『To LOVEる-とらぶる- ダークネス トゥループリンセス』ヒロイン別ストーリーを一挙に5名公開

フリューは、2015年11月5日発売予定のプレイステーション Vita用ソフト『To LOVEる-とらぶる- ダークネス トゥループリンセス』について、公式サイトにて5名のヒロイン別ストーリーを公開した。

●モモ、ナナ、芽亜、ヤミ、唯とのストーリーを公開

 フリューより、2015年11月5日発売予定のプレイステーション Vita用ソフト『To LOVEる-とらぶる- ダークネス トゥループリンセス』。同作の公式サイトに、新たに5人分のヒロイン別ストーリーが追加された。

 以下、リリースより。


◆モモ・ベリア・デビルーク (CV.豊崎愛生)
 「私が…お姉様よりも早くリトさんと出会っていたら……」
リトの記憶喪失の原因を作ってしまったモモ。
若干の責任を感じ、記憶を取り戻す手伝いをしながらもハーレム計画進行の好機と捉え、暗躍開始。
数々の女の子と距離を近づける作戦を実行する彼女に対して、なんでそんなことを?と純粋な疑問をぶつけるリト。
その素直な問いに、ずっと考えないように、封印していたはずの気持ちがモモの頭をよぎってしまう。

◆ナナ・アスタ・デビルーク (CV.伊藤かな恵)
 「前もこうやって抱きしめてくれたこと……思い出した…?」
リトの記憶喪失以来、他の女の子がよからぬ思惑を巡らせていることを察知。いつもどおりの日常に戻りたい一心で、記憶を元にもどすべくリトと行動を共にすることに。
ナナの作戦は過去の出来事の追体験。
しかしなかなか思うように成果はあがらず…。
試行錯誤を続ける中でリトとナナは宇宙生物「メダQ」をめぐる事件に巻き込まれていく。

◆黒咲 芽亜 (CV.井口裕香)
 「せんぱい…私、しあわせになっていいのかなぁ…」
大騒ぎする周囲を見ながら、何か素敵なことが起こる予感に胸をおどらせる芽亜。
常識はずれで浮世離れした芽亜の奔放さに困惑しながらもまっすぐに向き合うリト。
壮絶な過去を送ってきた芽亜との価値観の違いは大きく、すれ違いを重ねる二人。そうやってリトとぶつかりあいながらも、共に過ごす時間が多くなってきた芽亜は自身の中に芽生えてきた感情に戸惑い始める。

◆金色の闇 (CV.福圓美里)
 「最初はあなたのことを、暗殺対象としか思っていませんでした」
「美柑が心配そうにしているので」という名目でリトの記憶を取り戻す手伝いをすることに。
そういうタイミングに限って、「あの暗殺者」までもが地球にやってくるなどリトの周りには危険がいっぱいな状態に…。
リトのことを守リ抜く生活を送る中で、ヤミは暗殺者として育てられた自己の存在に対して思い悩み始める。

◆古手川 唯 (CV.名塚佳織)
 「なんで…なんで、自分の気持ちも素直に言えないんだろう…」
ハレンチなことを考えてそうな他の女の子にまかせていられない!
とリトの世話役を申し出る唯。
ついでにハレンチなところも更生してしまえないかと闘志を燃やす。
記憶を戻すため、ということを理由に一緒にいることが増えたことでリトをより強く意識する唯…。
ふとした瞬間に、リトの記憶が戻ることを恐れている自分に気づいてしまう。

残りのヒロインストーリーも近日公開予定!



(C)矢吹健太朗・長谷見沙貴/集英社・とらぶるダークネス製作委員会
(C)FURYU Corporation.
※画面は開発中のものです。