“やわらかエンジン2.0”は何がスゴいのか? 『DOAX3』開発者インタビュー

肌の質感や胸の揺れをリアルに表現するために開発され、『デッド オア アライブ 5 ラスト ラウンド』で好評を博した“やわらかエンジン”。『デッド オア アライブ エクストリーム 3 フォーチュン』でさらなる進化を遂げた、“やわらかエンジン2.0”に迫る!

●2.0の名前はダテじゃない!

 肌の質感や胸の揺れをリアルに表現するために開発され、『デッド オア アライブ 5 ラスト ラウンド』で好評を博した“やわらかエンジン”。コーエーテクモゲームスより2016年2月25日発売予定のプレイステーション4用ソフト『デッド オア アライブ エクストリーム 3 フォーチュン』(以下、『DOAX3 フォーチュン』)では、さらなる進化を遂げ、やわらかエンジンは“2.0”にバージョンアップしたとの発表があった。男性ゲーマーのみならず、多くの人が注目しているやわらかエンジン。2.0となって具体的にどう変わったのか? “2.0”と銘打つだけの進化があるのだろうか? 10ヵ月前にファミ通.comに掲載し、おかげさまで多くの反響をいただいた下記の記事と同じく、本作のプロデューサー、コーエーテクモゲームスの早矢仕洋介氏にやわらかエンジン2.0の疑問をぶつけてみた。
◆関連記事
『デッド オア アライブ 5 ラスト ラウンド』“やわらかエンジン”とはなんだ? 早矢仕プロデューサーに直球インタビュー!
『DOAX3』ぷるぷるでムニムニな“やわらかエンジン2.0”のパワーを実機動画で体験せよ!【動画あり

コーエーテクモゲームス
早矢仕洋介氏

『DOAX3 フォーチュン』、『デッド オア アライブ エクストリーム 3 ヴィーナス』(以下、『DOAX3 ヴィーナス』)プロデューサー。テクモ(当時)入社後、『デッド オア アライブ 3』からシリーズに携わり、『デッド オア アライブ エクストリーム』の開発にも参加している。現在は、コーエーテクモゲームスの開発チーム“Team NINJA”のリーダーとして、『デッド オア アライブ』シリーズや『NINJA GAIDEN(ニンジャガイデン)』シリーズ、『ゼルダ無双』シリーズのプロデュース、さらには『仁王』のディレクターも担当。

――やわらかエンジンがバージョンアップしたと発表されましたが、具体的にどのあたりが“2.0”なんでしょうか?

早矢仕洋介氏(以下、早矢仕) お尻や太ももが動くようになっただけではなく、変形機能が大幅にパワーアップしています。変形自体はひとつ前のバージョンからありますが、今回は胸やお尻が物体に当たるとそれに合わせてムニュムニュと形が変わるんです。言わば自由変形という感じですね。やわらかエンジン2.0には、専用のプランナーを用意しています。揺れのパラメーターを専用して調整するという(笑)。新堀(『デッド オア アライブ エクストリーム 3』ディレクター、新堀洋平氏)の席の目の前、大事な位置に専用プランナーの席はありますから(笑)

――専用のプランナーというのは?

早矢仕 ゲームで動かすには各種パラメーターが重要になるんですね。揺れですとか、やわらかさを細かく調整する必要があるんです。その調整を専門で行うプランナーとプログラマーをチームの中で用意して。

――胸担当、お尻担当など、体の部位ごとに担当がいるのでしょうか?

早矢仕 胸もお尻もいっしょですね。

――「『デッド オア アライブ エクストリーム 3』を作ります」と宣言されてから、発売までの期間がこんなに短いとは思っていませんでした。

早矢仕 『デッド オア アライブ 5 ラスト ラウンド』(以下、『DOA5LR』)をプレイステーション4で出させていただいて、長く遊んでいただこうかなと思っていたんですけど、やわらかエンジンというものが、思いのほかお客様に響いて。だったら、早く『DOAX3』を作りましょう、となったのが本当に『DOA5LR』発売後だったんです。せっかく作るのであれば「『DOA5LR』から1年後くらいには出したいよね」ということで、そこから急ピッチで開発を進めて現在にいたるという。

――想像以上のスピードで、ファンは歓喜したと思います。ただ、歓喜とともに悲哀も漂ったのが、登場キャラクター投票だったと思うんですが、ファンの方々のリアクションはいかがでしたか?

