“蒼”の最終章

 アークシステムワークスは、週刊ファミ通2016年4月28日号(2016年4月14日発売)にて、プレイステーション4・プレイステーション3用ソフト『ブレイブルー セントラルフィクション』の最新情報を公開した。以下、記事内容を抜粋してお届けする。


 アーケードで稼動中の人気対戦格闘ゲームの家庭用が、 ついに発売決定! 家庭用からの新キャラクターが登場するほか、 アニメ化や小説化もされた物語が、本作でついに完結を迎えることになるぞ。今回は、 収録ゲームモードや新キャラクター情報を掲載。

家庭用ならではの多彩なモード

 アーケードで対戦するのも楽しいけれど、家でじっくりとプレイできるのが家庭用の魅力のひとつ。本作には、アーケード版に搭載されていたものはもちろん、家庭用でしか楽しめないモードも数多く収録されているのだ。今回紹介した過去シリーズでもおなじみのモードに加え、本作にて初登場となるオリジナルモードの追加が決定しているぞ。詳細はまだ明らかにされていないので、今後の情報公開を期待して待とう。

■ストーリーモード

 アドベンチャーゲーム形式で物語を楽しめるストーリーモード。本作では、全編新たに書き下ろされた数十時間に及ぶ大ボリュームシナリオで、2008年から展開し続けてきたラグナを主人公とした“蒼の物語”の最終章が描かれる。

Es(エス)ついに登場!

 家庭用オリジナルのキャラクターとして参戦する衝撃の人物が判明! 『ブレイブルー』と世界設定を共有するアドベンチャーゲーム『エクスブレイズ』シリーズから、原作の重要キャラクターであるEs(エス)の参戦が決定したぞ。彼女が登場するゲーム画面を本邦初公開!!

Es(エス)
声:野村真悠華
 『エクスブレイズ』の主人公、橙八の前に姿を現した謎の少女。かわいらしい見た目とは裏腹に、高い戦闘能力を有している。与えられた使命以外のことには関心がなく、自分のことを話そうともしない。意外にもプリンが大好物。

※週刊ファミ通2016年4月28日号(2016年4月14日発売)には、森利道プロデューサーのインタビューも掲載!


ブレイブルー セントラルフィクション
メーカー アークシステムワークス
対応機種 PS4プレイステーション4 / PS3プレイステーション3
発売日 2016年秋発売予定
価格 未定
ジャンル 対戦格闘
備考 プロデューサー:森 利道、ディレクター:石川辰則、キャラクターイラスト:加藤勇樹