●あの感動がプレイステーション Vitaで蘇る

 2015年に放送されたテレビアニメ『プラスティック・メモリーズ』。『シュタインズ・ゲート』などの林直孝氏がシナリオを手掛け、その儚くも純粋なラブストーリーが多くのアニメファンを魅了した作品だ。同作がプレイステーション Vita用ソフトとなってリリースされることが明らかになった。週刊ファミ通2016年5月26日発売号では、プレイステーション Vita用ソフト『プラスティック・メモリーズ』のシステムや内容について紹介していく。

 詳細は週刊ファミ通2016年6月9・16日合併号(2016年5月26日発売)でご確認ください!

■週刊ファミ通のご購入はこちら
※ebten(エビテン)

■電子版のご購入はこちら
※BOOK WALKER