カプコンは、2015年11月28日に発売したニンテンドー3DS用ソフト『モンスターハンタークロス』が国内で300万本出荷(ダウンロードカードおよびニンテンドーeショップでのダウンロード版販売実績を含む)を突破したことを発表した。

●発売から1ヵ月未満での到達

 カプコンは、2015年11月28日に発売したニンテンドー3DS用ソフト『モンスターハンタークロス』が国内で300万本出荷(ダウンロードカードおよびニンテンドーeショップでのダウンロード版販売実績を含む)を突破したことを発表した。

 以下、リリースより。


『モンスターハンタークロス』が300 万本を突破!
~より自分なりのスタイルを見つけ出すことができるゲーム性が高評価を得て、発売から1ヵ月未満での快挙!~

 株式会社カプコンは、ニンテンドー3DS 向けゲーム『モンスターハンタークロス』を国内で300万本出荷(ダウンロードカードおよびニンテンドーe ショップでのダウンロード版販売実績を含む)しましたのでお知らせいたします。

 「モンスターハンター」シリーズは、雄大な自然の中で巨大なモンスターに立ち向かうハンティングアクションゲームです。インターネット回線や無線通信を介した通信協力プレイが若年層を中心に好評を博し、「モンハン現象」と呼ばれる社会現象を巻き起こしました。2004年に第1作を発売して以降、ゲームに留まらない様々なメディアへ展開し、累計販売本数3,600万本(2015年12月24日時点)を誇る大ヒットシリーズに成長しています。

 『モンスターハンタークロス』は、ユーザーそれぞれのハンティングの可能性を提案する新作タイトルです。従来のシリーズにおける世界観やゲーム性をベースとしながらも、「狩技」や「狩猟スタイル」といった新たな要素と、14種類の武器を組み合わせることで多彩且つ新鮮なプレイスタイルを実現する自由度の高さが特徴です。
 今作は、自身が「オトモアイルー」となりクエストを進めることが出来る「ニャンターモード」などの新要素が好評を得たことに加え、異業種との様々なコラボレーションが奏功した結果、発売後わずか1 ヵ月足らずで300万本出荷を達成しました。

 今後も、2016年1月から全国主要5 都市で「モンスターハンターフェスタ’16」を実施するほか、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンにて「モンスターハンター・ザ・リアル」を開催するなど、様々なユーザー層に向け話題を喚起するべく数々の施策を展開してまいります。

 当社はこれからも、卓越したゲーム開発力を遺憾なく発揮し、オリジナリティ溢れるゲームタイトルを創造し続け、ユーザーの皆様のご期待に応えてまいります。