“ファミ通×電撃ゲーム実況エクストリーム” だいだらさんの『DQMJ3』の動画シリーズが今週も再生ランキング1位に!

“ファミ通×電撃ゲーム実況エクストリーム”より、2016年3月27日~4月2日の期間内に大きな注目を集めた動画&再生回数の多かった動画をお届け。

●第18回えんため大賞 ゲーム実況部門もまだまだ募集中

 “ファミ通×電撃ゲーム実況エクストリーム”では、“ファミ通×電撃 ゲーム実況エクストリーム”に紐づいている動画のなかから、2016年3月27日~4月2日の期間内に大きな注目を集めた動画&再生回数の多かった動画をピックアップして紹介。また、期間中に再生回数の多かった動画をランキング形式でお届け。

 以下、リリースより。


ファミ通×電撃 ゲーム実況エクストリーム
週間再生数ランキング2016年3月27日~2015年4月2日
今週のオススメ動画や人気動画ランキングを紹介!

 ファミ通×電撃ゲーム実況エクストリームでは、ゲームがもたらすゲーム体験やゲーム文化を、YouTubeの動画クリエイトを通じて世に伝える施策を展開しています。一般の動画クリエイターとファミ通、電撃が手を取り、“ゲームはこんなにも面白い!”ということを、KADOKAWAが運営するYouTubeのマルチチャンネルネットワーク“ファミ通×電撃 ゲーム実況エクストリーム”によって盛り上げていきます。

 今回は、“ファミ通×電撃 ゲーム実況エクストリーム”に紐づいている動画のなかから、2016年3月27日から2016年4月2日の期間内に大きな注目を集めた動画をピックアップして紹介。また、期間中に再生回数の多かった動画をランキング形式でお届けします。

■ゲーム実況エクストリーム運営チームからのお知らせ
第18回 えんため大賞 ゲーム実況部門、今年もやります!
ゲームに関する動画であれば内容(動画の長さ、実況やテロップの有無)は自由です。
また、YouTubeポリシーに反しなければ、新・旧・インディーズ問わず全てのゲームをプレイ可能です。
皆様のゲーム愛のある作品を心よりお待ちしています!

応募要項はこちら

youtubeポリシーはこちら

応募資格
■「ゲーム実況エクストリーム」へ加入していること  
■年齢・性別・国籍・プロ・アマ問いません。

■今週の運営チームピックアップ動画(集計期間:2016年3月27日~2016年4月2日)

 集計期間内の動画の中から、“ファミ通×電撃 ゲーム実況エクストリーム”が面白い! と感じたオススメ動画をピックアップ。動画の注目点や他の動画では見られないユニークなポイントなどを紹介していきます。

【ポッ拳】キヨ VS こーすけ【実況】

 “こーすけ”さんと“キヨ”さんによる対戦格闘ゲーム『ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT』の実況動画です。あまりプレイしない人には敷居の高さを意識してしまうジャンルですが、動画ではワイワイと楽しそうにプレイしているのが印象的。熟練者同士のアツい駆け引きやスーパープレイなどはありませんが、友達の家に集まってゲームで一緒に遊ぶ楽しさを思い出させてくれる動画に仕上がっています。

※チャンネル名 こーすけ(最終兵器俺達)

【実況】3月シーズン開始!目指せレジェンダリ!パート4 【Hearthstone】

 オンライントレーディングカードゲーム『Hearthstone』で上位ランカーを目指す動画。今回はゲーム終盤で一気にダメージを稼ぐ戦法を得意とする“フリーズメイジ”、最初から猛攻を仕掛ける攻撃型“アグロシャーマン”というタイプの異なるデッキと対戦します。どちらも序盤の展開が大きく左右するシビアな戦いとなりますが、ひたすらダメージを稼ぎ続ける“ねお”さんのプレイは必見。また、今後どれだけランキング上位に食い込んでいくのか、続きが気になるシリーズになっています。

※チャンネル名 ねおスチカンパニー

【ハイファンタジー】オーディンスフィアレイヴスラシル実況#35

 西洋風のファンタジー世界観が特徴の『オーディンスフィアレイヴスラシル』を実況プレイ。本作はベルトスクロール型の横スクロールアクションに豊富なキャラクターやスキル育成システムが加わり、懐かしくも新鮮なゲームになっています。プレイヤーの“ヌヌ”さんはいつでも沈着冷静な立ち回りがモットー。状況に応じて的確なコンボを選択していく戦い方は、本作のシンプルながら奥深いシステムの魅力を引き立たせてくれます。

※チャンネル名 ヌヌのゲームチャンネル

【Octodad: Dadliest Catch】 初見実況プレイ #1 グニャグニャのタコ人間を操作するバカゲー

 人間の世界で生きていくタコのお父さんの悲喜こもごもを描いた『Octodad: Dadliest Catch』を、“ましわぎ”さんが実況プレイするシリーズ第1弾。ぐにゃぐにゃと動き回るタコの足が世界をぐちゃぐちゃにしていく様子は、理不尽さを通り越して爽快感すら覚えるほど。ましわぎさんの実況もゆったりとしていて、心地よい気分で視聴できるのもポイントの1つ。
感動(?)のエンディングも必見です!

