は気になるものでしたが、こうして小早川多隆景役として出演できることを本当にうれしく思っています。いち武将として、もっとたくさんの方々に『戦国無双』の魅力を伝えたいと思っています。今回の舞台は、僕もいままで体験したことのない舞台演出などがありますので、演出や役者の熱量も含め、とてもいい作品に仕上がっていると思います。ぜひ楽しみにしていただいて、ひと夏の思い出にしていただけたらうれしいです。

猪野広樹 新キャストにも垣根なく気軽に話しかけてくださったおかげで、すぐに距離が近き、演出家の方ともすぐにコミュニケーションを取ることができて、作りやすい環境にいたなと思います。10公演しかない命、最後まで燃やし尽くしたいと思います。アツい舞台ですが、我々毛利軍はイヤらしい戦いをしたいと思っています(笑)。アツく向かってくる武将たちの裏をどうかくかという、毛利家らしい戦いかたを、舞台上でマッキーさん(荒牧)と表現したいと思います。

渡辺和貴 僕たち新キャストを温かく迎え入れてもらい、本当にみんなで仲よくアツく稽古に臨んできました。このキャストだからこそできる最高の『戦国無双』を皆さんにお店できるよう全力でがんばります。石田三成の敵役として出演するのですが、長宗我部元親の正義を貫いて、最後まで生き抜きたいと思います。今回は全員が男キャストで、とにかくアツい仲間が集まりました。その熱量を感じに劇場へ来ていただければと思います。

 つぎのページでは、劇中カットを含めて本作をリポート。ネタバレNG派の方はご注意を!

前のページへ
  • 1
  • 2
次のページへ