どのメニューも愛情たっぷり!『FFXIV』エオルゼアカフェ 新メニューアイディア募集コンテスト2016 授賞式&試食会リポート

2016年5月29日、東京・秋葉原のパセラリゾーツ AKIBA マルチエンターテインメントにて、『ファイナルファンタジーXIV』のコラボカフェ、“エオルゼアカフェ”の新メニューアイデア募集コンテストの授賞式と試食会が催された。

●新メニューは2016年6月1日から提供

 2016年5月29日、東京・秋葉原のパセラリゾーツ AKIBA マルチエンターテインメントにて、『ファイナルファンタジーXIV』(以下、『FFXIV』)のコラボカフェ、“エオルゼアカフェ”の新メニューアイデア募集コンテスト2016の授賞式と試食会が催された。

 コンテストの開催は、2015年に続き2度目。エオルゼアカフェの来場者が2015年12月末に50000人を突破し、レベル6を達成したことから、『FFXIV』にちなんだ新メニューのアイデアが一般公募されていたのだ。

 今回はじつに300件を超えるメニューが寄せられ、全17品が受賞。

※応募時のイラストなどはこちら

 なかには、前回のコンテストから連続で受賞たり、部門をまたいで複数の作品が受賞した人の姿も。会場には『FFXIV』コミュニティチームの室内俊夫氏らが登場し、日本各地から集まった受賞者たちと、談笑を交えながら楽しく新メニューの数々を堪能した。

▲授賞式&試食会は、2階にあるエオルゼアカフェとは別に用意された、パーティールームで行われた。

▲プレゼンターは、おなじみ、公式コスプレイヤーのララたん(佐野千尋さん)&ルガ姉さん(秋乃けいさん)。きゃわわ&セクシー!

▲エオルゼアカフェのリテイナーたちによる試食会の様子。自分のメニューが再現されてうれしいのはもちろんだが、ほかの受賞者のメニューもすごくおいしいと、皆さん笑顔だった。

●フード部門(全7品)

◆冒険者なら一度は食べてみたい竜の肉(by やっくん)

 この受賞者は“竜の肉”に加え、ドリンク部門(“占星術師の夜の夢”)でも受賞。7品応募したうちの2品が採用されたため、「何かの間違いじゃないかな?」と思ったのだとか。

▲竜の肉って、口の中でほどけるほどやわらかいんですね。骨をイメージした部分はコリコリで、食感が楽しかったです。

◆オルちゃん焼きwithテュポーン先生(by ななここ)

 一見ふつうのたこ焼きだが、ランダムで中身が辛いものがあるというギミックが。「食べた人が、“フンガー”としていただけたらいいなと」と述べたこちらの受賞者も、ドリンク部門(“ヤシュトラのバリア・カルーアミルク”)でダブル受賞。さらに前回のコンテストで、“ゴールドソーサーパフェ”が採用されている強者だ。

▲辛いたこ焼きは、ツーンと鼻にくる辛子味。油断していて当たるとヤバイかも?

◆ユウギリの雪見おにぎり茶漬け(by NM)

 完成図もレシピの注文もナシで、タイトルだけで受賞した珍しいケース。エオルゼアカフェのスタッフが、腕をふるって再現した。

▲いままで、ありそうでなかったお茶漬け。お出汁がやさしくてさっぱりと食べられる、シメにふさわしいメニュー。

◆極ラーヴァナ 激辛担々麺 ~耐えてみせよ!~(by リリー)

 パンチの効いたメニューだが、応募したのはふんわりとした女性という意外性。「極ラーヴァナはけっこう強いので、辛いほうがいいのかなと思いましたが、自分が好きじゃないので……」と辛さの度合いについて語っていた。

▲肉ごま味噌がピリリ、青菜がシャキシャキでおいしい!

◆ゼーメル家風グラタン(by ちょろ)

 受賞者も、思っていた以上の仕上がりに満足している様子だった。

▲チーズがたっぷり使われていて、とろふわクリーミーです。

◆イゼルのシチュー(by hacobune)

 「イシュガルドの冒険で、皆さんの心にいちばん残っているメニューだから」と、仲間で思い出を語りながら食べることを想像したという。事前においしく試食した室内氏は、誰がニンジンを食べるかで語り合ってしまったのだとか。

▲肉やソーセージ、野菜がゴロゴロ入っていてボリュームたっぷり、パンもついておトク感があります。

◆イゼルさん家のシヴァ漬け(by ほたぴん)

 「非常においしかった」と食べた感想を述べる室内氏に対し、「もうちょっと(シヴァ漬けの)青みが出てもいいかな」と受賞者がツッコんだため、会場に笑いが起きていた。

▲お酒の軽いアテや、前述の“ユウギリの雪見おにぎり茶漬け”のお供に。長らく人気メニューのひとつだった青いラーメン、“水神リヴァイアサンの冷やし大海嘯麺”に代わって注目を集めそう。

●デザート部門(全3品)

最優秀賞
◆コロコロポックルケーキ・植物園風(by アリス)

 今回のコンテストで採用された17品のうち、最優秀賞を受賞。応募理由を聞かれた受賞者は、「自分が食べたかったから」と純真な気持ちを述べていた。また、食べるときの意気込みとして、「カワイイとかはいいから、グサッといってください」とアドバイスしていた。

▲ピスタチオムースがベースで、中にはチョコが。本体の甘さと、お皿にあしらわれたベリーの酸味がマッチしておいしいです。

◆フォルタン・ショコラ(by あぱちょ)

 オルシュファン愛にあふれる受賞者。応募イラストの細かい部分まで再現されていたため、「すごくかわいくしていただいて!」とうれしそうだった。ちなみにこの受賞者は、前回のコンテストで“極(食)リットアティン完食戦”という豪快なメニューを考案した人だ。

▲アツアツでとろとろのフォンダンショコラと冷たいバニラアイスの組み合わせが、おいしくないわけがない! ワッフルコーンがアクセントなのがまたよし。

◆ファットキャットのふわふわロールケーキ(by ぴの)

 ファットキャットのプリプリなおしりが大好きだという受賞者。「男性も女性もシメにデザートを食べたいと思いますし、私も個人的に食べたかったので」と着想について語った。

▲おしりというかしっぽというか、すべてがキュート。甘くてフォトジェニックなデザートです。