※チャンネル名 ましわぎチャンネル

■ファミ通&電撃オススメ動画(集計期間:2016年3月27日~2016年4月2日)

 “ファミ通”と“電撃”、そして“ゲーム実況エクストリーム”に関連するチャンネルのなかから、上記集計期間内に大きな注目を集めていたオススメの動画をご紹介していきます。

<今週のファミ通関連オススメ動画>

『クリスタル オブ リユニオン』 JRPGライクなストラテジーゲームに大塚角満大興奮【これ、知ってる?】

 ファミ通関連動画からは、“大塚角満”らがお送りする「これ、知っている?」をピックアップ。今回は、ストラテジー型MMORPG『クリスタル オブ リユニオン』を、プロデューサーの結城さんとディレクターの滝澤さんを迎えて紹介していきます。やや敷居が高く感じるストラテジー型のタイトルですが、本作はJRPG魅力的なキャラクターたちが多数登場。JRPGの雰囲気で王国作りが楽しめるゲーム性に大塚さんも大満足したようです。なお、本作は事前登録キャンペーンを行っているので、興味がある人はぜひ公式サイトも覗いてみてください。

※チャンネル名 ファミ通App

<今週の電撃オンラインオススメ動画>

[開始は0:20] まったりマイクラPE : 電撃オンライン x ファミ通App : Google Play GAME WEEK

 電撃オンラインチャンネルからは、Youtubeクリエイターたちが『マインクラフトPE』をリレー形式で行うコラボ実況「まったりマイクラ」の様子をお届け。この動画では電撃オンラインの“ルパン小島”と“ゴロー”に加え、ファミ通Appの“みいこ”と“王様”も登場。各メディアの枠を超えた協力プレイやクロストークは必見です! 今回4人が作成したものがどうなったか気になった人は、次の番組をチェックしてみましょう。

※チャンネル名 電撃オンライン

<今週のゲーム実況エクストリーム関連オススメ動画>

復活の恐怖‼【NightCry】実況プレイパート4

 “あきひと”さんがホラーゲーム『NightCry』に挑戦! 『クロックタワー』の流れをくむだけあり恐怖演出に定評のある本作を、いつもの落ち着いたトークでプレイしていきます。ショッキングなシーンや敵に見つかった場面でも取り乱したりすることもなく、ゲームの世界観を壊さずに実況していくのはあきひとさんならでは。実況者と一緒に謎を解きながら動画を楽しんでください。

※チャンネル名 あきひと

■週間動画ランキング(集計期間:2016年3月27日~2016年4月2日)

上記集計期間内の動画のなかから、再生回数の多かった動画上位3つをピックアップ。各動画の基本情報に加え、動画の見どころも合わせてお知らせします。(ファミ通、電撃関連動画はランキングから除外しています。)

<1位>

#6【DQMJ3実況】新米だけど最強モンスターを作りたい【ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー3】

 “だいだら”さんによる『ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー3』の実況動画シリーズ。今回はゲーム中盤の黒鉄の監獄塔を攻略します。また、ストーリーの進行と平行して、Sランクモンスターを素材とした配合に挑むだいだらさんでしたが……。2時間という長丁場の動画ですが、だいだらさんのテンポの良いプレイによって中だるみせずに視聴できます。

※チャンネル名 だいだら実況局 in YouTube

<2位>

[開始は0:36]まったりマイクラPE : TGS x 【0712RUI】 : Google Play GAME WEEK

 TGSの3人に加え、“ルイ”さんと“タク”さんを迎えて行う『マインクラフトPE』の実況リレー動画です。いつものようにキレッキレのトークで場を和ませるTGSに対し、不慣れなルイさんとタクさんは緊張を隠せない様子。そんな2人の緊張をほぐそうと話を振る3人でしたが、そこには一回り離れた年齢の壁があって……。ジェネレーションギャップという、互いに普段の動画では見られない掛け合いが楽しる動画。視聴の際は「タクさんがんばれ」と心のなかで声援を送りながら楽しんでください。

※チャンネル名 TGS

<3位>

【モンスト】最適最強最運枠!ドラゾンビ4体でツクヨミに挑戦! モンスターストライク実況 縦動画

 “たくたく”さんの『モンスターストライク』実況動画。今回はタイトル通り、コラボキャラクターのドラゾンビパーティでツクヨミに挑戦します。パッと見は普通にプレイしているように見えますが、サブアカウントを併用しているのが特徴。にも関わらず、きっちりと実況をこなすところは流石たくたくさんといったところ。ドラゾンビを所持しているプレイヤーはぜひ参考にしてみてください。

※チャンネル名 たくたく/takutaku



(C) 2015 KADOKAWA DWANGO CORPORATION