『逆転裁判6』“3rd プロモーション映像”が公開 第3話のあらすじや登場人物もチェック

カプコンは、2016年6月9日発売予定のニンテンドー3DS用ソフト『逆転裁判6』について、第3話のあらすじや登場人物を公開した。

●クラインで起きた成歩堂第2の事件とは?

 カプコンは、2016年6月9日発売予定のニンテンドー3DS用ソフト『逆転裁判6』について、第3話のあらすじや登場人物を公開した。
 また、最新プロモーション映像が公開。徐々に明らかになってきたストーリー、新キャラクターやシステムなどがチェックできる。

 以下、リリースより。


●クライン王国の聖域で起こった、伝承になぞらえた殺人事件!?

神聖な儀式の最中に司祭が殺害!!
 クライン王国で長い間修行を続けてきたマヨイ。最後の修行となる、クライン王国の守り神「鳥姫」へ祈りを捧げる儀式《水清めの儀》が終われば日本へ帰れると、意気込むマヨイだったが、儀式の最中に、儀式をとりしきる祭司が殺害される事件が発生!!

 殺害現場は、一般人の入ることの許されない「聖域」。しかも現場にいたのは、儀式をとりしきる祭司と、儀式での鳥姫役を仰せつかったマヨイのふたりのみ!「鳥姫が降臨されるとき、泉の水が赤く染まる」という古き言い伝えの通り、鳥姫の衣装をまとったマヨイが祭司を殺害したとして逮捕されてしまう!!

●マヨイが逮捕!! レイファがお目付け役として成歩堂と同行!?

アカネもクライン王国へ来訪! カガクの力を借りて、事件の証拠品を探せ!
 マヨイの無実を証明するため、事件を調査する成歩堂たち。しかし、成歩堂を信用しないレイファが目付役となって調査に立ち会うと言い出した!レイファに監視されながら、関係者や現場などを調査するハメに。すると、ナユタ検事に同行してクライン王国へ訪れている科学捜査官のアカネに遭遇。
 アカネからカガク捜査の道具を借りて事件の真実への手がかりを探すのだった。

●絶体絶命のピンチから逆転し、マヨイとともに帰国できるのか!?

▲自分のことは何一つ思い出せないが、目撃した内容は、はっきりしているようだ。どこかにムジュンはないだろうか?

▲ナルホドの隣に立つマヨイの姿を見るのは久しぶり! かつてのようにナルホドをサポートしてくれる。

●事件に関わる登場人物たちを紹介!

謎が謎を呼ぶ謎の男 ナナシーノ・ゴンビェ(仮)
 本名・職業・年齢。全てが謎に包まれた謎が謎を呼ぶ謎の男。ヒゲもじゃなため、顔すら謎。
 さらに本人自身も記憶を失っているため、誰もそのコタエを知るものはいない。

▲記憶喪失のはずなのに法廷に証人として登場!? 便宜上の名前として「ナナシーノ・ゴンビェ(仮)」と名乗ることに。

悲劇の未亡人 サーラ・アータム
 被害者、マルメル・アータムの妻。
 常にマルメルの遺影を抱え、ことあるたびに遺影に話しかけ相談する。ただし、本当に死者の声が聞こえる訳ではなく、声が聞こえる気がするだけとのこと。

▲愛する夫の遺影に向かって話しかけるサーラ。夫の突然の死をまだ受け入れられず固く心を閉ざしてしまっているようだ。夫が生きているかのように遺影と会話する姿がどこか切ない。

クライン王国の法務大臣 インガ・カルクール・クライン
 クライン王国の法務大臣。
 女王の夫、つまりレイファの父でもあり、名実ともにクライン王国の法を支配している。自らに刃向かう革命派をうとましく思っており、まとめて裁くため弁護罪を利用している。

▲その立場からか威厳も威圧感もあるインガ。クライン王国の独特の裁判は、法務大臣である彼によるところが大きい。異国の弁護士である成歩堂のことを快く思っていないようだ。

●国のピンチに現れるクライン王国の守り神「鳥姫」とは?

国民に慕われる守り神「鳥姫」をモデルにした「冥界戦士トリサマン」!!
 クライン王国の建国時に活躍した女戦士「鳥姫」。クライン王国の伝承では、国が危機に陥ると姿を現し、国を守る守り神として信仰の対象になっている。
 また、クライン王国で放送中の、鳥姫をモデルにした特撮番組「冥界戦士トリサマン」が大人気になるほど国民に慕われているのだ。どことなく、どこかの特撮番組を彷彿とさせるが…気のせいだろう。

●クライン王国で暗躍する「反逆の龍」

クライン王国民を脅かす革命派「反逆の龍」
 今のクライン王国の女王や制度に反発している革命家ドゥルク率いる革命派「反逆の龍」一派。革命のためなら犯罪もいとわないため、クライン王国を脅かす存在として恐れられている。



(C)CAPCOM CO., LTD. 2016 ALL RIGHTS RESERVED.
※画面は開発中のものです。