タイトーは、土屋昇平氏(ZUNTATA)のソロアルバム『ZUNTATA RARE SELECTION "SHOHEI TSUCHIYA" WORKS』を、同社のレーベル“ZUNTATA RECORDS”より、2016年2月24日(水)に発売することを発表した。

●音楽配信サービスでダウンロード販売も予定

 タイトーは、『ダライアスバースト』シリーズのメインコンポーザーを務める土屋昇平氏(ZUNTATA)のソロアルバム『ZUNTATA RARE SELECTION "SHOHEI TSUCHIYA" WORKS』を、同社のレーベル“ZUNTATA RECORDS”より、2016年2月24日(水)に発売することを発表した。価格は2400円[税抜]。
※商品詳細ページはこちら

 以下、リリースより。


ダライアスバーストのメインコンポーザー土屋昇平(ZUNTATA)ソロアルバム
『ZUNTATA RARE SELECTION "SHOHEI TSUCHIYA" WORKS』
2016年2月24日発売決定!
グルーヴコースター 3 リンクフィーバーの楽曲も先行収録!

※ジャケットデザインは制作中のものです。

 株式会社タイトー(本社:東京都新宿区、以下タイトー)は、ダライアスバーストシリーズのメインコンポーザーである土屋昇平(ZUNTATA)のソロアルバムCD「ZUNTATA RARE SELECTION "SHOHEI TSUCHIYA" WORKS」をタイトーのレーベル「ZUNTATA RECORDS」より、2016年2月24日(水)に発売いたします。本作はCDのリリースと同時に各種音楽配信サービスでのダウンロード販売も予定しており、お客様のリスニングスタイルに合わせてお求めいただけます。

 「ZUNTATA RARE SELECTION」は、タイトーサウンドチームZUNTATAのコンポーザーひとりにスポットを当て、そのコンポーザー自らプロデュースを行うソロアルバムシリーズで、2000年以来16年ぶりのシリーズ復活となります。

 「ZUNTATA RARE SELECTION "SHOHEI TSUCHIYA" WORKS」には土屋が音楽を手掛けた、『Wizrogue - Labyrinth of Wizardry -』(タイトー)、『ゴシップライター ~消えたアイドルを救え~』(ボルテージ)、『ELEVATOR ACTION DELUXE』(スクウェア・エニックス)の楽曲を収録。
 さらに、2016年春稼働開始予定のアーケード向け音楽ゲーム「グルーヴコースター 3 リンクフィーバー」とAndoroid/iOS向け音楽ゲーム「グルーヴコースター2 オリジナルスタイル」用に土屋が書き下ろした新曲を先行収録する他、本アルバムのために描き下したオリジナル楽曲など全46曲を収録しました。

【商品概要】
○タイトル:「ZUNTATA RARE SELECTION "SHOHEI TSUCHIYA" WORKS」
○企画・制作:株式会社タイトー ZUNTATA
○発売元:株式会社 ソニー・ミュージック マーケティング
○発売日:2016年2月24日(水)
○価格:2,400円(税抜)
○型番:ZTTL-0077
○JANコード:4988611100776
○プロデューサー/ディレクター:土屋昇平(ZUNTATA)
○作曲:土屋昇平(ZUNTATA)

【ディスク仕様】オーディオCD 1枚組
※同時に各種音楽配信サービス(iTunes store、mora、Amazon)でも展開予定

【収録曲】(予定)
・ゴシップライター ~消えたアイドルを探せ~
1. ゴシップライターのテーマ
2. 意志
3. 街
4. 女性
5. 日常
6. 遣る瀬無さ
7. おどける感じで
8. 調査
9. 匆々
10. 寒々しい
11. 安心
12. 夕方の空気
13. 走れ
14. 謎
15. 無念
16. まだ続く
17. 何ということだ
18. 失敗
19. 息抜き
20. 展開
21. 近い
22. Never gonna give up

・Wizrogue - Labyrinth of Wizardry -
23. 我戦うなり
24. 村落

25. 酒場
26. 休息
27. 商店
28. 寺院
29. 倉庫
30. 訓練場
31. 資料室
32. 準備
33. 出口
34. 洞窟
35. 特殊な洞窟
36. 奇妙な洞窟
37. 募兵
38. 戦闘
39. 親玉
40. 終焉
41. 物語

・ELEVATOR ACTION DELUXE
42. sound3
43. sound4
44. sound101

・Groove Coaster 3 Link Fever
45. Smash a mirror

・ORIGINAL
46. Bass on Bass