早矢仕 登場キャラクター投票の最初の発端として、開発の都合というのは申し訳なくて。『デッド オア アライブ 5』(以下、『DOA5』)がアップデートを重ねていくうちに、女性キャラクターに対していい評判をいただいていたので、人数をかなり増やしちゃったんです。『DOAX2』のころに比べて、約2倍も女性キャラクターがいるゲームになっているんです。『デッド オア アライブ エクストリーム 3』の開発に着手する際、開発側でキャラクターを絞って作ろうとなったんですけど、絞るということはファンの皆様からいろいろなご意見をいただくだろう……と。であるならば、我々の意思でキャラクターを選ぶのではなくて、『DOAX3』が作られること自体、お客様の声から立ち上がったので、「じゃあもうお客様に決めていただきましょう」と考え、投票という形に決めました。ですので、残念ながら落選したキャラクターのシナリオ台本もちゃんと作ってあって。

――その台本は日の目を見ることはない……と?

早矢仕 そうですね。そこはお客様に参加していただいたからには、お約束しないといけないところです。ファンの皆様からすると、「このキャラクターは人気があるのになぜ出ないのか?」というのもあるじゃないですか。ですので、投票結果も全部お出しして、お客様にこれだけ投票していただきましたというのを発表しました。マリー・ローズやほのかって、こんなに人気があるということが、ファンの皆様にもわかっていただけたと思います。そういったことを踏まえて、今回はパッケージのビジュアルも、投票結果の1位と2位のキャラクターを使用することにしたんです。

――開発としては投票結果は予想の範囲内だったんですか?

早矢仕 ちょっと我々の想定とは違うメンバーが入っていたりはします。開発では結果が出た瞬間、緊急会議を開いて、「いま作っているキャラクターの台本とデザインを止めなきゃ!」と(笑)。

――『デッド オア アライブ エクストリーム ビーチバレーボール』で生まれたリサが最新作に登場しないという結果ですし……。

早矢仕 そこは本当にファンの皆様には申し訳ないところです。

――『DOA5LR』の基本無料版が500万ダウンロードを突破したとの発表もありましたが、『デッド オア アライブ』のファンは拡大していますよね?

早矢仕 ダウンロードに関して言えば、プレイステーション4、Xbox Oneは海外で普及が進んでますので、その影響もあるかと。ダウンロード数は、毎週一定数あるという感じですね。格闘ゲームってパッケージを買ったあと、1週間ぐらいはオンラインでの対戦が楽しいんですけれど、しばらくするとみんなめちゃくちゃ強くなっていて、ゲームにならないという状況が多くて(笑)。その状況をどうにかしたいというのもあって無料版を出したんです。いつオンラインに繋げても同じレベルの人と戦える、という状況が作れました。うまくなくても触ってみようとなり、結果、うまい人がどれだけうまいかもわかる。そういったサイクルを作れたと思います。

――ストイックに対戦をやる人もいれば、このキャラクターがかわいいという人もいる。無料ならではの間口の広さがありますよね。

早矢仕 たとえば、マリー・ローズは『DOA』を遊んだことがない人でも知っているキャラクターになったと思います。基本無料版でマリー・ローズだけ買って遊ぶ人もいますが、それでいいと思うんです。

――コスチュームなどの売り上げも順調なのでしょうか?

早矢仕 ずっと遊んでいると、いろいろな衣装を着させてみたくなると思います。『閃乱カグラ』とコラボレーションさせていただいて、衣装破壊も実現しましたので、ぜひ体験してみてください。また、スクウェア・エニックスさんの『スクールガールズストライカーズ』ともコラボさせていただいていて、“変身”を入れたんです。我々、対戦格闘ゲーム開発者の発想だと、なかなかそこまでいかないんですけれど、コラボさせていただいたことで、そういった華やかな面も魅力のひとつなんだと再発見がありました。『DOA』の幅がどんどん広がって「『DOA』って今後どういう格闘ゲームであるべきなんだろう?」ということを再認識させていただきました。

――『DOA5LR』が転機になったわけですね。

早矢仕 本当に幅が広がりました。お客様のニーズと、我々のやりたいことがうまくハマった気がします。