実況、審判も揃ったリアルな『ウイイレ』を体験できるステージ!

 2016年1月30日~1月31日、千葉・幕張メッセにて開催中の、ゲーム実況とゲーム大会の祭典“闘会議2016”。リアルサッカーステージでは、サッカーのフルコートを模したステージ上に、22台のモニターとPS4を設置し、22人がそれぞれ専属のポジションについた『ウイニングイレブン2016』の対戦プレイが行われた。ここで、大白熱のリアルサッカーゲーム体験ステージの模様をお届けする。

▲コート上には、4−3−3のフォーメーションで機材が設置されている。ゴールキーパーの背後には、もちろんゴールネットも置かれている。

 まるでサッカーのミニコートを思わせるステージ上の各ポジションの位置に、1チーム11台ずつ、計22台の『ウイニングイレブン2016』試遊台を設置し、リアルサッカーさながらの11人対11人対戦を行う、“リアルサッカーステージ”。通常の『ウイニングイレブン2016』の対戦といえば、一般的には1対1で、プレイヤーが操作するキャラクターは任意または自動的に切り替えながらプレイするのが基本のスタイル。オンライン対戦時は、11人対11人の対戦こそ行えるが、チーム間の連携が必要なサッカーにおいて、オンラインで複数人の協力・対戦プレイをするのは、意思の統一やコンビネーション面で、かなりの困難を伴うことになるのは想像に難くない。
 今回の“闘会議2016”のリアルサッカーステージでは、実際に11人がひとつどころに集まって協力・対戦プレイが行える場が設けられているため、ゴールの瞬間に手を合わせて喜びを分かち合ったり、点を取られたときの悔しさを共有したりと、参加者全員がいっしょにサッカーをプレイしているライブ感がこれ以上ないほどに体験できるものとなっている。
 また、本ステージはリアルサッカーさながらにプレイ実況が行われていることから、より白熱した試合を楽しむことができるのも特徴のひとつになっている。実況は、フリーアナウンサーの永田実氏に、元日本代表のディフェンダーとして、二度のワールドカップも経験している秋田豊氏のふたりが担当。さらに、ゲーム内でイエローカードやレッドカードを受けると、ステージ内にいるレフェリーが実際にカードを提示するなど、とことんまでサッカーを楽しむ演出が用意されている。

▲ブース内には実況担当のふたりが座り、試合の模様をリアルタイムに実況。写真左が永田実氏、右が秋田豊氏。
▲参加者たちは、それぞれ黄色と青色のビブス(サッカーで紅白戦などをするときに用いられるベスト)を着用し、チームの一体感を出していた。

 会場でのプレイは、参加者たちが即席のチームを組んで、協力・対戦プレイを行うものとなっているが、チームワーク感を出すため、お笑いタレントのディエゴ・加藤・マラドーナ氏と、モデルで、ブラジル代表ネイマールのソックリさんとしても活動しているネイボール氏がリアル監督として、それぞれのチームを率いて対戦を行うスタイルが取られていた。
 アルゼンチン人選手(?)のマラドーナ氏が率いるチームがスペイン代表チーム、ブラジル人選手(?)のはずのネイボール氏が率いるドイツ代表チームと、南米系の監督なのに、欧州チームで闘うというユニークな組み合わせとなっているが、スペイン、ドイツチームともに『ウイイレ』ナショナルチームのなかでも屈指の実力を誇る2チームだけあって、白熱の試合が多くくり広げられていた。

▲本ステージでリアル監督を務めるディエゴ・加藤・マラドーナ氏とネイボール氏。マラドーナ氏の短パンから太ももにかけてのムッチリ感が本物みたいと、ニコ生のコメント欄も大いに盛り上がっていた。

 ひとりでプレイしている場合と異なり、多人数協力プレイでは、常に全体の流れを把握しながら、オフ・ザ・ボール(ボールがないところ)での動きが求められる。しかし、即席チームが故に皆がきちんと役割分担ができていなことも多く、そうすると全員がいっしょにボールを追いかけ回してしまったりと、まるでポジション役割のない子供たちのサッカーのようなハチャメチャな混乱になることも。
 とくに、キーパーもひとりのプレイヤーが操作しているため、ボールを不用意に追いかけすぎてしまい、ゴールががら空きになってしまうというハプニングも飛び出していた。また、なかにはディフェンダーを担当していながらも、積極的に攻撃に参加し続け、得点あげまくるという参加者も出現。
 このように、1対1の対戦やCPU相手では決して起こりえないハプニングや珍プレイなども、全プレイヤーを人が操作しているからこそ起こりえる醍醐味と言っていいだろう。また、自分の操作キャラクター以外は、思うがままに動いてくれない状態だけに、パス交換がうまくいってゴールが決まったときの喜びもひとしおといったところ。実際、ゴールのシーンでリアルサッカーさながらにフィールド内を駆け回ってハイタッチをする場面なども多く見受けられた。

▲試合開始前に円陣を組んで士気を高める、マラドーナ氏率いるドイツ代表チーム。
▲私利私欲に走らず、チーム全体のことを考えてプレイできるかが勝利のためには必要。とはいえ、そこまで深く考えなくても、みんなでいっしょにワイワイと楽しく遊ぶことができる。
▲痛恨のファールで一発退場の場面。ステージ上でもリアルレフェリーがレッドカードを持って、プレイヤーに提示が行われる。
▲ゴールが決まると、監督と選手がいっしょになって盛り上がるのも、多人数協力プレイの醍醐味だ。

 この“リアルサッカーゲーム supported by ウイニングイレブン2016”は、サッカーに興味さえあれば、男性女性に関わらず、大人でも子供でも、またサッカー経験者でなくてもいっしょにサッカーを楽しめるイベントとなっている。冒頭でも述べたとおり、『ウイイレ』のオンライン環境で11人対11人プレイを行うことは可能となっているが、11人皆が同じ場所に居合わせ、リアルサッカーさながらにをプレイする場面というのは、現実ではそれほど機会がないと思われる。
 こちらのイベントは2016年1月31日にも行われているので、“闘会議2016”を訪れているサッカー好きの人は、ぜひ一度体験してもらいたい。きっと普段のゲームプレイでは得られない、プレイの共有感という、新鮮な体験ができるはずだ。